Qt Widgetsでツールボタンスタイルを自在に操る:QMainWindow::toolButtonStyleChanged() の活用指南

2024-04-27

Qt WidgetsにおけるQMainWindow::toolButtonStyleChanged()の解説

QMainWindow::toolButtonStyleChanged()は、QMainWindowウィジェットのツールボタンスタイルが変更されたときにemitされるシグナルです。このシグナルは、アプリケーション全体の外観の一貫性を保つために、他のコンポーネントに接続することができます。

引数

toolButtonStyleChanged()シグナルは、新しいスタイルを表すQt::ToolButtonStyle型の引数を受け取ります。可能なスタイルは以下の通りです。

  • Qt::ToolButtonIconOnly: アイコンのみを表示します。
  • Qt::ToolButtonTextOnly: テキストのみを表示します。
  • Qt::ToolButtonIconText: アイコンとテキストの両方を表示します。
  • Qt::ToolButtonMenu: ボタンがメニューとして機能するようにします。

以下のコード例は、toolButtonStyleChanged()シグナルを接続して、メインウィンドウ内のすべてのツールボタンのスタイルをQt::ToolButtonTextOnlyに変更する方法を示しています。

void MainWindow::init() {
  connect(this, &QMainWindow::toolButtonStyleChanged, this, &MainWindow::onToolButtonStyleChanged);
}

void MainWindow::onToolButtonStyleChanged(Qt::ToolButtonStyle style) {
  for (QToolBar *toolbar : toolBars()) {
    for (QAction *action : toolbar->actions()) {
      action->setIconText(style == Qt::ToolButtonTextOnly);
    }
  }
}

補足

  • toolButtonStyleChanged()シグナルは、QMainWindowクラスのsetToolButtonStyle()メソッドを呼び出すことで発生します。
  • このシグナルは、QToolBarクラスのtoolButtonStyle()プロパティを変更することでも発生します。


Qt Widgets に関するサンプルコード集

Qt Widgets は、クロスプラットフォーム GUI アプリケーション開発のための C++ ライブラリです。豊富な機能と柔軟性を備えており、デスクトップアプリケーション、モバイルアプリケーション、組み込みシステムなど、さまざまな種類のアプリケーション開発に適しています。

このドキュメントでは、Qt Widgets でよく使用される機能のサンプルコードをいくつか紹介します。これらのコードは、Qt Widgets の基本的な概念を理解し、独自のアプリケーション開発を始めるのに役立ちます。

目次

  • 基本的なウィジェット
    • プッシュボタン
    • チェックボックス
    • ラジオボタン
    • テキスト入力欄
    • コンボボックス
    • リストウィジェット
    • テーブルウィジェット
    • スクロールバー
  • レイアウト
    • 水平レイアウト
    • 垂直レイアウト
    • グリッドレイアウト
    • フォームレイアウト
  • ダイアログ
    • メッセージボックス
    • ファイル選択ダイアログ
    • カラーパレットダイアログ
  • メニュー
    • メインメニュー
    • コンテキストメニュー
  • イベント処理
    • マウスイベント
    • キーボードイベント
  • シグナルとスロット
    • シグナルとスロットの接続
    • カスタムシグナルとスロット

基本的なウィジェット

プッシュボタン

#include <QApplication>
#include <QPushButton>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QPushButton button("クリックする");
  button.show();

  return app.exec();
}

チェックボックス

#include <QApplication>
#include <QCheckBox>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QCheckBox checkBox("同意する");
  checkBox.show();

  return app.exec();
}

ラジオボタン

#include <QApplication>
#include <QRadioButton>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QRadioButton radio1("オプション 1");
  QRadioButton radio2("オプション 2");

  radio1.show();
  radio2.show();

  return app.exec();
}

テキスト入力欄

#include <QApplication>
#include <QLineEdit>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QLineEdit lineEdit;
  lineEdit.show();

  return app.exec();
}

コンボボックス

#include <QApplication>
#include <QComboBox>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QComboBox comboBox;
  comboBox.addItem("アイテム 1");
  comboBox.addItem("アイテム 2");
  comboBox.addItem("アイテム 3");
  comboBox.show();

  return app.exec();
}

リストウィジェット

#include <QApplication>
#include <QListWidget>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QListWidget listWidget;
  listWidget.addItem("アイテム 1");
  listWidget.addItem("アイテム 2");
  listWidget.addItem("アイテム 3");
  listWidget.show();

  return app.exec();
}

テーブルウィジェット

#include <QApplication>
#include <QTableWidget>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  QTableWidget tableWidget;
  tableWidget.setColumnCount(3);
  tableWidget.setRowCount(5);

  for (int row = 0; row < 5; ++row) {
    for (int col = 0; col < 3; ++col) {
      QTableWidgetItem *item = new QTableWidgetItem(QString("行 %1 列 %2").arg(row + 1).arg(col + 1));
      tableWidget.setItem(row, col, item);
    }
  }

  tableWidget.show();

  return app.exec();
}

スクロールバー

#include <QApplication>
#include <QLabel>
#include <QScrollArea>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app


Qt WidgetsにおけるQMainWindow::toolButtonStyleChanged()シグナルを接続するその他の方法

Qt Lambda Expressions を使用すると、接続コードをより簡潔に記述することができます。以下の例では、toolButtonStyleChanged()シグナルを接続し、メインウィンドウ内のすべてのツールボタンのスタイルをQt::ToolButtonTextOnlyに変更する方法を示しています。

void MainWindow::init() {
  connect(this, &QMainWindow::toolButtonStyleChanged,
          [](Qt::ToolButtonStyle style) {
            for (QToolBar *toolbar : qApp->findChildren<QToolBar *>()) {
              for (QAction *action : toolbar->actions()) {
                action->setIconText(style == Qt::ToolButtonTextOnly);
              }
            }
          });
}

QMetaObject::connectSlotsByName() メソッドを使用すると、QObject サブクラス内のすべての SLOT() マクロでマークされたスロット関数を自動的にシグナルに接続することができます。以下の例では、toolButtonStyleChanged()シグナルを接続し、onToolButtonStyleChanged()スロット関数を呼び出す方法を示しています。

void MainWindow::init() {
  QMetaObject::connectSlotsByName(this);
}

void MainWindow::onToolButtonStyleChanged(Qt::ToolButtonStyle style) {
  for (QToolBar *toolbar : toolBars()) {
    for (QAction *action : toolbar->actions()) {
      action->setIconText(style == Qt::ToolButtonTextOnly);
    }
  }
}

シグナルとスロットのマクロを使用する

Qt には、シグナルとスロットを接続するためのマクロが用意されています。以下の例では、toolButtonStyleChanged()シグナルを接続し、onToolButtonStyleChanged()スロット関数を呼び出す方法を示しています。

void MainWindow::init() {
  QObject::connect(this, SIGNAL(toolButtonStyleChanged(Qt::ToolButtonStyle)),
                   this, SLOT(onToolButtonStyleChanged(Qt::ToolButtonStyle)));
}

void MainWindow::onToolButtonStyleChanged(Qt::ToolButtonStyle style) {
  for (QToolBar *toolbar : toolBars()) {
    for (QAction *action : toolbar->actions()) {
      action->setIconText(style == Qt::ToolButtonTextOnly);
    }
  }
}

Qt Model-View アーキテクチャを使用すると、シグナルとスロットをより柔軟に接続することができます。このアーキテクチャでは、モデルオブジェクトはデータを提供し、ビューオブジェクトはデータを視覚化します。モデルオブジェクトはシグナルをemitし、ビューオブジェクトはこれらのシグナルにスロットを接続してデータ変更を処理します。

QMainWindow は、モデルとビューの両方の役割を果たすことができます。ツールボタンスタイルが変更されたときに、toolButtonStyleChanged()シグナルをemitします。このシグナルは、QMainWindow 自身の内部ビューオブジェクトによって処理されることもあれば、外部のビューオブジェクトによって処理されることもあります。

QMainWindow::toolButtonStyleChanged()シグナルを接続するには、さまざまな方法があります。どの方法を使用するかは、個々のニーズと好みによって異なります。