Qt Widgets: QInputDialog::setIntRange()の使い方

2024-04-02

Qt WidgetsにおけるQInputDialog::setIntRange()の解説

使用例

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // 最小値と最大値を指定
  int minValue = 10;
  int maxValue = 100;

  // QInputDialogオブジェクトを作成
  QInputDialog dialog;

  // ダイアログのタイトルとラベルを設定
  dialog.setWindowTitle("整数値入力");
  dialog.setLabelText("10から100までの整数値を入力してください:");

  // setIntRange()を使用して、最小値と最大値を設定
  dialog.setIntRange(minValue, maxValue);

  // ダイアログを表示
  int ok = dialog.exec();

  // ユーザーが入力した値を取得
  int value = dialog.intValue();

  if (ok) {
    // ユーザーがOKボタンをクリックした場合
    qDebug() << "入力された値:" << value;
  } else {
    // ユーザーがキャンセルボタンをクリックした場合
    qDebug() << "キャンセルされました";
  }

  return 0;
}

オプション

  • ステップ値: setIntRange(minValue, maxValue, step)のように3番目の引数にステップ値を指定することで、ユーザーが入力できる値の間隔を指定できます。

  • デフォルト値: setIntRange(minValue, maxValue, step, defaultValue)のように4番目の引数にデフォルト値を指定することで、ダイアログが最初に表示されたときに表示される値を設定できます。

  • 入力値の検証: setValidator(validator)のようにQValidatorオブジェクトを設定することで、ユーザーが入力できる値をさらに制限できます。

補足

  • 上記の例では、qDebug()を使用してコンソールに出力していますが、実際のアプリケーションでは、入力された値を処理するために別の方法を使用する必要があります。
  • ダイアログのタイトルやラベル、ボタンのテキストなどは、必要に応じて変更できます。


Qt WidgetsにおけるQInputDialog::setIntRange()のサンプルコード

最小値と最大値のみを指定

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // 最小値と最大値を指定
  int minValue = 10;
  int maxValue = 100;

  // QInputDialogオブジェクトを作成
  QInputDialog dialog;

  // ダイアログのタイトルとラベルを設定
  dialog.setWindowTitle("整数値入力");
  dialog.setLabelText("10から100までの整数値を入力してください:");

  // setIntRange()を使用して、最小値と最大値を設定
  dialog.setIntRange(minValue, maxValue);

  // ダイアログを表示
  int ok = dialog.exec();

  // ユーザーが入力した値を取得
  int value = dialog.intValue();

  if (ok) {
    // ユーザーがOKボタンをクリックした場合
    qDebug() << "入力された値:" << value;
  } else {
    // ユーザーがキャンセルボタンをクリックした場合
    qDebug() << "キャンセルされました";
  }

  return 0;
}

ステップ値を指定

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // 最小値、最大値、ステップ値を指定
  int minValue = 10;
  int maxValue = 100;
  int stepValue = 5;

  // QInputDialogオブジェクトを作成
  QInputDialog dialog;

  // ダイアログのタイトルとラベルを設定
  dialog.setWindowTitle("整数値入力");
  dialog.setLabelText("10から100までの整数値を入力してください (5刻み):");

  // setIntRange()を使用して、最小値、最大値、ステップ値を設定
  dialog.setIntRange(minValue, maxValue, stepValue);

  // ダイアログを表示
  int ok = dialog.exec();

  // ユーザーが入力した値を取得
  int value = dialog.intValue();

  if (ok) {
    // ユーザーがOKボタンをクリックした場合
    qDebug() << "入力された値:" << value;
  } else {
    // ユーザーがキャンセルボタンをクリックした場合
    qDebug() << "キャンセルされました";
  }

  return 0;
}

デフォルト値を指定

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // 最小値、最大値、デフォルト値を指定
  int minValue = 10;
  int maxValue = 100;
  int defaultValue = 50;

  // QInputDialogオブジェクトを作成
  QInputDialog dialog;

  // ダイアログのタイトルとラベルを設定
  dialog.setWindowTitle("整数値入力");
  dialog.setLabelText("10から100までの整数値を入力してください (デフォルトは50):");

  // setIntRange()を使用して、最小値、最大値、デフォルト値を設定
  dialog.setIntRange(minValue, maxValue, defaultValue);

  // ダイアログを表示
  int ok = dialog.exec();

  // ユーザーが入力した値を取得
  int value = dialog.intValue();

  if (ok) {
    // ユーザーがOKボタンをクリックした場合
    qDebug() << "入力された値:" << value;
  } else {
    // ユーザーがキャンセルボタンをクリックした場合
    qDebug() << "キャンセルされました";
  }

  return 0;
}

入力値の検証

#include <QtWidgets>
#include <QtCore>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // 最小値と最大値を指定
  int minValue = 10;
  int maxValue = 100;

  // QIntValidatorオブジェクトを作成
  QIntValidator validator(minValue, maxValue);

  // QInputDialogオブジェクトを作成
  QInputDialog dialog;

  // ダイアログのタイトルとラベルを設定
  dialog.setWindowTitle("整数値入力");
  dialog.setLabelText("10から100までの整数値を入力してください:");

  // setIntRange()を使用して、最小値と最大値を設定
  dialog.setIntRange(minValue, maxValue);

  // setValidator()を使用して、入力値の検証を設定
  dialog.setValidator(&validator);



Qt Widgetsで整数値を入力させる他の方法

QSpinBox

QSpinBoxは、スピンボタンを使って値を増加または減少させることができるウィジェットです。

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // 最小値と最大値を指定
  int minValue = 10;
  int maxValue = 100;

  // QSpinBoxオブジェクトを作成
  QSpinBox spinBox;

  // 最小値と最大値を設定
  spinBox.setRange(minValue, maxValue);

  // ウィジェットを表示
  spinBox.show();

  return 0;
}

QSlider

QSliderは、スライダーを使って値を調整できるウィジェットです。

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // 最小値と最大値を指定
  int minValue = 10;
  int maxValue = 100;

  // QSliderオブジェクトを作成
  QSlider slider;

  // スライダーの向きを設定
  slider.setOrientation(Qt::Horizontal);

  // 最小値と最大値を設定
  slider.setRange(minValue, maxValue);

  // ウィジェットを表示
  slider.show();

  return 0;
}

QLineEdit

QLineEditは、テキストを入力できるウィジェットです。

#include <QtWidgets>
#include <QtCore>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // 最小値と最大値を指定
  int minValue = 10;
  int maxValue = 100;

  // QLineEditオブジェクトを作成
  QLineEdit lineEdit;

  // 入力値の検証を設定
  QIntValidator validator(minValue, maxValue);
  lineEdit.setValidator(&validator);

  // ウィジェットを表示
  lineEdit.show();

  return 0;
}

カスタムウィジェット

これらの方法以外にも、独自のウィジェットを作成して、整数値を入力させることができます。

  • 簡単な方法で整数値を入力させる場合は、**QInputDialog::setIntRange()**を使用するのがおすすめです。
  • ユーザーが値を簡単に調整できるようにしたい場合は、QSpinBoxまたはQSliderを使用するのがおすすめです。
  • 入力値を検証する必要がある場合は、QLineEditQValidatorを組み合わせて使用する必要があります。
  • より複雑な要件がある場合は、カスタムウィジェットを作成する必要があります。

補足

  • 上記の例では、最小値と最大値を指定していますが、これらの値は必要に応じて変更できます。
  • ウィジェットの外観は、スタイルシートを使用してカスタマイズできます。



QPainter::restore() をマスターして、Qt GUI プログラミングをレベルアップ

QPainter::restore() は、直前にQPainter::save() で保存した描画状態を復元します。具体的には、以下の設定が復元されます。ペン:色、幅、スタイル、描画モードなどブラシ:色、スタイル、描画モードなど座標変換:ワールド座標系とウィジェット座標系の変換



QSupportedWritingSystems::QSupportedWritingSystems() 関数のサンプルコード

QSupportedWritingSystems::QSupportedWritingSystems() は、Qt GUI アプリケーションで使用されるテキスト入力システム (TIS) に関する情報を提供する関数です。この関数は、特定のロケールや言語でサポートされている書記体系の一覧を取得するために使用できます。


Qt GUIで3D座標変換を自在に操る!QMatrix4x4::constData()関数の完全ガイド

**constData()**関数は、以下の役割を持ちます。4x4行列のデータへのconstポインタを取得取得したポインタは、行列の要素への読み取りアクセスに使用可能行列の要素の書き換えは許可されない関数宣言:戻り値:4x4行列のデータへのconstポインタ


Qt GUIにおけるQInputMethodEvent::preeditString()の詳細解説

QInputMethodEvent::preeditString()は、Qt GUIフレームワークにおいて、入力メソッドイベント処理に関連する重要な関数です。この関数は、入力中の文字列のプレエディット情報にアクセスし、その内容を取得するために使用されます。


QTextTableFormat::setAlignment() 関数の使い方

QTextTableFormat::setAlignment() は、Qt GUI でテキストテーブルの配置を設定するために使用する関数です。この関数は、テーブル内のテキストを水平方向と垂直方向にどのように配置するかを指定します。引数alignment : テキストの配置を指定する Qt::Alignment 型の値。



Qt Widgets: シーンサイズ変更イベントで過去の情報を利用する!QGraphicsSceneResizeEvent::oldSize()関数の徹底解説

QGraphicsSceneResizeEventは、QGraphicsSceneのサイズが変更されたときに発生するイベントです。このイベントは、**QGraphicsScene::resize()**関数によってシーンのサイズが変更されたとき、またはユーザーがウィンドウのサイズを変更したときに発生します。


QGestureEvent::gestures()メソッドの使い道

QGestureEvent::gestures()は、Qt Widgetsにおけるジェスチャイベントオブジェクトから、そのイベントに関連するすべてのジェスチャオブジェクトを取得するためのメソッドです。ジェスチャイベントは、タッチスクリーンやマウスなどの入力デバイスでユーザーが行ったジェスチャを表すイベントです。


Qt WidgetsにおけるQWidget::stackUnder()関数:ウィジェットのZオーダー制御

QWidget::stackUnder()関数は、ウィジェットを親ウィジェットのスタック内で別のウィジェットの下に配置するために使用されます。これは、ウィジェットの表示順序を変更したい場合に役立ちます。使い方stackUnder()関数は、以下の2つの引数を受け取ります。


Qt Widgets: QGraphicsPixmapItem::setShapeMode() 完全ガイド

QGraphicsPixmapItem::setShapeMode() は、Qt Widgets フレームワークにおける重要な関数の一つであり、QGraphicsPixmapItem オブジェクトの形状モードを設定するために使用されます。形状モードは、ピクセルマップアイテムの形状をどのように計算するかを決定します。


QFontDatabase::styles() 関数のサンプルコード

QFontDatabase::styles() 関数は、指定されたフォントファミリーが持つスタイルの一覧を取得します。Qt GUI アプリケーションで利用可能なフォントとそのスタイルを把握する上で重要な役割を果たします。機能QFontDatabase::styles() 関数は、以下の情報を提供します。