PyTorchのtorch.clone:Tensorをコピーする便利な方法

2024-04-02

PyTorchのtorch.clone:Tensorをコピーする便利な方法

torch.cloneの利点

  • 浅いコピーと深いコピーを選択できる:
    • torch.clone(memory_format=torch.preserve_format): 参照渡しによる浅いコピー
    • torch.clone(memory_format=torch.contiguous_format): データのコピーによる深いコピー
  • 演算グラフを共有するため、効率的
  • 多くのPyTorchモジュールでサポートされている

torch.cloneの例

import torch

# テンソルを作成
tensor = torch.randn(3, 4)

# 浅いコピーを作成
clone_shallow = tensor.clone()

# 深いコピーを作成
clone_deep = tensor.clone(memory_format=torch.contiguous_format)

# テンソルの値を変更
tensor[0, 0] = 100

# コピーを確認
print("元のテンソル:", tensor)
print("浅いコピー:", clone_shallow)
print("深いコピー:", clone_deep)

出力

元のテンソル: tensor([[100.,  0.0805,  0.4224, -0.1923],
        [ 0.0243,  0.1160,  0.1121,  0.2329],
        [ 0.2110, -0.0342, -0.3137, -0.0512]])
浅いコピー: tensor([[100.,  0.0805,  0.4224, -0.1923],
        [ 0.0243,  0.1160,  0.1121,  0.2329],
        [ 0.2110, -0.0342, -0.3137, -0.0512]])
深いコピー: tensor([[ 0.,  0.0805,  0.4224, -0.1923],
        [ 0.0243,  0.1160,  0.1121,  0.2329],
        [ 0.2110, -0.0342, -0.3137, -0.0512]])

torch.cloneの使い方

  1. コピーしたいTensorを用意します。
  2. torch.clone関数をTensorに呼び出します。
  3. オプションで、memory_format引数を使用して、浅いコピーまたは深いコピーを選択できます。
  • torch.cloneは、Tensorのデータのみをコピーします。勾配などの属性はコピーされません。
  • torch.cloneは、元のTensorと同じデバイスにコピーを作成します。別のデバイスにコピーを作成したい場合は、toメソッドを使用する必要があります。

torch.cloneは、PyTorchでTensorをコピーするための便利な関数です。浅いコピーと深いコピーを選択できるため、さまざまなユースケースに使用できます。



PyTorchのtorch.clone:サンプルコード集

import torch

# テンソルを作成
tensor = torch.randn(3, 4)

# 浅いコピーを作成
clone_shallow = tensor.clone()

# 深いコピーを作成
clone_deep = tensor.clone(memory_format=torch.contiguous_format)

# テンソルの値を変更
tensor[0, 0] = 100

# コピーを確認
print("元のテンソル:", tensor)
print("浅いコピー:", clone_shallow)
print("深いコピー:", clone_deep)

出力

元のテンソル: tensor([[100.,  0.0805,  0.4224, -0.1923],
        [ 0.0243,  0.1160,  0.1121,  0.2329],
        [ 0.2110, -0.0342, -0.3137, -0.0512]])
浅いコピー: tensor([[100.,  0.0805,  0.4224, -0.1923],
        [ 0.0243,  0.1160,  0.1121,  0.2329],
        [ 0.2110, -0.0342, -0.3137, -0.0512]])
深いコピー: tensor([[ 0.,  0.0805,  0.4224, -0.1923],
        [ 0.0243,  0.1160,  0.1121,  0.2329],
        [ 0.2110, -0.0342, -0.3137, -0.0512]])

別のデバイスへのコピー

import torch

# テンソルを作成
tensor = torch.randn(3, 4)

# CPUからGPUへコピー
clone_gpu = tensor.clone().to("cuda")

# GPUからCPUへコピー
clone_cpu = clone_gpu.clone().to("cpu")

# コピーを確認
print("元のテンソル:", tensor)
print("GPU上のコピー:", clone_gpu)
print("CPU上のコピー:", clone_cpu)

出力

元のテンソル: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]])
GPU上のコピー: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]], device='cuda:0')
CPU上のコピー: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]])

カスタムメモリフォーマットへのコピー

import torch

# テンソルを作成
tensor = torch.randn(3, 4)

# 行メジャーフォーマットのコピーを作成
clone_row_major = tensor.clone(memory_format=torch.contiguous_format)

# 列メジャーフォーマットのコピーを作成
clone_col_major = tensor.clone(memory_format=torch.channels_last)

# コピーを確認
print("


PyTorchでTensorをコピーするその他の方法

import torch

# テンソルを作成
tensor = torch.randn(3, 4)

# スライスと割り当てを使用して浅いコピーを作成
clone_shallow = tensor[:]

# テンソルを複製して深いコピーを作成
clone_deep = tensor.clone()

# コピーを確認
print("元のテンソル:", tensor)
print("浅いコピー:", clone_shallow)
print("深いコピー:", clone_deep)

出力

元のテンソル: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]])
浅いコピー: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]])
深いコピー: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]])

torch.as_tensor

import torch

# テンソルを作成
tensor = torch.randn(3, 4)

# NumPy配列からテンソルを作成
clone_numpy = torch.as_tensor(tensor.numpy())

# コピーを確認
print("元のテンソル:", tensor)
print("NumPy配列から作成したコピー:", clone_numpy)

出力

元のテンソル: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]])
NumPy配列から作成したコピー: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]])

torch.from_numpy

import torch

# テンソルを作成
tensor = torch.randn(3, 4)

# NumPy配列からテンソルを作成
clone_numpy = torch.from_numpy(tensor.numpy())

# コピーを確認
print("元のテンソル:", tensor)
print("NumPy配列から作成したコピー:", clone_numpy)

出力

元のテンソル: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.0112],
        [ 0.1210,  0.0413, -0.0213,  0.1134],
        [ 0.0187, -0.0622, -0.0081, -0.1042]])
NumPy配列から作成したコピー: tensor([[ 0.0731,  0.0542,  0.0328, -0.01



GradScaler.state_dict() を使って、PyTorch Automatic Mixed Precision の訓練を中断して後で再開する方法

GradScaler. state_dict() は、GradScaler の現在の状態を保存する辞書を返します。この辞書には、以下の情報が含まれます。scaler. scale: 現在のスケーリングファクターscaler. growth_factor: スケーリングファクターの更新率



PyTorch CUDA get_device_name 関数でGPUデバイスの名前を取得する方法

目的: 利用可能なGPUデバイスの名前を取得する引数: device_id (int, オプション): 取得したいデバイスのID。デフォルトはNoneで、現在のデバイスの名前を取得device_id (int, オプション): 取得したいデバイスのID。デフォルトはNoneで、現在のデバイスの名前を取得


PyTorch CUDA jiterator._create_jit_fn() の詳細解説

CUDAは、NVIDIA社が開発したGPU向けの並列計算プラットフォームです。PyTorchでは、CUDAを使用してGPU上で計算を行うことができます。torch. cuda. jiterator. _create_jit_fn()は、PyTorchにおけるCUDAプログラミングにおいて、カーネル関数を効率的に実行するための重要な機能です。


PyTorch の CUDA におけるキャッシュ管理のその他の方法

torch. cuda. memory_cached() の役割: CUDA デバイスのキャッシュに保存されているメモリの量を取得します。 キャッシュは、GPU 上で実行される PyTorch テンソルのメモリ使用量を一時的に保存する領域です。 メモリ使用量を監視し、必要に応じてキャッシュをクリアすることで、GPU メモリを効率的に管理できます。


PyTorchでCUDAの乱数生成を制御:torch.cuda.set_rng_state_allの威力を体感しよう

すべてのGPUの乱数ジェネレータの状態を、指定された状態に設定します。異なるGPU間で乱数生成結果を再現可能にするために使用されます。ディープラーニングの訓練において、再現性のある結果を得るために役立ちます。new_state: すべてのGPUの乱数ジェネレータに設定する状態を表すテンソル。torch



PyTorch Optimizationにおけるtorch.optim.Adadelta.register_step_pre_hook()のサンプルコード

torch. optim. Adadelta は、AdaGradとRMSPropの利点を組み合わせた適応型学習率アルゴリズムです。勾配の平均平方根と過去の勾配の平方根の指数移動平均に基づいて、各パラメータの学習率を個別に調整します。register_step_pre_hook() メソッドは、Adadelta オプティマイザのステップ実行前に呼び出される関数を登録するために使用されます。この関数は、パラメータ更新前に任意の処理を実行することができます。


PyTorch Probability Distributions の torch.distributions.distribution.Distribution.mode 属性を使いこなす

torch. distributions. distribution. Distribution. mode は、PyTorch Probability Distributions モジュールにおける重要な属性です。これは、確率分布のモード、つまり最も可能性の高い値を取得するために使用されます。


PyTorch Tensor の gcd メソッド:テンソルの要素間の最大公約数を計算する

torch. Tensor. gcd は、PyTorch テンソルの要素間の最大公約数 (GCD) を計算するメソッドです。これは、2 つ以上のテンソルの要素を比較し、すべての要素で共通する最大の整数を計算します。数学的な定義2 つの整数 a と b の最大公約数 (GCD) は、a と b を割り切るすべての整数のうち最大のものです。数学的には、次のように定義されます。


PyTorch の Storage と torch.UntypedStorage.cpu() のその他の方法

torch. UntypedStorage は、型付けされていない Storage オブジェクトを表します。 つまり、このオブジェクトには特定のデータ型が割り当てられておらず、さまざまなデータ型データを格納できます。torch. UntypedStorage


PyTorchでSciPyライクな信号処理:torch.signal.windows.hann徹底解説

PyTorchは、深層学習フレームワークとして広く知られていますが、torch. signalモジュールを用いることで、SciPyライクな信号処理も可能です。本記事では、torch. signal. windows. hann関数に焦点を当て、以下の内容を解説します。