QGraphicsSceneContextMenuEvent::scenePos() 関数の詳細解説

2024-04-02

Qt WidgetsにおけるQGraphicsSceneContextMenuEvent::scenePos()の解説

QGraphicsSceneContextMenuEventクラスは、QGraphicsSceneクラス上で発生する右クリックイベント情報を格納するために使用されます。**scenePos()**関数は、このイベント情報から、マウスの右クリックが押されたシーン上の座標を取得します。

**scenePos()**関数の使い方は以下の通りです。

QPointF scenePos() const;

この関数は、QPointF型の値を返します。QPointFは、2D空間における点の位置を表すクラスです。scenePos()関数によって返されるQPointFオブジェクトは、イベント発生時のシーン上のX座標とY座標を格納しています。

**scenePos()**関数の使用例は以下の通りです。

void MyGraphicsView::contextMenuEvent(QGraphicsSceneContextMenuEvent *event)
{
  QPointF scenePos = event->scenePos();
  // ...
}

この例では、MyGraphicsViewクラスの**contextMenuEvent()**仮想関数をオーバーライドしています。この関数内で、**scenePos()**関数を使用して、イベント発生時のシーン座標を取得しています。

**scenePos()**関数は、以下の状況で役立ちます。

  • 右クリックされたアイテムを取得したい場合
  • 右クリックされた場所に基づいてメニューを表示したい場合
  • 右クリックされた場所に基づいてアクションを実行したい場合

**scenePos()**関数を使用する際には、以下の点に注意する必要があります。

  • **scenePos()**関数は、QGraphicsSceneクラスの座標系に基づいて座標を返します。
  • QGraphicsViewクラスの**transform()**関数によって座標系が変換されている場合、**scenePos()**関数によって返される座標も変換されます。


Qt WidgetsにおけるQGraphicsSceneContextMenuEvent::scenePos()の使用例

サンプルコード1:右クリックされたアイテムを取得する

void MyGraphicsView::contextMenuEvent(QGraphicsSceneContextMenuEvent *event)
{
  QPointF scenePos = event->scenePos();
  QGraphicsItem *item = scene()->itemAt(scenePos, Qt::HitTest::InItemFlag);
  if (item) {
    // 右クリックされたアイテムに対する処理
  } else {
    // シーン上で何もクリックされていない場合の処理
  }
}
void MyGraphicsView::contextMenuEvent(QGraphicsSceneContextMenuEvent *event)
{
  QPointF scenePos = event->scenePos();
  QMenu menu;
  // メニュー項目の追加
  menu.addAction("アイテムを追加");
  menu.addAction("アイテムを削除");
  menu.exec(mapToGlobal(scenePos.toPoint()));
}

このコードは、右クリックされた場所に基づいてメニューを表示する例です。

サンプルコード3:右クリックされた場所に基づいてアクションを実行する

void MyGraphicsView::contextMenuEvent(QGraphicsSceneContextMenuEvent *event)
{
  QPointF scenePos = event->scenePos();
  if (event->modifiers() & Qt::ShiftModifier) {
    // シフトキーが押されている場合のアクション
  } else {
    // シフトキーが押されていない場合のアクション
  }
}

このコードは、右クリックされた場所に基づいて、シフトキーの状態に応じて異なるアクションを実行する例です。

これらのサンプルコードは、あくまでも参考例です。実際の使用例に合わせて、コードを修正する必要があります。



Qt WidgetsにおけるQGraphicsSceneContextMenuEvent::scenePos()の代替方法

**QGraphicsScene::mousePressEvent()**仮想関数をオーバーライドし、イベント発生時のシーン座標を取得することができます。

void MyGraphicsScene::mousePressEvent(QGraphicsSceneMouseEvent *event)
{
  if (event->button() == Qt::RightButton) {
    QPointF scenePos = event->scenePos();
    // ...
  }
}

**mousePressEvent()**関数は、マウスの左ボタンだけでなく、右ボタンを含むすべてのボタン押下イベントを受け取ります。

**QGraphicsItem::contextMenuEvent()**仮想関数をオーバーライドし、イベント発生時のシーン座標を取得することができます。

void MyGraphicsItem::contextMenuEvent(QGraphicsSceneContextMenuEvent *event)
{
  QPointF scenePos = event->scenePos();
  // ...
}

**contextMenuEvent()**関数は、右クリックイベントを受け取り、イベント発生時のアイテム情報を取得することができます。

QMouseEvent::pos()を使用する

**QMouseEvent::pos()**関数を使用して、イベント発生時のウィジェット上の座標を取得することができます。その後、**QGraphicsView::mapToScene()**関数を使用して、ウィジェット座標をシーン座標に変換することができます。

void MyGraphicsView::contextMenuEvent(QGraphicsSceneContextMenuEvent *event)
{
  QMouseEvent *mouseEvent = event->mouseEvent();
  QPointF scenePos = mapToScene(mouseEvent->pos());
  // ...
}

**QMouseEvent::pos()**関数は、QGraphicsSceneContextMenuEventクラスではなく、QMouseEventクラスから取得する必要があります。

  • シーン上のすべての右クリックイベントを処理したい場合は、**QGraphicsScene::mousePressEvent()**を使用するのが最も効率的です。
  • 特定のアイテムに対する右クリックイベントのみを処理したい場合は、**QGraphicsItem::contextMenuEvent()**を使用するのが最も簡単です。
  • イベント発生時のウィジェット上の座標も必要である場合は、**QMouseEvent::pos()QGraphicsView::mapToScene()**関数を組み合わせて使用する必要があります。