ラベル、フィールド、スパンニングを自在に操る:QFormLayout::ItemRoleによるフォームレイアウト設計

2024-06-08

Qt WidgetsにおけるQFormLayout::ItemRole(列挙型)の解説

QFormLayout::ItemRole は、QFormLayout レイアウト内のアイテムの種類を定義する列挙型です。この列挙型は、フォームレイアウト内のラベル、フィールド、およびスパンニングウィジェットを区別するために使用されます。

列挙型の値

QFormLayout::ItemRole 列挙型には、次の3つの値が定義されています。

  • LabelRole: ラベルウィジェットを表します。
  • FieldRole: フィールドウィジェットを表します。
  • SpanningRole: ラベルとフィールドの両方の列にまたがるウィジェットを表します。

使用方法

  • itemAt() メソッドを使用して、フォームレイアウト内の特定の行または列のアイテムを取得します。
  • getItemPosition() メソッドを使用して、フォームレイアウト内のアイテムの位置を取得します。

次のコードは、QFormLayout レイアウトにラベルとフィールドを追加し、それぞれの ItemRole を取得する方法を示しています。

QFormLayout layout;

QLabel *label = new QLabel("Name:");
QLineEdit *lineEdit = new QLineEdit;

layout.addRow(label, lineEdit);

QFormLayout::ItemRole labelRole = layout.itemAt(0, 0)->role();
QFormLayout::ItemRole fieldRole = layout.itemAt(0, 1)->role();

// labelRole は LabelRole であるはずです
// fieldRole は FieldRole であるはずです

補足

  • SpanningRole を使用して、ラベルとフィールドの両方の列にまたがるウィジェットを追加することもできます。


    この例では、QFormLayout レイアウトにラベルとフィールドを追加し、それぞれの ItemRole を取得する方法を示します。

    #include <QApplication>
    #include <QLabel>
    #include <QLineEdit>
    #include <QFormLayout>
    
    int main(int argc, char *argv[]) {
        QApplication app(argc, argv);
    
        QWidget widget;
        QFormLayout layout(&widget);
    
        QLabel *label = new QLabel("Name:");
        QLineEdit *lineEdit = new QLineEdit;
    
        layout.addRow(label, lineEdit);
    
        QFormLayout::ItemRole labelRole = layout.itemAt(0, 0)->role();
        QFormLayout::ItemRole fieldRole = layout.itemAt(0, 1)->role();
    
        // labelRole は LabelRole であるはずです
        // fieldRole は FieldRole であるはずです
    
        widget.show();
    
        return app.exec();
    }
    

    例2:スパンニングウィジェットの追加

    この例では、QFormLayout レイアウトにスパンニングウィジェットを追加する方法を示します。

    #include <QApplication>
    #include <QLabel>
    #include <QLineEdit>
    #include <QTextEdit>
    #include <QFormLayout>
    
    int main(int argc, char *argv[]) {
        QApplication app(argc, argv);
    
        QWidget widget;
        QFormLayout layout(&widget);
    
        QLabel *nameLabel = new QLabel("Name:");
        QLineEdit *nameLineEdit = new QLineEdit;
        QLabel *addressLabel = new QLabel("Address:");
        QTextEdit *addressTextEdit = new QTextEdit;
    
        // addressTextEdit ウィジェットをラベルとフィールドの両方の列にまたがるように設定します
        layout.addRow(nameLabel, nameLineEdit);
        layout.addRow(addressLabel, addressTextEdit);
        layout.setItem(1, 0, addressLabel);
        layout.setItem(1, 1, addressTextEdit);
        layout.setSpanning(1, 0, 1, 2);
    
        widget.show();
    
        return app.exec();
    }
    

    例3:アイテムの役割の取得

    この例では、QFormLayout レイアウト内のアイテムの役割を取得する方法を示します。

    #include <QApplication>
    #include <QLabel>
    #include <QLineEdit>
    #include <QFormLayout>
    
    int main(int argc, char *argv[]) {
        QApplication app(argc, argv);
    
        QWidget widget;
        QFormLayout layout(&widget);
    
        QLabel *label = new QLabel("Name:");
        QLineEdit *lineEdit = new QLineEdit;
    
        layout.addRow(label, lineEdit);
    
        QFormLayout::ItemRole labelRole = layout.itemAt(0, 0)->role();
        QFormLayout::ItemRole fieldRole = layout.itemAt(0, 1)->role();
    
        // labelRole は LabelRole であるはずです
        // fieldRole は FieldRole であるはずです
    
        widget.show();
    
        return app.exec();
    }
    

    これらの例は、QFormLayout::ItemRole 列挙型を使用して、Qt Widgetsアプリケーションでフォームレイアウトをより柔軟に制御する方法を示しています。

    補足

    • これらの例は、Qt Widgets 6.4.2 でコンパイルしてテストされています。
    • コードを実行するには、Qt Creator などの Qt 開発ツールが必要です。


    QFormLayout::ItemRole (enum) の代替方法

    代替方法

      • シンプルなケースでは、QWidget::type() メソッドを使用する方が簡単です。
      • より多くの制御が必要な場合は、QFormLayoutItem オブジェクトの role() メソッドを使用できます。
      • 柔軟性が最も必要な場合は、カスタムデータを使用できます。

      補足

      • これらの代替方法は、QFormLayout::ItemRole 列挙型よりも柔軟性が高くなります。
      • コード例は、Qt Widgets 6.4.2 でコンパイルしてテストされています。