QAbstractSlider::repeatAction() の詳細解説と代替方法

2024-05-27

Qt WidgetsにおけるQAbstractSlider::repeatAction()の詳細解説

QAbstractSlider::repeatAction() は、スライダーの値を自動的に繰り返し変更するための機能を提供します。これは、ユーザーがスライダーを押し続けている間、一定間隔で値を増加または減少させるために使用されます。この機能は、ボリュームコントロールやプログレスバーなど、ユーザー入力をシミュレートしたい場合に役立ちます。

使用方法

QAbstractSlider::repeatAction() を使用するには、以下の手順が必要です。

  1. setRepeatAction() メソッドを使用して、繰り返しのアクションを設定します。このメソッドには、SliderAction 型の引数と、オプションの thresholdTime および repeatTime 引数が必要です。
    • SliderAction 型には、以下の値があります。
      • SliderNoRepeatAction: 繰り返しアクションは無効です。
      • SliderRepeatUpAction: スライダーの値を増加します。
    • thresholdTime 引数は、繰り返しのアクションを開始するまでのミリ秒単位の時間です。デフォルトは 500 ミリ秒です。
  2. スライダーが押されたときに、sliderPressed() シグナルを処理します。このシグナルハンドラ内で、timer オブジェクトを作成し、start() メソッドを呼び出してタイマーを開始します。
  3. timerEvent() シグナルハンドラ内で、repeatAction() メソッドを呼び出してスライダーの値を更新します。

以下のコードは、ボリュームスライダーの値をユーザーが押し続けている間、一定間隔で増加させる例です。

class VolumeSlider : public QAbstractSlider
{
public:
    VolumeSlider(QWidget *parent = nullptr);

protected:
    void sliderPressed() override;
    void timerEvent(QTimerEvent *event) override;

private:
    QTimer timer;
};

VolumeSlider::VolumeSlider(QWidget *parent) : QAbstractSlider(parent)
{
    setRange(0, 100);
    setValue(50);

    timer.setSingleShot(true);
    connect(this, &QAbstractSlider::sliderPressed, this, &VolumeSlider::sliderPressed);
    connect(&timer, &QTimer::timeout, this, &VolumeSlider::timerEvent);
}

void VolumeSlider::sliderPressed()
{
    timer.start(repeatTime);
}

void VolumeSlider::timerEvent(QTimerEvent *event)
{
    if (sliderDown()) {
        setValue(value() + singleStep());
        if (value() > maximum()) {
            setValue(maximum());
            timer.stop();
        }
    }
}

補足

  • QAbstractSlider::repeatAction() は、スライダーの値を自動的に更新するため、スレッドセーフではありません。スレッドからこのメソッドを呼び出す場合は、適切な同期メカニズムを使用する必要があります。
  • QAbstractSlider::repeatAction() は、スライダーがフォーカスを持っている場合にのみ機能します。


      Qt WidgetsにおけるQAbstractSlider::repeatAction() のサンプルコード

      class VolumeSlider : public QAbstractSlider
      {
      public:
          VolumeSlider(QWidget *parent = nullptr);
      
      protected:
          void sliderPressed() override;
          void timerEvent(QTimerEvent *event) override;
      
      private:
          QTimer timer;
      };
      
      VolumeSlider::VolumeSlider(QWidget *parent) : QAbstractSlider(parent)
      {
          setRange(0, 100);
          setValue(50);
      
          timer.setSingleShot(true);
          connect(this, &QAbstractSlider::sliderPressed, this, &VolumeSlider::sliderPressed);
          connect(&timer, &QTimer::timeout, this, &VolumeSlider::timerEvent);
      }
      
      void VolumeSlider::sliderPressed()
      {
          timer.start(repeatTime);
      }
      
      void VolumeSlider::timerEvent(QTimerEvent *event)
      {
          if (sliderDown()) {
              setValue(value() + singleStep());
              if (value() > maximum()) {
                  setValue(maximum());
                  timer.stop();
              }
          }
      }
      

      説明

      • このコードは、VolumeSlider という名前の新しいクラスを定義します。このクラスは、QAbstractSlider クラスを継承します。
      • VolumeSlider コンストラクタは、スライダーの範囲を 0 から 100 に設定し、初期値を 50 に設定します。また、タイマーオブジェクトを作成し、スライダーが押されたときに sliderPressed() シグナルハンドラを接続します。
      • sliderPressed() シグナルハンドラは、タイマーを一定間隔で開始します。
      • timerEvent() シグナルハンドラは、スライダーの値を更新します。スライダーの値が最大値を超えた場合は、タイマーを停止します。

      このコードを使用するには、以下の手順が必要です。

      1. VolumeSlider.hVolumeSlider.cpp ファイルをプロジェクトに追加します。
      2. VolumeSlider クラスをインスタンス化し、ウィジェットに埋め込みます。
      VolumeSlider *slider = new VolumeSlider(this);
      slider->setGeometry(100, 100, 200, 50);
      
      1. スライダーの値を接続します。
      connect(slider, &VolumeSlider::valueChanged, this, &MyWidget::volumeChanged);
      
      • このコードは、あくまで例です。必要に応じて変更してください。
      • このコードは、Qt Widgets 6.x でテストされています。


          • スレッドセーフではありません。
          • スライダーがフォーカスを持っている場合にのみ機能します。
          • カスタマイズが難しい場合があります。

          これらの制限を回避するために、QAbstractSlider::repeatAction() の代替方法をいくつか検討することができます。

          タイマーを使用したカスタム実装

          QAbstractSlider::repeatAction() の代替方法として、タイマーを使用したカスタム実装を作成することができます。この方法は、以下の利点があります。

          • スレッドセーフです。
          • スライダーのフォーカス状態に関係なく機能します。
          • 高度なカスタマイズが可能です。

          ただし、この方法は QAbstractSlider::repeatAction() よりも複雑です。

          class VolumeSlider : public QAbstractSlider
          {
          public:
              VolumeSlider(QWidget *parent = nullptr);
          
          protected:
              void mousePressEvent(QMouseEvent *event) override;
              void mouseReleaseEvent(QMouseEvent *event) override;
              void timerEvent(QTimerEvent *event) override;
          
          private:
              QTimer timer;
              bool isPressed = false;
          };
          
          VolumeSlider::VolumeSlider(QWidget *parent) : QAbstractSlider(parent)
          {
              setRange(0, 100);
              setValue(50);
          
              timer.setSingleShot(true);
              connect(&timer, &QTimer::timeout, this, &VolumeSlider::timerEvent);
          }
          
          void VolumeSlider::mousePressEvent(QMouseEvent *event)
          {
              if (event->button() == Qt::LeftButton) {
                  isPressed = true;
                  timer.start(repeatTime);
              }
          }
          
          void VolumeSlider::mouseReleaseEvent(QMouseEvent *event)
          {
              if (event->button() == Qt::LeftButton) {
                  isPressed = false;
                  timer.stop();
              }
          }
          
          void VolumeSlider::timerEvent(QTimerEvent *event)
          {
              if (isPressed) {
                  setValue(value() + singleStep());
                  if (value() > maximum()) {
                      setValue(maximum());
                      timer.stop();
                  }
              }
          }
          

          QPropertyAnimationを使用したアニメーション

          • 滑らかなアニメーションを提供します。

          ただし、この方法はタイマーを使用したカスタム実装よりも複雑です。

          class VolumeSlider : public QAbstractSlider
          {
          public:
              VolumeSlider(QWidget *parent = nullptr);
          
          protected:
              void mousePressEvent(QMouseEvent *event) override;
              void mouseReleaseEvent(QMouseEvent *event) override;
          
          private:
              QPropertyAnimation *animation;
          };
          
          VolumeSlider::VolumeSlider(QWidget *parent) : QAbstractSlider(parent)
          {
              setRange(0, 100);
              setValue(50);
          
              animation = new QPropertyAnimation(this, "value", this);
              animation->setDuration(repeatTime);
              animation->setEasingCurve(QEasingCurve::InOutQuad);
              animation->setStartValue(value());
              connect(animation, &QPropertyAnimation::finished, this, &VolumeSlider::animationFinished);
          }
          
          void VolumeSlider::mousePressEvent(QMouseEvent *event)
          {
              if (event->button() == Qt::LeftButton) {
                  animation->start();
              }
          }
          
          void VolumeSlider::mouseReleaseEvent(QMouseEvent *event)
          {
              if (event->button() == Qt::LeftButton) {
                  animation->stop();
              }
          }
          
          void VolumeSlider::animationFinished()
          {
              if (value() < maximum()) {
                  animation->setStartValue(value());
                  animation->start();
              }
          }
          

          キーボードイベントを使用したシミュレーション