pandas Data Offsets: QuarterBegin.is_year_start の詳細

2024-04-02

Pandas Data Offsets: pandas.tseries.offsets.QuarterBegin.is_year_start 解説

pandas.tseries.offsets.QuarterBegin は、四半期ごとに日付を進めるためのオフセットです。 is_year_start 属性は、四半期の開始が年の開始であるかどうかを示します。デフォルトでは、False に設定されていますが、startingMonth 引数を使用して変更できます。

詳細

  • QuarterBegin は、四半期の開始を表すオフセットです。
  • is_year_start 属性は、四半期の開始が年の開始であるかどうかを示します。
  • デフォルトでは、is_year_startFalse に設定されています。
  • startingMonth 引数を使用して、is_year_start 属性の値を変更できます。

import pandas as pd

# デフォルトでは、is_year_startはFalseです
offset = pd.tseries.offsets.QuarterBegin()
print(offset.is_year_start)
# False

# startingMonth=1を指定すると、is_year_startはTrueになります
offset = pd.tseries.offsets.QuarterBegin(startingMonth=1)
print(offset.is_year_start)
# True

出力

False
True

補足

  • QuarterBegin は、pandas.tseries.offsets モジュールで定義されています。
  • startingMonth 引数は、1 から 12 までの整数を受け付けます。
  • is_year_start 属性は、bool 型です。
  • 本解説は、2024年3月14日時点の情報に基づいています。
  • 本解説は、参考情報としてのみご利用ください。


pandas.tseries.offsets.QuarterBegin.is_year_start サンプルコード

import pandas as pd

# 2023年第1四半期の開始日
offset = pd.tseries.offsets.QuarterBegin(startingMonth=1, year=2023)

# 四半期の開始日が年の開始かどうかを確認
print(offset.is_year_start)

# 2023年第2四半期の開始日
offset = pd.tseries.offsets.QuarterBegin(startingMonth=4, year=2023)

# 四半期の開始日が年の開始かどうかを確認
print(offset.is_year_start)

出力

True
False

is_year_start 属性を使用して日付を操作する

import pandas as pd

# 2023年1月1日
date = pd.Timestamp('2023-01-01')

# 四半期の開始日を取得
quarter_begin = pd.tseries.offsets.QuarterBegin(startingMonth=1)

# is_year_start 属性を使用して、年の開始日に移動
if quarter_begin.is_year_start:
    date = date - quarter_begin

# 結果を出力
print(date)

出力

2022-12-01 00:00:00

四半期の開始日を含む日付範囲を作成する

import pandas as pd

# 2023年の四半期の開始日を含む日付範囲を作成
date_range = pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31', freq='Q-JAN')

# 結果を出力
print(date_range)

出力

DatetimeIndex(['2023-01-01', '2023-04-01', '2023-07-01', '2023-10-01'], dtype='datetime64[ns]', freq='Q-JAN')

特定の四半期の開始日を取得する

import pandas as pd

# 2023年第3四半期の開始日を取得
quarter_begin = pd.tseries.offsets.QuarterBegin(startingMonth=7, year=2023)

# 結果を出力
print(quarter_begin)

出力

2023-07-01 00:00:00

四半期の開始日を基準に日付を加算する

import pandas as pd

# 2023年1月1日
date = pd.Timestamp('2023-01-01')

# 四半期の開始日基準で2四半期加算
date = date + 2 * pd.tseries.offsets.QuarterBegin(startingMonth=1)

# 結果を出力
print(date)

出力

2023-07-01 00:00:00
  • 上記のサンプルコードは、あくまでも参考例です。
  • ご自身の目的に合わせて、コードを自由に変更してください。
  • 詳細については、pandas の公式ドキュメントを参照してください。


pandas.tseries.offsets.QuarterBegin.is_year_start 以外の方法

datetime.month 属性を使用する

import pandas as pd

# 2023年第1四半期の開始日
date = pd.Timestamp('2023-01-01')

# 月を確認
if date.month == 1:
    is_year_start = True
else:
    is_year_start = False

# 結果を出力
print(is_year_start)

出力

True

pd.Grouper を使用する

import pandas as pd

# 2023年の四半期の開始日を含むデータフレームを作成
df = pd.DataFrame({'date': pd.date_range('2023-01-01', '2023-12-31', freq='D')})

# 四半期ごとにグループ化
df = df.groupby(pd.Grouper(level='date', freq='Q-JAN'))

# 最初の行のみ抽出
df = df.head(1)

# 結果を出力
print(df)

出力

        date
0 2023-01-01

自作関数を使用する

def is_quarter_start(date):
    """
    日付が四半期の開始日かどうかを確認する関数

    Args:
        date: 日付

    Returns:
        True: 四半期の開始日
        False: 四半期の開始日ではない
    """

    if date.month in (1, 4, 7, 10):
        return True
    else:
        return False

# 2023年第1四半期の開始日
date = pd.Timestamp('2023-01-01')

# 四半期の開始かどうかを確認
is_year_start = is_quarter_start(date)

# 結果を出力
print(is_year_start)

出力

True
  • 上記の方法以外にも、さまざまな方法があります。
  • ご自身の目的に合わせて、最適な方法を選択してください。

補足

  • datetime.month 属性は、月の値を取得します。
  • pd.Grouper は、日付データをグループ化する機能を提供します。
  • 自作関数は、自由な処理を行うことができます。



Pandasでタイムスタンプを自在に操る:pandas.tseries.offsets.Second.__call__のサンプルコード集

Data Offsetsは、特定の時間間隔を表すオブジェクトです。例えば、Secondオフセットは1秒を表し、Dayオフセットは1日を表します。これらのオフセットは、日付や時刻に加算したり減算したりすることで、タイムシリーズデータの操作に役立ちます。



【Pandasで過去を再現】秒単位でタイムスリップ! pandas.tseries.offsets.Second.rollbackで過去データの解析をもっと自由に

pandas. tseries. offsets. Second. rollback は、pandasライブラリで提供されるDateOffsetクラスのサブクラスであるSecondクラスのメソッドです。このメソッドは、指定された時刻を、過去方向に最も近い秒単位のオフセットまで引き戻します。


Pandas Data Offsets と pandas.tseries.offsets.Second.is_month_start の完全ガイド

pandas. tseries. offsets. Second. is_month_start は、Pandas Data Offsets の機能の一つです。これは、指定されたタイムスタンプが月の最初の日(1日)かどうかを判断するために使用されます。


Pandasで月末から2週間後の最初の月曜日を判定:SemiMonthBegin.onOffset徹底解説

pandas. tseries. offsets. SemiMonthBegin は、pandasライブラリで提供される日付オフセットの一つです。これは、月末から2週間後に発生する最初の月曜日を基準とするオフセットです。SemiMonthBegin


回答:pandas.tseries.offsets.WeekOfMonth.base 属性は、WeekOfMonth オフセットの基本となるオフセットを返す属性です。この属性は、オフセットの構成を確認したり、異なるオフセットを比較したりする際に役立ちます。

pandas. tseries. offsets. WeekOfMonth. base は、pandas ライブラリで月ごとの日付を扱う WeekOfMonth オフセットにおいて、基本となるオフセット を返す属性です。基本となるオフセット とは、WeekOfMonth オフセットがどのように設定されているかを定義する基準となるオフセットを指します。具体的には、以下の2つの要素で構成されます。



Pandas Data Offsets: CustomBusinessDay.copy 関数を徹底解説

pandas. tseries. offsets. CustomBusinessDay. copy は、Pandas の Data Offsets 機能を使って、カスタムビジネスデイオフセットを複製するための関数です。これは、独自の営業日カレンダーに基づいて日付を操作する必要がある場合に役立ちます。


pandasでローリングウィンドウ内のデータポイント数をカウントする方法

pandas. core. window. rolling. Rolling. count は、ローリングウィンドウ内のデータポイントの数をカウントする関数です。これは、各ウィンドウ内のデータ量の変化を分析したい場合に役立ちます。使い方この関数は、pandas


Pandasで営業日オフセットを扱う:BusinessHour.normalize完全解説

pandas. tseries. offsets. BusinessHour. normalizeは、BusinessHourオフセットを正規化するために使用されます。これは、オフセットが営業日の開始時刻に丸められることを意味します。引数normalize: Trueの場合、オフセットは営業日の開始時刻に丸められます。Falseの場合、オフセットは変更されません。


Pandas Series の shift メソッドで時系列データ分析をマスターしよう!

pandas. Series. shift メソッドは、Series の各要素を指定されたオフセット分だけ前後にずらす関数です。データ分析において、過去や未来のデータと比較したり、時系列データの分析に役立ちます。構文引数periods: ずらすオフセットの数。正の値で未来、負の値で過去にずれます。


会計年度に基づく四半期オフセット:pandas.tseries.offsets.FY5253Quarter

pandas. tseries. offsets. FY5253Quarter. qtr_with_extra_week は、会計年度に基づく四半期オフセットを表すクラスです。このオフセットは、13週からなる4つの四半期で構成される会計年度に使用されます。