Qt Widgetsでジェスチャーのキャンセルを設定する: QGestureRecognizer::setCancelsOtherGestures()の使い方

2024-04-02

Qt WidgetsにおけるQGestureEvent::accept()の詳細解説

概要

  • QGestureEvent::accept()は、ジェスチャーイベントを受け入れ、処理することをウィジェットに指示します。
  • 受け入れられたジェスチャーは、ウィジェットとその子ウィジェットで処理されます。
  • 受け入れられなかったジェスチャーは、親ウィジェットに伝達されます。
  • QGestureEvent::ignore()は、ジェスチャーイベントを無視することをウィジェットに指示します。

メソッドの詳細

シグネチャ

void QGestureEvent::accept();

引数

なし

戻り値

なし

動作

  • QGestureEvent::accept()は、イベントを受け入れるウィジェットのQGestureRecognizerに通知します。
  • QGestureRecognizerは、ジェスチャーの処理を開始します。
  • ジェスチャーが完了すると、QGestureRecognizerはジェスチャーの状態をQGesture::Finishedに設定します。

使用例

class MyWidget : public QWidget {
  public:
    MyWidget() {
      // ジェスチャー認識を有効にする
      setAcceptTouchEvents(true);
    }

    protected:
    void gestureEvent(QGestureEvent *event) override {
      if (event->gestureType() == Qt::TapGesture) {
        // タップジェスチャーを受け入れる
        event->accept();

        // タップ処理を行う
        // ...
      } else {
        // その他のジェスチャーは無視する
        event->ignore();
      }
    }
};

補足

  • QGestureEvent::accept()は、ジェスチャーイベントを処理する最初のウィジェットでのみ呼び出す必要があります。
  • 複数のウィジェットで同じジェスチャーを処理したい場合は、QGestureRecognizer::setCancelsOtherGestures()falseに設定する必要があります。

QGestureEvent::accept()は、Qt Widgetsでジェスチャーイベントを処理するための重要なメソッドです。このメソッドを理解することで、ユーザー入力に対する洗練された応答をアプリケーションに実装することができます。



Qt WidgetsにおけるQGestureEvent::accept()のサンプルコード

タップジェスチャーによるウィジェット移動

class MyWidget : public QWidget {
  public:
    MyWidget() {
      // ジェスチャー認識を有効にする
      setAcceptTouchEvents(true);
    }

    protected:
    void gestureEvent(QGestureEvent *event) override {
      if (event->gestureType() == Qt::TapGesture) {
        // タップジェスチャーを受け入れる
        event->accept();

        // タップ位置を取得
        QPointF pos = event->gesturePoints().first();

        // ウィジェットを移動
        move(pos.toPoint());
      }
    }
};

ドラッグジェスチャーによるウィジェットサイズ変更

class MyWidget : public QWidget {
  public:
    MyWidget() {
      // ジェスチャー認識を有効にする
      setAcceptTouchEvents(true);
    }

    protected:
    void gestureEvent(QGestureEvent *event) override {
      if (event->gestureType() == Qt::PinchGesture) {
        // ピンチジェスチャーを受け入れる
        event->accept();

        // スケールを取得
        qreal scale = event->scaleFactor();

        // ウィジェットのサイズを変更
        resize(size() * scale);
      }
    }
};

スワイプジェスチャーによるウィジェット切り替え

class MyWidget : public QWidget {
  public:
    MyWidget() {
      // ジェスチャー認識を有効にする
      setAcceptTouchEvents(true);
    }

    protected:
    void gestureEvent(QGestureEvent *event) override {
      if (event->gestureType() == Qt::SwipeGesture) {
        // スワイプジェスチャーを受け入れる
        event->accept();

        // スワイプ方向を取得
        Qt::GestureDirection direction = event->swipeDirection();

        // ウィジェットを切り替え
        if (direction == Qt::SwipeLeft) {
          // 左にスワイプ
          // ...
        } else if (direction == Qt::SwipeRight) {
          // 右にスワイプ
          // ...
        }
      }
    }
};



QGestureEvent::accept() 以外の方法

QGestureRecognizer::setCancelsOtherGestures()を使用して、ジェスチャーが他のジェスチャーをキャンセルするかどうかを設定することができます。

// タップジェスチャーが他のジェスチャーをキャンセルしないように設定
myTapGestureRecognizer->setCancelsOtherGestures(false);

QGestureEvent::setAccepted()を使用して、イベントが受け入れられたかどうかを設定することができます。

// イベントを受け入れる
event->setAccepted(true);

// イベントを処理する
// ...

QGestureEvent::ignore()を使用して、ジェスチャーイベントを無視することができます。

// イベントを無視する
event->ignore();

QGestureEvent::accept()は、ジェスチャーイベントを処理する最も一般的な方法ですが、他にもいくつかの方法があります。これらの方法を理解することで、Qt Widgetsでさまざまなジェスチャー処理を実装することができます。