初心者向け解説:PHP vfprintf 関数でフォーマットされた文字列を書き込む

2024-04-02

PHP vfprintf 関数:可変引数でフォーマットされた文字列をストリームに書き込む

vfprintf 関数は、printf 関数と似ていますが、可変引数ではなく、フォーマット文字列と引数の配列を受け取ります。これは、複数の変数をフォーマットされた文字列に挿入したい場合に便利です。

構文

int vfprintf(resource $handle, string $format, array $args): int

引数

  • handle: 書き込み先のストリームリソース。ファイルポインタ、標準出力ストリーム (STDOUT) などが指定できます。
  • format: フォーマット文字列。printf 関数と同じフォーマット指定子を 사용할 수 있습니다。
  • args: フォーマット文字列に挿入される引数の配列。

返り値

書き込まれた文字列の長さを返します。

$name = "John Doe";
$age = 30;

$fp = fopen("output.txt", "w");

vfprintf($fp, "Hello, %s! You are %d years old.\n", [$name, $age]);

fclose($fp);

この例では、vfprintf 関数は output.txt ファイルに次の文字列を書き込みます。

Hello, John Doe! You are 30 years old.

フォーマット指定子

vfprintf 関数は、printf 関数と同じフォーマット指定子を 사용할 수 있습니다。

指定子説明
%s文字列
%d整数
%f浮動小数点数
%c文字
%%パーセント記号

補足

  • vfprintf 関数は、printf 関数よりも柔軟性が高いですが、少し複雑です。
  • 可変引数を使用する場合は、vfprintf 関数よりも printf 関数の方が使いやすいかもしれません。
  • フォーマット文字列を理解するには、printf 関数のマニュアルを参照してください。


PHP vfprintf 関数:サンプルコード

$name = "John Doe";
$age = 30;

echo "Hello, $name! You are $age years old.\n";
vfprintf(STDOUT, "Hello, %s! You are %d years old.\n", [$name, $age]);

配列の要素をフォーマット

$data = ["John Doe", 30, "Software Engineer"];

echo "Name: $data[0]\n";
echo "Age: $data[1]\n";
echo "Occupation: $data[2]\n";

vfprintf(STDOUT, "Name: %s\nAge: %d\nOccupation: %s\n", $data);

日付と時刻のフォーマット

$date = new DateTime();

echo "Today is " . $date->format("Y-m-d") . "\n";
vfprintf(STDOUT, "Today is %s\n", [$date->format("Y-m-d")]);

ファイルへの書き込み

$name = "John Doe";
$age = 30;

$fp = fopen("output.txt", "w");

fprintf($fp, "Hello, %s! You are %d years old.\n", [$name, $age]);

fclose($fp);

オブジェクトのフォーマット

class Person
{
    public $name;
    public $age;

    public function __construct($name, $age)
    {
        $this->name = $name;
        $this->age = $age;
    }
}

$person = new Person("John Doe", 30);

echo "Name: " . $person->name . "\n";
echo "Age: " . $person->age . "\n";

vfprintf(STDOUT, "Name: %s\nAge: %d\n", [$person->name, $person->age]);

printf 関数との比較

$name = "John Doe";
$age = 30;

printf("Hello, %s! You are %d years old.\n", $name, $age);

$args = [$name, $age];
vfprintf(STDOUT, "Hello, %s! You are %d years old.\n", $args);

この例では、printf 関数と vfprintf 関数は同じ結果を出力します。

可変引数との比較

$name = "John Doe";
$age = 30;

printf("Hello, %s! You are %d years old.\n", $name, $age);

vprintf(STDOUT, "Hello, %s! You are %d years old.\n", func_get_args());

この例では、func_get_args 関数を使用して、可変引数を vfprintf 関数に渡します。

vfprintf 関数は、フォーマットされた文字列をストリームに書き込むための強力なツールです。 可変引数を使用できるため、さまざまな状況で役立ちます。



PHP vfprintf 関数 以外の方法

printf 関数は、vfprintf 関数に似ていますが、可変引数ではなく、フォーマット文字列と引数を個別に指定します。

$name = "John Doe";
$age = 30;

printf("Hello, %s! You are %d years old.\n", $name, $age);

sprintf 関数は、フォーマットされた文字列を生成し、変数に格納します。

$name = "John Doe";
$age = 30;

$message = sprintf("Hello, %s! You are %d years old.\n", $name, $age);

echo $message;

echo / print 文

単純な文字列を出力する場合は、echo 文または print 文を使用できます。

$name = "John Doe";
$age = 30;

echo "Hello, $name! You are $age years old.\n";

ファイルへの書き込み

ファイルを書き込む場合は、fwrite 関数または file_put_contents 関数を使用できます。

$name = "John Doe";
$age = 30;

$fp = fopen("output.txt", "w");

fwrite($fp, "Hello, $name! You are $age years old.\n");

fclose($fp);

オブジェクトのフォーマット方法は、オブジェクトの型によって異なります。 多くのオブジェクトは、__toString メソッドを持っています。 このメソッドは、オブジェクトを文字列に変換するために呼び出されます。

class Person
{
    public $name;
    public $age;

    public function __construct($name, $age)
    {
        $this->name = $name;
        $this->age = $age;
    }

    public function __toString()
    {
        return "{$this->name} ({$this->age})";
    }
}

$person = new Person("John Doe", 30);

echo $person . "\n";

vfprintf 関数は、フォーマットされた文字列をストリームに書き込むための便利なツールですが、他の方法も存在します。 状況に応じて最適な方法を選択してください。




XMLReader::getAttributeNs以外の属性を取得する方法

XMLReader::getAttributeNsは、PHPのXML処理ライブラリであるXMLReaderクラスのメソッドの一つです。このメソッドは、名前空間URIとローカル名で指定された属性の値を取得するために使用されます。詳細引数 $name: 取得したい属性のローカル名 $namespace: 取得したい属性の名前空間URI



XSLTを使ってXMLを自在に変換!PHPによるサンプルコード集

XSLT 変換 とは、XSLT スタイルシート を用いて XML 文書を変換する処理のことを指します。XSLT スタイルシートは、XML 文書内の要素をどのように処理し、出力結果をどのように生成するかを記述した XML 文書です。以下のものを用意する必要があります。


PHPでXML-RPCメソッドを解析しよう!xmlrpc_parse_method_descriptions関数の使い方

xmlrpc_parse_method_descriptions は、XML として記述されたメソッド記述を解析し、PHP 配列に変換する関数です。XML-RPC メソッドのドキュメントを解釈するために使用されます。構文引数$xml: 解析対象の XML 文字列


XMLReader::moveToFirstAttribute関数の代替方法

XMLReader::moveToFirstAttribute関数は、XMLドキュメント内の最初の属性にカーソルを移動します。この関数は、XMLドキュメントの属性を処理する際に役立ちます。構文戻り値成功した場合、TRUEを返します。失敗した場合、FALSEを返します。


PHPのxml_set_notation_decl_handler関数の使い方

xml_set_notation_decl_handler は、以下の用途に使用できます。特定の表記法宣言に基づいて、独自処理を行う表記法宣言の内容を検証する表記法宣言に基づいて、データ構造を構築するxml_set_notation_decl_handler 関数は、以下の 2 つの引数を受け取ります。



PHPで安全に文字列を出力する!htmlspecialcharsとその他のエンコード方法

htmlspecialchars は、以下の特殊文字を HTML エンティティに変換します。& は &amp; に変換されます。" は &quot; に変換されます。' は &#39; に変換されます。< は &lt; に変換されます。これらの特殊文字は、HTML の構文解析に影響を与えたり、悪意のあるコードを実行するために使用されたりする可能性があります。htmlspecialchars を使用することで、これらの文字をエンティティに変換し、安全に HTML に出力することができます。


【保存版】PHPのodbc_result関数:多様なサンプルコードで理解を深める

odbc_result 関数は、2つの引数を取ります。ODBC 結果識別子: これは、odbc_exec() または odbc_prepare() などの他の ODBC 関数によって返される値です。フィールド番号またはフィールド名: これは、結果セットから取得するデータを含むフィールドを識別します。フィールド番号は、結果セット内のフィールドの 1 から始まるインデックスです。フィールド名は、列名を表す文字列です。


PHPにおけるXMLエラーハンドリング:libXMLErrorクラスの完全ガイド

PHPは、Webアプリケーション開発に広く使用されているプログラミング言語です。XMLは、データ構造と意味を定義するためのマークアップ言語です。PHPは、libxml2と呼ばれるC言語のライブラリを介してXMLを処理できます。libXMLErrorクラスは、XML解析中に発生したエラー情報を表すクラスです。このクラスのインスタンスは、以下の情報を含む属性を持ちます。


PHP エンコーディングと mb_strtoupper:トラブルシューティング

mb_strtoupper の使い方は以下のとおりです。この例では、$str 変数に格納されている "こんにちは世界" という文字列を、mb_strtoupper 関数を使って大文字に変換しています。結果として、$upper_str 変数には "こんにちは世界" という文字列が格納されます。


サンプルコード満載!PHPでXSLTProcessor::__constructを使いこなす

XSLT は、XML 文書を変換するためのスタイルシート言語です。XSLT スタイルシートは、XML 文書内の要素をどのように処理し、出力するかを定義します。XSLT を使用することで、XML 文書を HTML、テキスト、PDF などのさまざまな形式に変換することができます。