PostgreSQL EXCEPTの代替方法:NOT EXISTS、LEFT JOIN、CASE式など

2024-04-02

PostgreSQLクエリ結合:EXCEPT

PostgreSQLのEXCEPTは、2つのクエリ結果の差集合を返す演算子です。つまり、クエリ1にのみ存在する行を取得します。

構文

SELECT *
FROM query1
EXCEPT
SELECT *
FROM query2;

2つのテーブルusersordersがあるとします。

-- テーブル users

CREATE TABLE users (
  id SERIAL PRIMARY KEY,
  name VARCHAR(255)
);

INSERT INTO users (name) VALUES ('Alice'), ('Bob'), ('Carol');

-- テーブル orders

CREATE TABLE orders (
  id SERIAL PRIMARY KEY,
  user_id INT,
  product VARCHAR(255)
);

INSERT INTO orders (user_id, product) VALUES (1, 'Book'), (2, 'Pen'), (3, 'Pencil');

usersテーブルにのみ存在するユーザーを取得するには、次のようにEXCEPTを使用します。

SELECT *
FROM users
EXCEPT
SELECT *
FROM orders
WHERE user_id IS NOT NULL;

このクエリは次の結果を返します。

| id | name |
|---|---|
| 3 | Carol |

ポイント

  • EXCEPTは、2つのクエリが同じ数の列を持ち、対応する列が互換性のあるデータ型である必要があります。
  • 重複行は除去されます。
  • ALLオプションを使用すると、重複行も含めて差集合を取得できます。
  • UNIONINTERSECTも同様に使用できます。
  • EXCEPTは、データの比較や分析に役立ちます。
  • 上記の例は、PostgreSQL 14に基づいています。
  • バージョンによって構文や機能が異なる場合があります。


PostgreSQL EXCEPT サンプルコード

異なる列名の比較

SELECT *
FROM users
EXCEPT
SELECT u.id, o.product
FROM users u
LEFT JOIN orders o ON u.id = o.user_id
WHERE o.product IS NOT NULL;

サブクエリ

SELECT *
FROM users
WHERE id NOT IN (
  SELECT user_id
  FROM orders
);

このクエリは、ordersテーブルに注文履歴がないユーザーを取得します。

結合とCASE式

SELECT u.*
FROM users u
LEFT JOIN orders o ON u.id = o.user_id
WHERE o.product IS NULL
OR CASE WHEN o.product IS NOT NULL THEN o.product = 'Book' END;

このクエリは、usersテーブルのうち、

  • 商品を注文していないユーザー
  • 商品を注文したが、その商品がBookであるユーザー

を取得します。

DISTINCTとGROUP BY

SELECT DISTINCT u.name
FROM users u
LEFT JOIN orders o ON u.id = o.user_id
GROUP BY u.name
HAVING COUNT(DISTINCT o.product) > 1;

このクエリは、2種類以上の商品を注文したユーザーの名前を取得します。

ALLオプション

SELECT *
FROM users
EXCEPT ALL
SELECT *
FROM orders
WHERE user_id IS NOT NULL;

このクエリは、usersテーブルにのみ存在するユーザーと、ordersテーブルに存在するユーザー全てを取得します。

これらのサンプルコードは、PostgreSQLのEXCEPT演算子の使い方を理解するのに役立ちます。



PostgreSQL EXCEPT の代替方法

NOT EXISTS

SELECT *
FROM users
WHERE NOT EXISTS (
  SELECT *
  FROM orders
  WHERE user_id = users.id
);

このクエリは、ordersテーブルに注文履歴がないユーザーを取得します。

LEFT JOIN

SELECT u.*
FROM users u
LEFT JOIN orders o ON u.id = o.user_id
WHERE o.id IS NULL;

このクエリは、ordersテーブルに一致する行がないusersテーブルの行を取得します。

CASE式

SELECT *
FROM users
WHERE CASE WHEN EXISTS (
  SELECT *
  FROM orders
  WHERE user_id = users.id
) THEN FALSE END;

このクエリは、ordersテーブルに注文履歴がないユーザーを取得します。

GROUP BYとHAVING

SELECT u.name
FROM users u
LEFT JOIN orders o ON u.id = o.user_id
GROUP BY u.name
HAVING COUNT(o.id) = 0;

このクエリは、注文履歴がないユーザーの名前を取得します。

これらの方法は、EXCEPT演算子と同様の結果を取得できますが、状況によってはより効率的な場合もあります。




PostgreSQL データ型における擬似型 anyelement:詳細解説

anyelement は PostgreSQL データ型における擬似型の一つであり、配列内の任意の要素を表す特殊なデータ型です。列のデータ型として使用することはできませんが、関数の引数や結果データ型として宣言することで、配列要素へのアクセスや操作を柔軟に行うことができます。



PostgreSQL smallint データ型を使用したパフォーマンスのヒント

比較的小さな範囲の整数を扱う場合ディスク容量を節約したい場合商品IDユーザーID年齢点数負の数値を格納する場合、符号ビットを含めて16ビット分の表現範囲となるため、-32, 768から32, 767までの範囲を超える値を格納することはできません。


regconfig型以外にもある?PostgreSQLで正規表現パターンを格納するその他の方法

regconfigは、oid型のエイリアスです。oid型は、PostgreSQLデータベース内の全てのオブジェクトを一意に識別するための整数型です。regconfig型は、このoid型を使用して、正規表現パターンを格納します。つまり、regconfig型は、以下の2つの要素で構成されます。


空間データの処理を効率化!PostgreSQLボックスデータ型とサンプルコード集

このガイドでは、ボックスデータ型の定義、特性、操作方法について詳しく解説します。ボックスデータ型は、以下の要素で構成される2次元矩形領域を表します。左下隅のX座標右上隅のX座標これらの値は、通常、double precision 型の数値で指定されます。


PostgreSQLにおける全文検索のその他の方法

このデータ型は、テキストデータのインデックス作成と検索に使用されます。具体的には、以下の機能を提供します。テキストデータの分割とトークン化トークンのインデックス作成クエリとの照合検索結果のランキングtsm_handlerは、PostgreSQLの標準機能であるため、追加のインストールや設定は不要です。



PostgreSQLにおけるmacaddr8データ型とは?

PostgreSQLのmacaddr8データ型は、EUI-64形式のMACアドレスを格納するために使用されます。従来のmacaddrデータ型と異なり、こちらは8バイトのサイズを持ち、より新しいMACアドレス形式に対応することができます。特徴


空間データの処理を効率化!PostgreSQLボックスデータ型とサンプルコード集

このガイドでは、ボックスデータ型の定義、特性、操作方法について詳しく解説します。ボックスデータ型は、以下の要素で構成される2次元矩形領域を表します。左下隅のX座標右上隅のX座標これらの値は、通常、double precision 型の数値で指定されます。


macaddr型 vs inet型 vs cidr型: PostgreSQLネットワークアドレス型徹底比較

MACアドレスは、ネットワーク上にある機器を識別するためのユニークなIDです。Ethernetなどのネットワークインターフェースカードに割り当てられており、12桁の16進数で構成されます。macaddr型は、MACアドレスを格納するためのデータ型です。以下の特性があります。


PostgreSQL クエリにおけるテーブル式: GROUP BY と HAVING 句

GROUP BY 句は、1つ以上の列に基づいて行をグループ化します。 グループ化された行に対して、集計関数を使用して統計情報などを計算することができます。例:このクエリは、customers テーブルの country 列に基づいて行をグループ化し、各国の総人口 (COUNT(*)) を計算します。


PostgreSQL bigint型:巨大な整数データを扱うための強力な型

非常に大きな数値を扱う必要がある場合に最適です。科学計算、金融、統計分析など、様々な分野で利用されています。integer型では表現できない範囲のデータを扱う場合、データ型エラーを防ぐことができます。以下は、bigint型の使用例です。科学計算