QKeySequenceクラスを使いこなして効率的なユーザーインターフェースを作成する

2024-04-02

Qt GUIにおけるQKeySequenceクラス

QKeySequenceの基本的な使い方

QKeySequenceを使用するには、まずキーの組み合わせを指定する必要があります。これは、以下の2つの方法で行えます。

  1. 文字列リテラルを使用する:
QKeySequence shortcut("Ctrl+C"); // コピーショートカット
  1. Qt::Key_ キーコードを使用する:*
QKeySequence shortcut(Qt::Key_Control | Qt::Key_C); // コピーショートカット

キーシーケンスを作成したら、それを以下の方法で使用できます。

  1. メニュー項目にショートカットを設定する:
QMenu menu;
QAction* action = new QAction("コピー", &menu);
action->setShortcut(QKeySequence("Ctrl+C"));
menu.addAction(action);
  1. アクションのショートカットを設定する:
QAction* action = new QAction("コピー");
action->setShortcut(QKeySequence("Ctrl+C"));
  1. イベントハンドラでキーシーケンスをチェックする:
void MainWindow::keyPressEvent(QKeyEvent* event) {
  if (event->key() == Qt::Key_C && event->modifiers() & Qt::ControlModifier) {
    // コピー処理を実行
  }
}

QKeySequenceの便利な機能

QKeySequenceクラスには、以下のような便利な機能があります。

  • キーシーケンスの文字列表現を取得する:
QString str = shortcut.toString(); // "Ctrl+C"
  • キーシーケンスが有効かどうかを確認する:
bool valid = shortcut.isValid(); // true
  • 別のキーシーケンスと比較する:
bool equal = shortcut == otherShortcut; // true
  • キーシーケンスをシリアル化する:
QByteArray data = shortcut.toByteArray();
  • シリアル化されたキーシーケンスを復元する:
QKeySequence shortcut = QKeySequence::fromByteArray(data);

QKeySequenceクラスは、Qt GUIアプリケーションでキーボードショートカットを処理するための強力なツールです。このクラスの基本的な使い方と便利な機能を理解することで、効率的なユーザーインターフェースを作成することができます。



Qt GUIにおけるQKeySequenceクラスのサンプルコード

メニュー項目にショートカットを設定する

#include <QtWidgets/QApplication>
#include <QtWidgets/QMainWindow>
#include <QtWidgets/QMenu>
#include <QtWidgets/QAction>

int main(int argc, char** argv) {
  QApplication app(argc, argv);

  QMainWindow window;

  // メニューの作成
  QMenu* menu = new QMenu("ファイル");
  window.menuBar()->addMenu(menu);

  // ショートカット付きのメニュー項目の作成
  QAction* action = new QAction("新規", &window);
  action->setShortcut(QKeySequence::New);
  menu->addAction(action);

  action = new QAction("開く", &window);
  action->setShortcut(QKeySequence::Open);
  menu->addAction(action);

  window.show();

  return app.exec();
}

アクションのショートカットを設定する

#include <QtWidgets/QApplication>
#include <QtWidgets/QPushButton>

int main(int argc, char** argv) {
  QApplication app(argc, argv);

  // ショートカット付きのボタンの作成
  QPushButton* button = new QPushButton("閉じる");
  button->setShortcut(QKeySequence::Close);
  button->show();

  return app.exec();
}

イベントハンドラでキーシーケンスをチェックする

#include <QtWidgets/QApplication>
#include <QtWidgets/QMainWindow>

int main(int argc, char** argv) {
  QApplication app(argc, argv);

  QMainWindow window;

  window.keyPressEvent(QKeyEvent* event) {
    if (event->key() == Qt::Key_C && event->modifiers() & Qt::ControlModifier) {
      // コピー処理を実行
    }
  }

  window.show();

  return app.exec();
}

キーシーケンスの文字列表現を取得する

#include <QtWidgets/QApplication>
#include <QtWidgets/QKeySequence>

int main(int argc, char** argv) {
  QApplication app(argc, argv);

  // キーシーケンスの作成
  QKeySequence shortcut("Ctrl+C");

  // 文字列表現の取得
  QString str = shortcut.toString();

  // 結果を出力
  qDebug() << str;

  return app.exec();
}

キーシーケンスが有効かどうかを確認する

#include <QtWidgets/QApplication>
#include <QtWidgets/QKeySequence>

int main(int argc, char** argv) {
  QApplication app(argc, argv);

  // キーシーケンスの作成
  QKeySequence shortcut("Ctrl+C");

  // 有効性の確認
  bool valid = shortcut.isValid();

  // 結果を出力
  qDebug() << valid;

  return app.exec();
}

別のキーシーケンスと比較する

#include <QtWidgets/QApplication>
#include <QtWidgets/QKeySequence>

int main(int argc, char** argv) {
  QApplication app(argc, argv);

  // キーシーケンスの作成
  QKeySequence shortcut1("Ctrl+C");
  QKeySequence shortcut2("Ctrl+V");

  // 比較
  bool equal = shortcut1 == shortcut2;

  // 結果を出力
  qDebug() << equal;

  return app.exec();
}

キーシーケンスをシリアル化する

#include <QtWidgets/QApplication>
#include <QtWidgets/QKeySequence>

int main(int argc, char** argv) {
  QApplication app(argc, argv);

  // キーシーケンスの作成
  QKeySequence shortcut("Ctrl+C");

  // シリアル化
  QByteArray data = shortcut.toByteArray


Qt GUIにおけるQKeySequenceクラスの使用例

メニュー項目に複数のショートカットを設定する

QAction* action = new QAction("コピー", &menu);
action->setShortcuts(QKeySequence::Copy);
action->setShortcuts(QKeySequence("Ctrl+C"));
menu->addAction(action);

キーシーケンスをコンテキストに応じて変更する

void MainWindow::keyPressEvent(QKeyEvent* event) {
  if (event->key() == Qt::Key_C) {
    if (event->modifiers() & Qt::ControlModifier) {
      // コピー処理を実行
    } else if (event->modifiers() & Qt::AltModifier) {
      // 貼り付け処理を実行
    }
  }
}

キーシーケンスを動的に変更する

QKeySequence shortcut;
shortcut = QKeySequence("Ctrl+C");

// 後で...

shortcut = QKeySequence("Ctrl+V");

QKeySequenceValidator を使用して入力制限を行う

QLineEdit* edit = new QLineEdit;
QKeySequenceValidator* validator = new QKeySequenceValidator(edit);
validator->addAcceptableShortcut(QKeySequence("Ctrl+C"));
validator->addAcceptableShortcut(QKeySequence("Ctrl+V"));
edit->setValidator(validator);

QShortcut を使用してグローバルショートカットを設定する

QShortcut* shortcut = new QShortcut(QKeySequence("Ctrl+Q"), &window);
shortcut->activated(); // ウィンドウを閉じる



QTextCharFormat::fontPointSize() メソッドの詳細解説

QTextCharFormat::fontPointSize() メソッドは、以下のプロパティを持ちます。戻り値: フォントサイズを表す浮動小数点数引数: size (省略可能): 設定するフォントサイズ。省略された場合は、現在のフォントサイズが返されます。



2次元ベクトルの距離計算:QVector2D::distanceToSquared()とlengthSquared()

QVector2D::lengthSquared() は、以下の様な場面で役立ちます。2つのベクトルの距離を計算するベクトルの長さを比較するベクトルの単位ベクトルを取得する円や球などの形状とベクトルの交差判定を行うQVector2D には、lengthSquared() の他に length() という関数も存在します。length() はベクトルの長さを返しますが、lengthSquared() はベクトルの長さの平方を返します。


スクロール開始位置を制御して、より自然なスクロール操作を実現: QScrollPrepareEvent::startPos() の応用例

QScrollPrepareEvent::startPos() は、Qt GUI フレームワークでスクロール処理に関わる重要な関数です。スクロール開始前のタッチまたはマウスイベントの位置を取得し、その後のスクロール動作を制御するために使用されます。


Qt GUIにおけるポインティングデバイスイベント処理のサンプルコード

QPointerEvent::pointerType() の役割QPointerEvent::pointerType() は、QPointerEvent クラスのメンバー関数です。QPointerEvent は、ポインティングデバイスからのイベントを表すクラスです。QPointerEvent::pointerType() は、このイベントを生成したポインティングデバイスの種類を QPointingDevice::PointerType 型の値として返します。


QTextDocumentクラスの徹底解説:Qt GUIで書式付きテキストをマスターする

QTextDocumentクラスは、Qt GUIにおける重要なクラスの一つであり、書式付きテキストを扱うための基盤を提供します。QTextEditのようなテキストエディタや、QTextBrowserのようなテキスト表示ウィジェットで使用されます。



QListWidgetItem::setSizeHint()を使いこなして、リストアイテムのレイアウトを自由自在に操ろう!

QListWidgetItem::setSizeHint() は、Qt WidgetsのQListWidgetで使用されるアイテムのサイズヒントを設定する関数です。この関数は、アイテムの推奨サイズをウィジェットに伝え、リスト内のアイテムのレイアウトを調整するために使用されます。


Qt GUI で番号付きリストの項目に文字列を追加するサンプルコード

QTextListFormat::setNumberSuffix() は、Qt GUI で番号付きリストの項目の後に表示される文字列を設定するための関数です。この関数を使うことで、リスト項目の番号の後にピリオドや括弧、その他の記号を追加することができます。


QListWidget::itemWidget()の代替方法:QAbstractItemView::setItemData()、QGraphicsView、QListView

QListWidget は、Qt Widgets モジュールで提供される、項目のリストを表示するウィジェットです。 QListWidget::itemWidget() は、リスト内の各項目にカスタムウィジェットを表示するために使用される関数です。


まとめ:QTextDocument::availableRedoSteps() 関数をマスターしてテキスト編集を快適に

QTextDocument::availableRedoSteps() 関数は、テキストドキュメントに対してやり直し可能な操作の数を取得するために使用されます。これは、ユーザーがテキスト編集中に誤った操作を行った場合に、元に戻す操作と同様に、やり直し操作を使用して誤操作を修正するのに役立ちます。


Qt GUIにおけるスクロール処理:QScrollPrepareEventを徹底解説

QScrollPrepareEvent::~QScrollPrepareEvent() は、QScrollPrepareEvent クラスのデストラクタです。デストラクタは、オブジェクトがスコープを外れた際に自動的に呼び出されます。このデストラクタは、イベントオブジェクトが不要になった際にメモリを解放するために使用されます。