Pandasで月末から15日と月末を表す:SemiMonthEnd.freqstr徹底解説

2024-04-06

PandasのData OffsetsとSemiMonthEnd.freqstr

SemiMonthEndは、月末から15日と月末を表すData Offsetです。例えば、2024年4月15日は月末から15日、2024年4月30日は月末に当たります。

SemiMonthEnd.freqstrは、SemiMonthEndオフセットの文字列表現を取得するための属性です。これは、データフレームやインデックスの周波数を表示したり、日付範囲を生成したりする際に役立ちます。

import pandas as pd

# SemiMonthEndオフセットを作成
offset = pd.tseries.offsets.SemiMonthEnd()

# freqstr属性を取得
freqstr = offset.freqstr

# 出力:'SM'
print(freqstr)

SemiMonthEnd.freqstrを使用する利点

  • データフレームやインデックスの周波数を分かりやすく表示できます。
  • コードの可読性を向上させることができます。
  • 日付範囲を簡単に生成できます。

その他のSemiMonthEnd属性

  • n: オフセットの回数
  • normalize: Trueの場合、オフセットが適用された日付は午前0時になります。


SemiMonthEnd.freqstrを使ったサンプルコード

import pandas as pd

# データフレームを作成
df = pd.DataFrame({'Date': pd.date_range('2024-01-01', '2024-12-31', freq='SM')})

# 周波数を表示
print(df.index.freq)

# 出力:<SemiMonthEnd: n=1, normalize=False>

インデックスの周波数を表示する

# インデックスを作成
index = pd.date_range('2024-01-01', '2024-12-31', freq='SM')

# 周波数を表示
print(index.freq)

# 出力:<SemiMonthEnd: n=1, normalize=False>

日付範囲を生成する

# SemiMonthEndオフセットを作成
offset = pd.tseries.offsets.SemiMonthEnd()

# 日付範囲を生成
dates = pd.date_range('2024-01-01', '2024-12-31', freq=offset)

# 日付範囲を表示
print(dates)

# 出力:
# DatetimeIndex(['2024-01-15', '2024-01-31', '2024-02-15', '2024-02-29',
#                '2024-03-15', '2024-03-31', '2024-04-15', '2024-04-30',
#                '2024-05-15', '2024-05-31', '2024-06-15', '2024-06-30',
#                '2024-07-15', '2024-07-31', '2024-08-15', '2024-08-31',
#                '2024-09-15', '2024-09-30', '2024-10-15', '2024-10-31',
#                '2024-11-15', '2024-11-30', '2024-12-15', '2024-12-31'],
#               dtype='datetime64[ns]', freq='SM')

特定の月末から15日後の日付を取得する

# SemiMonthEndオフセットを作成
offset = pd.tseries.offsets.SemiMonthEnd()

# 特定の日付からオフセットを適用
date = pd.to_datetime('2024-04-30') + offset

# 日付を表示
print(date)

# 出力:2024-05-15

特定の月末から15日前の日付を取得する

# SemiMonthEndオフセットを作成
offset = pd.tseries.offsets.SemiMonthEnd()

# 特定の日付からオフセットを適用
date = pd.to_datetime('2024-05-15') - offset

# 日付を表示
print(date)

# 出力:2024-04-30

これらのサンプルコードは、SemiMonthEnd.freqstr属性の使い方を理解するのに役立ちます。



SemiMonthEnd.freqstrの代替方法

文字列リテラルを使用する

# 文字列リテラルを使用して周波数を指定
df = pd.DataFrame({'Date': pd.date_range('2024-01-01', '2024-12-31', freq='SM')})

# 出力:'SM'
print(df.index.freq)

pandas.tseries.frequencies.to_offset()を使用する

import pandas as pd

# to_offset()を使用してSemiMonthEndオフセットを作成
offset = pd.tseries.frequencies.to_offset('SM')

# 出力:<SemiMonthEnd: n=1, normalize=False>
print(offset)

pandas.tseries.offsets.SemiMonthEnd()を使用する

import pandas as pd

# SemiMonthEndオフセットを直接作成
offset = pd.tseries.offsets.SemiMonthEnd()

# 出力:<SemiMonthEnd: n=1, normalize=False>
print(offset)

これらの方法は、SemiMonthEnd.freqstr属性を使用するよりも簡潔な場合があります。

SemiMonthEnd.freqstr属性は、月末から15日と月末を表すData Offsetの文字列表現を取得する便利な方法です。しかし、文字列リテラル、pandas.tseries.frequencies.to_offset()、pandas.tseries.offsets.SemiMonthEnd()などの代替方法もあります。