timestamp データ型から日付・時刻の取得

2024-04-02

PostgreSQL データ型: timestamp

PostgreSQLのtimestampデータ型は、タイムスタンプを表すために使用されます。タイムスタンプは、日付と時刻を組み合わせた値で、時間の経過を追跡するために使用されます。

データ型

timestampデータ型は、以下の形式で表されます。

timestamp[(p)]
  • pはオプションの精度で、0から6までの範囲で指定できます。デフォルトは0です。
  • 精度を指定すると、小数点以下の桁数まで表示されます。

入力

timestampデータ型には、以下の形式で値を入力できます。

YYYY-MM-DD HH:MM:SS[.fffffffff]
  • YYYYは年
  • MMは月
  • DDは日
  • HHは時
  • MMは分
  • SSは秒
  • .fffffffffは小数点以下の桁数

出力

timestampデータ型は、デフォルトでISO 8601形式で出力されます。

YYYY-MM-DD HH:MM:SS[.fffffffff]

出力形式は、以下の設定で変更できます。

  • datestyle
  • timeformat

-- 現在の日時を取得
SELECT CURRENT_TIMESTAMP;

-- タイムスタンプを作成
INSERT INTO table (timestamp_column) VALUES ('2024-03-08 03:25:00');

-- タイムスタンプを比較
SELECT * FROM table WHERE timestamp_column > '2024-03-08 00:00:00';

-- タイムスタンプに加算
SELECT timestamp_column + INTERVAL '1 hour' FROM table;


PostgreSQL timestamp サンプルコード

現在の日時を取得

SELECT CURRENT_TIMESTAMP;

タイムスタンプを作成

INSERT INTO table (timestamp_column) VALUES ('2024-03-08 03:25:00');

タイムスタンプを比較

SELECT * FROM table WHERE timestamp_column > '2024-03-08 00:00:00';

タイムスタンプに加算

SELECT timestamp_column + INTERVAL '1 hour' FROM table;

タイムスタンプを減算

SELECT timestamp_column - INTERVAL '1 day' FROM table;

タイムスタンプから日付部分のみを取得

SELECT DATE(timestamp_column) FROM table;

タイムスタンプから時刻部分のみを取得

SELECT TIME(timestamp_column) FROM table;

タイムスタンプを文字列に変換

SELECT TO_CHAR(timestamp_column, 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS') FROM table;

文字列をタイムスタンプに変換

SELECT TO_TIMESTAMP('2024-03-08 03:25:00', 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS') FROM table;

タイムスタンプの差分を取得

SELECT timestamp_column2 - timestamp_column1 FROM table;

タイムスタンプの差分を日数に変換

SELECT EXTRACT(DAY FROM timestamp_column2 - timestamp_column1) FROM table;

タイムスタンプの差分を時間に変換

SELECT EXTRACT(HOUR FROM timestamp_column2 - timestamp_column1) FROM table;

タイムスタンプの差分を分に変換

SELECT EXTRACT(MINUTE FROM timestamp_column2 - timestamp_column1) FROM table;

タイムスタンプの差分を秒に変換

SELECT EXTRACT(SECOND FROM timestamp_column2 - timestamp_column1) FROM table;


PostgreSQL timestamp のその他の方法

timestamptz データ型

  • 現在の日時を取得
SELECT CURRENT_TIMESTAMPATZ;
  • タイムスタンプを作成
INSERT INTO table (timestamptz_column) VALUES ('2024-03-08 03:25:00+09:00');
  • タイムスタンプを比較
SELECT * FROM table WHERE timestamptz_column > '2024-03-08 00:00:00+09:00';
  • タイムスタンプに加算
SELECT timestamptz_column + INTERVAL '1 hour' FROM table;
  • タイムスタンプを減算
SELECT timestamptz_column - INTERVAL '1 day' FROM table;
  • タイムスタンプから日付部分のみを取得
SELECT DATE(timestamptz_column) FROM table;
  • タイムスタンプから時刻部分のみを取得
SELECT TIME(timestamptz_column) FROM table;
  • タイムスタンプを文字列に変換
SELECT TO_CHAR(timestamptz_column, 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS+09:00') FROM table;
  • 文字列をタイムスタンプに変換
SELECT TO_TIMESTAMP('2024-03-08 03:25:00+09:00', 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS+09:00') FROM table;
  • タイムスタンプの差分を取得
SELECT timestamptz_column2 - timestamptz_column1 FROM table;
  • タイムスタンプの差分を日数に変換
SELECT EXTRACT(DAY FROM timestamptz_column2 - timestamptz_column1) FROM table;
  • タイムスタンプの差分を時間に変換
SELECT EXTRACT(HOUR FROM timestamptz_column2 - timestamptz_column1) FROM table;
  • タイムスタンプの差分を分に変換
SELECT EXTRACT(MINUTE FROM timestamptz_column2 - timestamptz_column1) FROM table;
  • タイムスタンプの差分を秒に変換
SELECT EXTRACT(SECOND FROM timestamptz_column2 - timestamptz_column1) FROM table;

EXTRACT 関数は、タイムスタンプから日付、時刻、曜日などの情報を取り出すために使用できます。

SELECT EXTRACT(YEAR FROM timestamp_column) FROM table;
SELECT EXTRACT(MONTH FROM timestamp_column) FROM table;
SELECT EXTRACT(DAY FROM timestamp_column) FROM table;
SELECT EXTRACT(HOUR FROM timestamp_column) FROM table;
SELECT EXTRACT(MINUTE FROM timestamp_column) FROM table;
SELECT EXTRACT(SECOND FROM timestamp_column) FROM table;
SELECT EXTRACT(DOW FROM timestamp_column) FROM table; -- 曜日

TO_CHAR 関数は、タイムスタンプを文字列に変換するために使用できます。

SELECT TO_CHAR(timestamp_column, 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS') FROM table;
SELECT TO_CHAR(timestamp_column, 'YYYY年MM月DD日 HH時MM分SS秒') FROM table;

TO_TIMESTAMP 関数は、文字列をタイムスタンプに変換するために使用できます。

SELECT TO_TIMESTAMP('2024-03-08 03:25:00', 'YYYY-MM-DD HH24:MI:SS') FROM table;
SELECT TO_TIMESTAMP('2024年MM月DD日 HH時MM分SS秒', 'YYYY年MM月DD日 HH時MM分SS秒') FROM table;



macaddr型 vs inet型 vs cidr型: PostgreSQLネットワークアドレス型徹底比較

MACアドレスは、ネットワーク上にある機器を識別するためのユニークなIDです。Ethernetなどのネットワークインターフェースカードに割り当てられており、12桁の16進数で構成されます。macaddr型は、MACアドレスを格納するためのデータ型です。以下の特性があります。



PostgreSQL データ型における "internal" 型の具体的な使用例

internal 型は、PostgreSQL 内部で使用されるデータ型です。 ユーザーが直接データ型として使用することはできませんが、関数や演算子の引数や戻り値のデータ型として宣言することができます。 具体的には、以下の用途に使用されます。


regconfig型以外にもある?PostgreSQLで正規表現パターンを格納するその他の方法

regconfigは、oid型のエイリアスです。oid型は、PostgreSQLデータベース内の全てのオブジェクトを一意に識別するための整数型です。regconfig型は、このoid型を使用して、正規表現パターンを格納します。つまり、regconfig型は、以下の2つの要素で構成されます。


PostgreSQL データ型における擬似型 anyelement:詳細解説

anyelement は PostgreSQL データ型における擬似型の一つであり、配列内の任意の要素を表す特殊なデータ型です。列のデータ型として使用することはできませんが、関数の引数や結果データ型として宣言することで、配列要素へのアクセスや操作を柔軟に行うことができます。


PostgreSQLにおける全文検索のその他の方法

このデータ型は、テキストデータのインデックス作成と検索に使用されます。具体的には、以下の機能を提供します。テキストデータの分割とトークン化トークンのインデックス作成クエリとの照合検索結果のランキングtsm_handlerは、PostgreSQLの標準機能であるため、追加のインストールや設定は不要です。



PostgreSQL での tsquery 以外の全文検索方法

tsquery の基本tsquery 型は、クエリツリー 構造としてテキスト検索条件を表現します。クエリツリーは、ノード と呼ばれる個々の要素で構成されます。各ノードは、特定の検索条件を表します。tsquery の構成要素語彙素: 単語やフレーズなどの検索対象となる文字列


PostgreSQLにおけるmacaddr8データ型とは?

PostgreSQLのmacaddr8データ型は、EUI-64形式のMACアドレスを格納するために使用されます。従来のmacaddrデータ型と異なり、こちらは8バイトのサイズを持ち、より新しいMACアドレス形式に対応することができます。特徴


PostgreSQL データ型における "internal" 型の具体的な使用例

internal 型は、PostgreSQL 内部で使用されるデータ型です。 ユーザーが直接データ型として使用することはできませんが、関数や演算子の引数や戻り値のデータ型として宣言することができます。 具体的には、以下の用途に使用されます。


PostgreSQL WITHクエリ: SELECTを活用して複雑なクエリをシンプルに

WITHクエリは、CTE(Common Table Expressions)と呼ばれる一時的なテーブルを定義し、そのテーブルを後続のSELECTクエリで参照できる機能です。複雑なクエリを複数の小さなクエリに分割することで、コードの可読性と保守性を向上させることができます。


空間データの処理を効率化!PostgreSQLボックスデータ型とサンプルコード集

このガイドでは、ボックスデータ型の定義、特性、操作方法について詳しく解説します。ボックスデータ型は、以下の要素で構成される2次元矩形領域を表します。左下隅のX座標右上隅のX座標これらの値は、通常、double precision 型の数値で指定されます。