Qt WidgetsでQGraphicsItem::setCacheMode()を使いこなす

2024-04-09

Qt WidgetsにおけるQGraphicsItem::setCacheMode()解説

QGraphicsItem::setCacheMode()は、Qt Widgetsのグラフィックアイテムの描画パフォーマンスを向上させるための重要な機能です。これは、アイテムのレンダリング結果をキャッシュすることで、再描画の頻度を減らすことができます。

仕組み

QGraphicsItem::setCacheMode()は以下の3つのキャッシュモードを設定できます。

  • DeviceCoordinateCache: デバイス座標系のキャッシュ。アイテムが移動または回転しても、キャッシュされた画像は更新されます。
  • NoCache: キャッシュを使用しない。

使用例

// デバイス座標系のキャッシュを設定
item->setCacheMode(QGraphicsItem::DeviceCoordinateCache);

// アイテム座標系のキャッシュを設定
item->setCacheMode(QGraphicsItem::ItemCoordinateCache);

// キャッシュを使用しない
item->setCacheMode(QGraphicsItem::NoCache);

注意事項

  • キャッシュを使用すると、メモリ使用量が増加します。
  • アイテムが頻繁に更新される場合、キャッシュを使用するとパフォーマンスが低下する可能性があります。
  • キャッシュを使用する場合は、適切なキャッシュモードを選択することが重要です。
  • 上記以外にも、QGraphicsItem::setCacheMode()に関する情報は、Qt公式ドキュメントやインターネット上のチュートリアルなどで確認できます。
  • 具体的な使用方法は、開発するアプリケーションの状況によって異なります。

補足

  • 本解説は、Qt 5.15に基づいています。
  • 日本語の情報が少ない場合は、英語の情報も参照することをおすすめします。


QGraphicsItem::setCacheMode() のサンプルコード

デバイス座標系のキャッシュ

#include <Qt>

class MyItem : public QGraphicsItem {
public:
  MyItem() {
    // デバイス座標系のキャッシュを設定
    setCacheMode(QGraphicsItem::DeviceCoordinateCache);

    // アイテムの初期化
    ...
  }

protected:
  void paint(QPainter *painter, const QStyleOptionGraphicsItem *option, QWidget *widget) override {
    // アイテムの描画処理
    ...
  }
};

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QGraphicsScene scene;

  // MyItemのインスタンスを作成してシーンに追加
  MyItem *item = new MyItem;
  scene.addItem(item);

  QGraphicsView view(&scene);
  view.show();

  return app.exec();
}

アイテム座標系のキャッシュ

#include <Qt>

class MyItem : public QGraphicsItem {
public:
  MyItem() {
    // アイテム座標系のキャッシュを設定
    setCacheMode(QGraphicsItem::ItemCoordinateCache);

    // アイテムの初期化
    ...
  }

protected:
  void paint(QPainter *painter, const QStyleOptionGraphicsItem *option, QWidget *widget) override {
    // アイテムの描画処理
    ...
  }
};

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QGraphicsScene scene;

  // MyItemのインスタンスを作成してシーンに追加
  MyItem *item = new MyItem;
  scene.addItem(item);

  QGraphicsView view(&scene);
  view.show();

  return app.exec();
}

キャッシュを使用しない

#include <Qt>

class MyItem : public QGraphicsItem {
public:
  MyItem() {
    // キャッシュを使用しない
    setCacheMode(QGraphicsItem::NoCache);

    // アイテムの初期化
    ...
  }

protected:
  void paint(QPainter *painter, const QStyleOptionGraphicsItem *option, QWidget *widget) override {
    // アイテムの描画処理
    ...
  }
};

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QGraphicsScene scene;

  // MyItemのインスタンスを作成してシーンに追加
  MyItem *item = new MyItem;
  scene.addItem(item);

  QGraphicsView view(&scene);
  view.show();

  return app.exec();
}


QGraphicsItem::setCacheMode() 以外の方法

QGraphicsItem::boundingRect()は、アイテムの境界矩形を返します。この矩形は、アイテムが描画される領域を決定するために使用されます。boundingRect()の計算コストを削減することで、描画パフォーマンスを向上させることができます。

QGraphicsItem::paint()は、アイテムを描画する仮想関数です。この関数をオーバーライドして、描画処理を最適化することができます。

QGraphicsItem::setFlags()を使用して、アイテムの描画フラグを設定することができます。これらのフラグを使用して、アイテムの描画を無効化したり、特定の描画効果を無効化したりすることができます。

QGraphicsScene::items()を使用して、シーン内のすべてのアイテムを取得することができます。このリストを反復処理して、各アイテムの描画フラグを設定したり、その他の最適化を行うことができます。

QGraphicsView::setRenderHint()を使用して、ビューのレンダリングヒントを設定することができます。これらのヒントを使用して、アンチエイリアシングやピクセル化などの描画効果を制御することができます。




QOpenGLFramebufferObjectクラスとglFramebufferTexture()の比較

QOpenGLExtraFunctions::glFramebufferTexture()は、Qt GUIフレームワークでOpenGLフレームバッファオブジェクトにテクスチャを添付するための関数です。これは、Qtの標準機能ではないOpenGL拡張機能を利用するため、QOpenGLExtraFunctionsクラスが必要です。



Qt GUI プログラミング:QRegion::rectCount() 関数で矩形領域をマスター

QRegion オブジェクトは、複数の矩形領域をまとめて扱うためのクラスです。例えば、ウィンドウの一部を透明化したり、複雑な形状のマスクを作成したりする際に使用されます。QRegion::rectCount() 関数は、以下の情報を提供します。


Qt GUIにおけるQInputMethodQueryEvent::setValue()とは?

QInputMethodQueryEvent::setValue()は、Qt GUIフレームワークにおいて、入力メソッドとの通信に用いられるイベントクラスQInputMethodQueryEventのメンバー関数です。この関数は、入力メソッドに対して、ウィジェットの状態やユーザー入力に関する情報を提供するために使用されます。


Qt GUIプログラミングの必須テクニック:QTextLayout::drawCursor()でカーソルをカスタマイズ

QTextLayout::drawCursor() 関数は、Qt GUI においてテキストレイアウトにカーソルを描画するために使用されます。この関数は、ペインター、カーソル位置、オプションのカーソル幅の引数を受け取ります。機能drawCursor() 関数は、以下の機能を提供します。


Qt GUIでタブの位置を制御するその他の方法:スタイルシート、レイアウトマネージャー、カスタムウィジェットなど

Qt GUIライブラリにおけるTab::positionプロパティは、QTabWidgetウィジェット内の個々のタブの位置を制御するために使用されます。このプロパティは、タブの左端がウィジェット内のどの位置から始まるかを整数値で表します。デフォルト値は80で、タブは左端に配置されます。



Qt WidgetsにおけるQProxyStyle::styleHint()徹底解説

QProxyStyle::styleHint()は、Qt Widgetsにおける重要な関数の一つです。この関数は、ウィジェットのスタイルヒントを取得するために使用されます。スタイルヒントは、ウィジェットの外観や動作をどのように変更するかを決定するために使用されます。


Qt GUI の QTextBlock::operator<() とは?

other: 比較対象となる QTextBlock オブジェクトtrue: 呼び出し元のブロックが other より前に現れる場合QTextBlock::operator<() は、以下の要素に基づいて 2 つのブロックを比較します。ブロックの位置: テキストドキュメント内のブロックの開始位置に基づいて比較されます。開始位置が早いブロックの方が先に現れると判断されます。


Qt GUI プログラミング:QTextCursor::hasSelection() を使ったサンプルコード集

QTextCursor::hasSelection() は、Qt GUI フレームワークにおけるテキスト編集機能の重要な関数です。この関数は、テキストカーソルが選択範囲を持っているかどうかを判断するために使用されます。選択範囲とは、テキストエディタで強調表示されているテキスト部分のことです。


Qt GUIにおけるデバイスピクセル比とQPaintDevice::devicePixelRatioF()

概要役割: デバイスピクセル比を取得引数: なし戻り値: デバイスピクセル比 (qreal型)使用例: 高解像度ディスプレイでピクセル単位の描画を正確に行う詳細解説Qt GUIでは、画面上の描画は論理ピクセル単位で行われます。論理ピクセルは、デバイスに依存しない抽象的な単位です。一方、物理ピクセルは、実際のディスプレイ画面上のピクセルを表します。


Qt Widgetsでアイテムダブルクリックをキャッチ!QAbstractItemView::doubleClicked()の使い方

QAbstractItemView::doubleClicked()は、Qt WidgetsにおけるModel/Viewフレームワークで使用される重要なシグナルです。このシグナルは、ユーザーがアイテムをダブルクリックしたときにemitされ、クリックされたアイテムに関する情報を提供します。