PostgreSQL bigint型:巨大な整数データを扱うための強力な型

2024-04-02

PostgreSQLのbigint型:巨大な整数データを扱うための強力な型

bigint型の利点

  • 非常に大きな数値を扱う必要がある場合に最適です。
  • 科学計算、金融、統計分析など、様々な分野で利用されています。
  • integer型では表現できない範囲のデータを扱う場合、データ型エラーを防ぐことができます。

bigint型の使用例

以下は、bigint型の使用例です。

科学計算

天体物理学シミュレーションや気象予測など、科学計算では非常に大きな数値を扱うことがよくあります。bigint型は、これらの数値を正確に格納するために使用できます。

金融市場では、株価や為替レートなど、非常に大きな数値が頻繁に取引されます。bigint型は、これらの数値を正確に記録するために使用できます。

統計分析では、人口調査データや経済指標など、非常に大きなデータセットを扱うことがよくあります。bigint型は、これらのデータを効率的に処理するために使用できます。

bigint型の注意点

  • bigint型は、integer型よりも多くのストレージスペースを必要とします。
  • bigint型の値を比較したり、計算したりする処理は、integer型よりも時間がかかる場合があります。

bigint型とその他のデータ型の比較

データ型許容範囲用途
integer-2147483648~2147483647一般的な整数値
bigint-9223372036854775808~9223372036854775807非常に大きな整数値
smallint-32768~32767小さな整数値
tinyint-128~127非常に小さな整数値

bigint型は、非常に大きな整数値を格納するための強力なデータ型です。科学計算、金融、統計分析など、様々な分野で利用されています。使用の際は、ストレージスペースや処理速度などの点に注意する必要があります。



PostgreSQL bigint型 サンプルコード

CREATE TABLE my_table (
  id bigint NOT NULL PRIMARY KEY,
  name text,
  age bigint
);

bigint型カラムへのデータ挿入

INSERT INTO my_table (id, name, age) VALUES
(1, 'John Doe', 30),
(2, 'Jane Doe', 25);

bigint型カラムからのデータの取得

SELECT id, name, age FROM my_table;

bigint型カラムを使用した比較演算

SELECT * FROM my_table WHERE age > 30;

bigint型カラムを使用した数学演算

SELECT id, name, age + 10 AS new_age FROM my_table;

bigint型カラムを使用した関数呼び出し

SELECT id, name, ABS(age) AS absolute_age FROM my_table;

bigint型カラムを使用した集計関数

SELECT COUNT(*) AS total_users FROM my_table;

bigint型カラムを使用した結合

SELECT * FROM my_table t1
INNER JOIN another_table t2 ON t1.id = t2.user_id;

bigint型カラムを使用した主キー制約

ALTER TABLE my_table ADD CONSTRAINT pk_my_table PRIMARY KEY (id);

bigint型カラムを使用した一意制約

ALTER TABLE my_table ADD CONSTRAINT unique_age UNIQUE (age);

bigint型カラムを使用した外部キー制約

ALTER TABLE my_table ADD CONSTRAINT fk_user_id FOREIGN KEY (user_id) REFERENCES users (id);

これらのサンプルコードは、PostgreSQLのbigint型をどのように使用するかを理解するのに役立ちます。



PostgreSQL bigint型のその他の方法

bigint型定数の使用

SELECT 1234567890123456789; -- 結果: 1234567890123456789

bigint型変数の使用

DECLARE age bigint;
SET age = 30;

SELECT age; -- 結果: 30

bigint型関数引数の使用

CREATE FUNCTION my_function(age bigint) RETURNS text;

SELECT my_function(30); -- 結果: '30'

bigint型式キャストの使用

SELECT CAST('1234567890123456789' AS bigint); -- 結果: 1234567890123456789

bigint型演算子の使用

SELECT 10 + 20; -- 結果: 30
SELECT 10 * 20; -- 結果: 200

bigint型比較演算子の使用

SELECT 10 > 5; -- 結果: t
SELECT 10 < 5; -- 結果: f

bigint型集計関数の使用

SELECT COUNT(*) FROM my_table; -- 結果: テーブル内の行数
SELECT SUM(age) FROM my_table; -- 結果: テーブル内のageカラムの合計値

bigint型型チェック関数の使用

SELECT is_bigint(1234567890123456789); -- 結果: t
SELECT is_bigint('abc'); -- 結果: f

これらの方法は、PostgreSQLのbigint型をより柔軟に使用するのに役立ちます。




jsonb型でJSONデータをネイティブ保存!PostgreSQLで半構造化データの壁を突破

JSON形式のデータをそのまま保存:複雑なデータ構造も、文字列として扱う必要なく、そのまま保存できます。高速なデータアクセス:インデックス作成やクエリ処理が効率化され、データアクセスが高速になります。豊富な操作機能:キー・バリューアクセス、配列操作、JSON Pathによる複雑なデータ抽出など、多彩な操作が可能です。



timestamp データ型から日付・時刻の取得

PostgreSQLのtimestampデータ型は、タイムスタンプを表すために使用されます。タイムスタンプは、日付と時刻を組み合わせた値で、時間の経過を追跡するために使用されます。データ型timestampデータ型は、以下の形式で表されます。


PostgreSQL での tsquery 以外の全文検索方法

tsquery の基本tsquery 型は、クエリツリー 構造としてテキスト検索条件を表現します。クエリツリーは、ノード と呼ばれる個々の要素で構成されます。各ノードは、特定の検索条件を表します。tsquery の構成要素語彙素: 単語やフレーズなどの検索対象となる文字列


PostgreSQLにおける全文検索のその他の方法

このデータ型は、テキストデータのインデックス作成と検索に使用されます。具体的には、以下の機能を提供します。テキストデータの分割とトークン化トークンのインデックス作成クエリとの照合検索結果のランキングtsm_handlerは、PostgreSQLの標準機能であるため、追加のインストールや設定は不要です。


macaddr型 vs inet型 vs cidr型: PostgreSQLネットワークアドレス型徹底比較

MACアドレスは、ネットワーク上にある機器を識別するためのユニークなIDです。Ethernetなどのネットワークインターフェースカードに割り当てられており、12桁の16進数で構成されます。macaddr型は、MACアドレスを格納するためのデータ型です。以下の特性があります。



PostgreSQLにおけるmacaddr8データ型とは?

PostgreSQLのmacaddr8データ型は、EUI-64形式のMACアドレスを格納するために使用されます。従来のmacaddrデータ型と異なり、こちらは8バイトのサイズを持ち、より新しいMACアドレス形式に対応することができます。特徴


PostgreSQL データ型における擬似型 anyelement:詳細解説

anyelement は PostgreSQL データ型における擬似型の一つであり、配列内の任意の要素を表す特殊なデータ型です。列のデータ型として使用することはできませんが、関数の引数や結果データ型として宣言することで、配列要素へのアクセスや操作を柔軟に行うことができます。


PostgreSQL での tsquery 以外の全文検索方法

tsquery の基本tsquery 型は、クエリツリー 構造としてテキスト検索条件を表現します。クエリツリーは、ノード と呼ばれる個々の要素で構成されます。各ノードは、特定の検索条件を表します。tsquery の構成要素語彙素: 単語やフレーズなどの検索対象となる文字列


PostgreSQL クエリにおけるテーブル式: GROUP BY と HAVING 句

GROUP BY 句は、1つ以上の列に基づいて行をグループ化します。 グループ化された行に対して、集計関数を使用して統計情報などを計算することができます。例:このクエリは、customers テーブルの country 列に基づいて行をグループ化し、各国の総人口 (COUNT(*)) を計算します。


jsonb型でJSONデータをネイティブ保存!PostgreSQLで半構造化データの壁を突破

JSON形式のデータをそのまま保存:複雑なデータ構造も、文字列として扱う必要なく、そのまま保存できます。高速なデータアクセス:インデックス作成やクエリ処理が効率化され、データアクセスが高速になります。豊富な操作機能:キー・バリューアクセス、配列操作、JSON Pathによる複雑なデータ抽出など、多彩な操作が可能です。