Qt GUIにおけるポインティングデバイスイベント処理のサンプルコード

2024-04-02

Qt GUIにおけるQPointerEvent::pointerType()の解説

QPointerEvent::pointerType() の役割

QPointerEvent::pointerType() は、QPointerEvent クラスのメンバー関数です。QPointerEvent は、ポインティングデバイスからのイベントを表すクラスです。QPointerEvent::pointerType() は、このイベントを生成したポインティングデバイスの種類を QPointingDevice::PointerType 型の値として返します。

QPointingDevice::PointerType 型は、以下の値を持つ列挙型です。

  • Unknown: ポインティングデバイスの種類が不明
  • Mouse: マウス
  • TouchScreen: タッチスクリーン
  • Pen: ペン
  • Stylus: スタイラス
  • Eraser: 消しゴム
  • Airbrush: エアブラシ
  • Puck: パック
  • Finger:
  • IndirectStylus: 間接スタイラス

QPointerEvent::pointerType() は、以下のように使用できます。

QPointerEvent *event = new QPointerEvent(QEvent::MouseMove, ...);
QPointingDevice::PointerType pointerType = event->pointerType();

switch (pointerType) {
case QPointingDevice::Mouse:
    // マウスイベント処理
    break;
case QPointingDevice::TouchScreen:
    // タッチスクリーンイベント処理
    break;
case QPointingDevice::Pen:
    // ペンイベント処理
    break;
    ...
}

この例では、QPointerEvent オブジェクトを作成し、その pointerType() メソッドを使用してポインティングデバイスの種類を取得しています。その後、取得した種類に応じて、イベント処理を分岐させています。

QPointerEvent::pointerType() を使用すると、以下の利点があります。

  • デバイスの種類に依存しないイベント処理: デバイスの種類に依存せずに、イベント処理を統一することができます。
  • マルチデバイス対応: 複数のポインティングデバイスを同時にサポートすることができます。
  • 将来のデバイスへの対応: 将来登場する新しいポインティングデバイスにも対応することができます。

QPointerEvent::pointerType() は、Qt GUIにおける重要な関数の一つです。これは、ポインティングデバイスの種類を取得するために使用されます。QPointerEvent::pointerType() を使用することで、デバイスの種類に依存しないイベント処理を実現することができます。



Qt GUIにおけるQPointerEvent::pointerType()のサンプルコード

マウスイベントとタッチスクリーンイベントの処理

void MyWidget::mouseMoveEvent(QMouseEvent *event)
{
    // マウスイベント処理
    ...

    if (event->pointerType() == QPointingDevice::TouchScreen) {
        // タッチスクリーンイベント処理
        ...
    }
}

ペンイベントとスタイラスイベントの処理

void MyWidget::tabletEvent(QTabletEvent *event)
{
    if (event->pointerType() == QPointingDevice::Pen) {
        // ペンイベント処理
        ...
    } else if (event->pointerType() == QPointingDevice::Stylus) {
        // スタイラスイベント処理
        ...
    }
}

この例では、tabletEvent() ハンドラー内で、イベントのポインティングデバイスの種類をチェックしています。ペンイベントとスタイラスイベントで処理内容を分岐させています。

すべてのポインティングデバイスイベントの処理

void MyWidget::pointerEvent(QPointerEvent *event)
{
    switch (event->pointerType()) {
    case QPointingDevice::Mouse:
        // マウスイベント処理
        break;
    case QPointingDevice::TouchScreen:
        // タッチスクリーンイベント処理
        break;
    case QPointingDevice::Pen:
        // ペンイベント処理
        break;
    case QPointingDevice::Stylus:
        // スタイラスイベント処理
        break;
    case QPointingDevice::Eraser:
        // 消しゴムイベント処理
        break;
    case QPointingDevice::Airbrush:
        // エアブラシイベント処理
        break;
    case QPointingDevice::Puck:
        // パックイベント処理
        break;
    case QPointingDevice::Finger:
        // 指イベント処理
        break;
    case QPointingDevice::IndirectStylus:
        // 間接スタイラスイベント処理
        break;
    default:
        // 不明なデバイスイベント処理
        break;
    }
}

この例では、pointerEvent() ハンドラー内で、イベントのポインティングデバイスの種類ごとに処理を分岐させています。すべてのポインティングデバイスイベントに対応することができます。

QPointingDevice::pressure() の使用

void MyWidget::pointerEvent(QPointerEvent *event)
{
    if (event->pointerType() == QPointingDevice::Pen) {
        // ペンイベント処理
        float pressure = event->pressure();
        ...
    }
}

この例では、ペンイベントの圧力情報を取得するために、QPointingDevice::pressure() メソッドを使用しています。

QPointingDevice::tilt() の使用

void MyWidget::pointerEvent(QPointerEvent *event)
{
    if (event->pointerType() == QPointingDevice::Pen) {
        // ペンイベント処理
        QPointF tilt = event->tilt();
        ...
    }
}

この例では、ペンイベントの傾き情報を取得するために、QPointingDevice::tilt() メソッドを使用しています。

QPointerEvent::pointerType() は、Qt GUIにおける重要な関数です。この関数を使用して、ポインティングデバイスの種類を取得し、デバイス



Qt GUIにおけるポインティングデバイスの種類を取得する他の方法

QGuiApplication::inputDevice()

QPointingDevice *device = QGuiApplication::inputDevice();
QPointingDevice::PointerType pointerType = device->pointerType();

この方法では、QGuiApplication::inputDevice() 関数を使用して、現在の入力デバイスを取得します。その後、そのデバイスの pointerType() メソッドを使用して、種類を取得します。

QEvent::type()

void MyWidget::event(QEvent *event)
{
    if (event->type() == QEvent::Pointer) {
        QPointerEvent *pointerEvent = static_cast<QPointerEvent*>(event);
        QPointingDevice::PointerType pointerType = pointerEvent->pointerType();
        ...
    }
}

この方法では、イベントオブジェクトの type() メソッドを使用して、イベントの種類をチェックします。イベントの種類が QEvent::Pointer の場合は、イベントを QPointerEvent 型にキャストし、pointerType() メソッドを使用して種類を取得します。

QInputEvent::device()

void MyWidget::mouseMoveEvent(QMouseEvent *event)
{
    QPointingDevice *device = event->device();
    QPointingDevice::PointerType pointerType = device->pointerType();
    ...
}

この方法では、イベントオブジェクトの device() メソッドを使用して、イベントを生成したデバイスを取得します。その後、そのデバイスの pointerType() メソッドを使用して、種類を取得します。

QTabletEvent::device()

void MyWidget::tabletEvent(QTabletEvent *event)
{
    QPointingDevice *device = event->device();
    QPointingDevice::PointerType pointerType = device->pointerType();
    ...
}

この方法では、タブレットイベントオブジェクトの device() メソッドを使用して、イベントを生成したデバイスを取得します。その後、そのデバイスの pointerType() メソッドを使用して、種類を取得します。

QPointerEvent::pointerType() 以外にも、いくつかの方法でポインティングデバイスの種類を取得することができます。どの方法を使用するかは、状況によって異なります。