徹底解説!PHP iconv_mime_decode_headers 関数でメールヘッダーをエンコード:デコードの基本とサンプルコード

2024-04-02

PHP iconv_mime_decode_headers 関数:エンコードされたメールヘッダーをデコードする

iconv_mime_decode_headers() 関数は、メールヘッダーに含まれるエンコードされた文字列をデコードするために使用されます。エンコードされた文字列は、Base64 や Quoted-Printable などのエンコーディング方式でエンコードされている場合があります。この関数は、エンコードされた文字列を元の文字列に変換し、それを配列として返します。

使用例

<?php

// メールヘッダー
$headers = [
  'Subject' => '=?UTF-8?B?Q29tcHV0ZXIgZXhhbXBsZSB0aXRsZQ==?=',
  'From' => '=?UTF-8?B?VGVzdCBTZXJ2ZXIgPGV4YW1wbGUuZnJvbUBleGFtcGxlLmNvbT4=?='
];

// ヘッダーをデコード
$decoded_headers = iconv_mime_decode_headers($headers);

// デコード結果を出力
foreach ($decoded_headers as $header) {
  echo $header['name'] . ': ' . $header['value'] . PHP_EOL;
}

?>

出力例

Subject: コンピューター例題タイトル
From: テストサーバー <[email protected]>

パラメータ

  • headers: デコードするメールヘッダーの配列。
  • charset: デコード後の文字エンコーディング。省略すると、デフォルトの文字エンコーディングが使用されます。

戻り値

デコードされたヘッダー情報の配列。各要素は、name キーと value キーを持つ連想配列になります。

補足

  • iconv_mime_decode_headers() 関数は、メールヘッダーだけでなく、エンコードされた文字列を含む任意の文字列をデコードするために使用できます。
  • デコードに失敗した場合、iconv_mime_decode_headers() 関数は FALSE を返します。
  • デコードされた文字列は、エンコード方式によって異なる文字コードでエンコードされている場合があります。デコード後に文字コード変換が必要になる場合もあります。

その他のエンコード関連関数

  • iconv(): 文字コード変換を行う関数
  • mb_decode_mimeheader(): MIME ヘッダーをデコードする関数


PHP iconv_mime_decode_headers 関数:サンプルコード

<?php

$headers = [
  'Subject' => '=?UTF-8?B?Q29tcHV0ZXIgZXhhbXBsZSB0aXRsZQ==?=',
  'From' => '=?UTF-8?B?VGVzdCBTZXJ2ZXIgPGV4YW1wbGUuZnJvbUBleGFtcGxlLmNvbT4=?='
];

$decoded_headers = iconv_mime_decode_headers($headers, 'UTF-8');

foreach ($decoded_headers as $header) {
  echo $header['name'] . ': ' . $header['value'] . PHP_EOL;
}

?>

出力例

Subject: コンピューター例題タイトル
From: テストサーバー <[email protected]>

Quoted-Printable エンコードされた文字列をデコードする

<?php

$encoded_string = '=?UTF-8?Q?This=20is=20a=20test=20string=20with=20=20=A0=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20=20


PHP でエンコードされたメールヘッダーをデコードする他の方法

mb_decode_mimeheader() 関数は、iconv_mime_decode_headers() 関数と同様に、メールヘッダーをデコードするために使用できます。mb_decode_mimeheader() 関数は、マルチバイト文字エンコーディングを扱う mbstring 拡張モジュールを使用します。

<?php

$headers = [
  'Subject' => '=?UTF-8?B?Q29tcHV0ZXIgZXhhbXBsZSB0aXRsZQ==?=',
  'From' => '=?UTF-8?B?VGVzdCBTZXJ2ZXIgPGV4YW1wbGUuZnJvbUBleGFtcGxlLmNvbT4=?='
];

$decoded_headers = mb_decode_mimeheader($headers);

foreach ($decoded_headers as $header) {
  echo $header['name'] . ': ' . $header['value'] . PHP_EOL;
}

?>

imap_mime_header_decode() 関数は、IMAP 拡張モジュールを使用するメールヘッダーをデコードします。この関数は、メールヘッダーをデコードするだけでなく、エンコード方式や文字エンコーディングなどの情報を取得することもできます。

<?php

// IMAP サーバーに接続
$imap = imap_open('{imap.gmail.com:993/imap/ssl}INBOX', 'username', 'password');

// メールヘッダーを取得
$header = imap_fetchheader($imap, 1);

// ヘッダーをデコード
$decoded_headers = imap_mime_header_decode($header);

// デコード結果を出力
foreach ($decoded_headers as $header) {
  echo $header['name'] . ': ' . $header['value'] . PHP_EOL;
}

// IMAP サーバーとの接続を閉じる
imap_close($imap);

?>

自作の関数

上記の方法以外にも、独自の関数を作成してエンコードされたメールヘッダーをデコードすることができます。独自の関数を作成する場合は、RFC 2047 で定義されている MIME ヘッダーエンコーディングの仕様を理解する必要があります。

  • 多くの場合、iconv_mime_decode_headers() 関数で十分です。
  • マルチバイト文字エンコーディングを扱う場合は、mb_decode_mimeheader() 関数を使用する必要があります。
  • メールヘッダーの詳細情報を取得したい場合は、imap_mime_header_decode() 関数を使用する必要があります。
  • 独自の要件がある場合は、独自の関数を作成することができます。



PHPでデータベース操作におけるバイナリデータ処理:odbc_binmode 関数完全ガイド

odbc_binmode 関数は、PHP で ODBC ドライバを使用してデータベース操作を行う際に、バイナリデータの処理方法を制御するために使用されます。バイナリデータとは、文字列として表現できないデータ (画像、音声、ファイルなど) を指します。



【初心者向け】PHPでデータベース操作:odbc_field_num関数でスマートに列番号を取得

関数の概要$result_id: ODBC 結果セットリソース。これは、odbc_exec() または odbc_prepare() などの関数によって返される値です。$field_name: 取得したいフィールドの名前。戻り値成功した場合、$field_name に一致するフィールドの列番号を返します。一致するフィールドが見つからない場合、FALSE を返します。


PHPのデータベースにおけるodbc_field_type関数:徹底解説

関数概要引数$connection: データベース接続ハンドル$field_number: フィールド番号 (1 から始まる)戻り値フィールドのデータ型を表す文字列データ型一覧odbc_field_type関数は、データベースの種類によって異なるデータ型を返します。以下は、一般的なデータ型の例です。


【保存版】PHPのodbc_result関数:多様なサンプルコードで理解を深める

odbc_result 関数は、2つの引数を取ります。ODBC 結果識別子: これは、odbc_exec() または odbc_prepare() などの他の ODBC 関数によって返される値です。フィールド番号またはフィールド名: これは、結果セットから取得するデータを含むフィールドを識別します。フィールド番号は、結果セット内のフィールドの 1 から始まるインデックスです。フィールド名は、列名を表す文字列です。


PHPでデータベース接続:odbc_connectのトラブルシューティング

odbc_connectの基本的な使い方odbc_connectの引数dsn: データソース名。接続するデータベースの種類、サーバー名、データベース名などを指定します。username: データベースのユーザー名。password: データベースのパスワード。



ODBC データベース接続を安全に閉じる: odbc_free_result の役割と使い方

odbc_free_resultの主な役割ODBCを使用して実行されたクエリ結果のハンドルを解放するデータベースとの接続を閉じるメモリやその他のシステムリソースを節約するodbc_free_result関数は、以下の形式で使用します。ここで、$result_handleは、odbc_exec()やodbc_query()などの関数によって取得された結果ハンドルを指定します。


PHPでデータベース操作におけるバイナリデータ処理:odbc_binmode 関数完全ガイド

odbc_binmode 関数は、PHP で ODBC ドライバを使用してデータベース操作を行う際に、バイナリデータの処理方法を制御するために使用されます。バイナリデータとは、文字列として表現できないデータ (画像、音声、ファイルなど) を指します。


PHPでXMLエラーをデバッグする:libxml_clear_errors関数とエラーハンドラ

使用方法この関数は引数を取らず、単にエラーバッファの内容を消去します。例この例では、無効なXML文字列を解析し、エラーが発生した場合にエラーメッセージを出力します。その後、libxml_clear_errors関数を使用してエラーバッファを消去します。


【PHP】"strcoll" 関数 vs "strcmp" 関数 vs "strnatcmp" 関数:徹底比較

strcoll 関数は、2つの文字列をバイト単位で比較し、現在のロケール設定に基づいて結果を返します。ロケールとは、言語、文字セット、並び順序などの地域固有の設定を定義するものです。機能2つの文字列をバイト単位で比較します。大文字と小文字を区別します。


XSLTを使ってXMLを自在に変換!PHPによるサンプルコード集

XSLT 変換 とは、XSLT スタイルシート を用いて XML 文書を変換する処理のことを指します。XSLT スタイルシートは、XML 文書内の要素をどのように処理し、出力結果をどのように生成するかを記述した XML 文書です。以下のものを用意する必要があります。