【初心者向け】Qt Widgetsでタブ付きUIを実現!QStackedLayoutの使い方を徹底解説

2024-05-12

Qt Widgets の QStackedLayout::StackingMode について

QStackedLayout は、複数のウィジェットを積み重ねて表示する Qt Widgets のレイアウトクラスです。 StackingMode プロパティは、積み重ねたウィジェットの表示方法を制御します。

StackingMode には 2 つの値があります。

  • StackOne: これはデフォルト値であり、現在選択されているウィジェットのみが表示されます。他のウィジェットは非表示になります。
  • StackAll: すべてのウィジェットが表示されます。現在選択されているウィジェットは、他のウィジェットの上に重ねられます。

以下の例は、StackingMode プロパティを使用して、QStackedLayout に 3 つのウィジェットを追加する方法を示します。

QStackedLayout *layout = new QStackedLayout;

// 3つのウィジェットを作成
QWidget *widget1 = new QWidget;
QWidget *widget2 = new QWidget;
QWidget *widget3 = new QWidget;

// ウィジェットをレイアウトに追加
layout->addWidget(widget1);
layout->addWidget(widget2);
layout->addWidget(widget3);

// 最初のウィジェットを選択
layout->setCurrentIndex(0);

// StackingMode を StackAll に設定
layout->setStackingMode(QStackedLayout::StackAll);

この例では、3 つのウィジェットがすべて表示されます。 widget1 が最初に選択され、他の 2 つのウィジェットの上に重ねられます。

StackingMode プロパティは、さまざまな目的で使用できます。

  • タブ付きインターフェースの作成: StackingMode を使用して、タブ付きインターフェースを作成できます。各タブは、QStackedLayout に追加されたウィジェットを表します。
  • ウィジェットの切り替え: StackingMode を使用して、ウィジェットを切り替えることができます。たとえば、ボタンをクリックすると、StackingMode を使用して別のウィジェットを表示できます。
  • オーバーレイの作成: StackingMode を使用して、オーバーレイを作成できます。たとえば、StackingMode を使用して、エラーメッセージを表示するオーバーレイを作成できます。

QStackedLayout::StackingMode プロパティは、複数のウィジェットを積み重ねて表示する QStackedLayout の方法を制御するのに役立ちます。 StackingMode プロパティを使用して、タブ付きインターフェース、ウィジェットの切り替え、オーバーレイなどを作成できます。



いろいろなサンプルコード

  • 特定の機能(ボタンのクリック、ファイルの読み込みなど)を実現するためのコード
  • 特定のライブラリやフレームワークの使い方
  • よくあるプログラミングの課題を解決する方法

具体的な質問がない場合は、以下のカテゴリからサンプルコードを選択できます。

基本的なプログラミング

  • 入出力
  • 条件分岐
  • ループ
  • 関数
  • データ型

オブジェクト指向プログラミング

  • クラスとオブジェクト
  • 継承
  • ポリモーフィズム
  • インターフェースと抽象クラス

データ構造

  • 配列
  • リスト
  • スタック
  • キュー
  • ハッシュテーブル

アルゴリズム

  • 検索
  • ソート
  • マージ
  • 分割統治

その他

  • ネットワークプログラミング
  • グラフィックプログラミング
  • ゲーム開発
  • 機械学習


「他の方法」とは、何を指しているのでしょうか?

具体的に教えていただければ、より的確な回答ができます。

例えば、以下のような質問であれば、より具体的な回答ができます。

  • ある問題を解決する他の方法
  • あるタスクを実行する他の方法
  • ある情報を取得する他の方法
  • ある場所にアクセスする他の方法
  • あるものを表現する他の方法

具体的な質問がない場合は、以下の方法を試してみてください。

  • 質問を言い換える
  • より多くの情報を提供する
  • 類似の質問をしてみる
  • 別の言葉で検索してみる



Qt GUIで入力エラーを防ぐ:QValidatorの使い方

概要QValidator::~QValidator() は、Qt GUIにおける入力検証クラス QValidator のデストラクタ関数です。この関数は、QValidator オブジェクトが破棄されるときに自動的に呼び出され、オブジェクトが占有していたメモリなどのリソースを解放します。



Qt GUIプログラミングにおけるVulkanスワップチェーンイメージビュー:応用例とベストプラクティス

QVulkanWindow::swapChainImageView()関数は、Vulkanスワップチェーンイメージに対応するイメージビューを取得するために使用されます。イメージビューは、シェーダープログラムでテクスチャとしてサンプリングしたり、レンダリングターゲットとして使用したりするために必要なオブジェクトです。


QTextTableCell::QTextTableCell()を使いこなして、Qt GUIで美しい表を作成しよう

概要役割: QTextTable 内のセルを構築引数: なし戻り値: QTextTableCell オブジェクト詳細このコンストラクタは、デフォルトで空のセルを生成します。 セル内にテキストや画像などを配置するには、以下の setter メソッドを使用します。


Qt GUIにおけるQStandardItem::type()とは?

QStandardItem クラスは、モデル/ビューアーフレームワークで使用されるアイテムを表すクラスです。モデル/ビューアーフレームワークは、ツリービューやテーブルビューなどの複雑なユーザーインターフェースを構築するための強力なツールです。


Qt GUIにおける QSurfaceFormat::setStencilBufferSize() の詳細解説

QSurfaceFormat::setStencilBufferSize() は、Qt GUI アプリケーションでステンシルバッファのサイズを設定するために使用する関数です。ステンシルバッファは、ピクセルごとに 1 ビットの情報を持つバッファで、主に以下の用途で使用されます。



Qt Widgets でジェスチャーのキャンセルポリシーを動的に変更する

QGesture::gestureCancelPolicy は、ジェスチャーが認識されたときに、他のジェスチャーをどのように処理するかを制御するプロパティです。以下の 2 つの値を設定できます。CancelNone: 既にあるジェスチャーは影響を受けません。


Qt Widgets の外観をカスタマイズ:QWidget::styleSheet の詳細解説

Qt Widgetsは、QtフレームワークにおけるGUI構築のためのC++クラスライブラリです。QWidget::styleSheetプロパティは、ウィジェットの外観をカスタマイズするための強力なツールです。このプロパティは、CSSに似たスタイルシート言語を使用して、ウィジェットのフォント、色、背景、境界線などを制御できます。


Qt Widgets開発者必見!QScrollBar::mousePressEvent()を使いこなして、ユーザーインターフェースをレベルアップしよう

QScrollBar::mousePressEvent()は、Qt Widgetsフレームワークにおける重要なイベントハンドラーです。これは、ユーザーがスクロールバーをクリックしたときに呼び出され、スクロールバーの動作を制御するために使用できます。


QTextLine::textLength() 関数を使う際のトラブルシューティング

QTextLine::textLength() 関数は、Qt GUI のテキスト処理機能において、テキスト行の長さを取得するために使用されます。この関数は、テキストレンダリングエンジンである QTextEngine クラスによって提供されます。


Qt Widgetsでカラーマップを自在に操るためのテクニック集:QColormapクラス活用ガイド

本解説では、QColormapクラスの機能と使用方法を、初心者にも分かりやすく丁寧に解説します。QColormapは、Qt Widgetsフレームワークにおけるカラーマップを表現するクラスです。カラーマップは、複数のQColorオブジェクトを連続的に並べたものであり、データの視覚化や画像処理などに使用されます。