Qt GUIにおけるQStandardItem::type()とは?

2024-04-02

Qt GUIにおけるQStandardItem::type()

QStandardItem クラスは、モデル/ビューアーフレームワークで使用されるアイテムを表すクラスです。モデル/ビューアーフレームワークは、ツリービューやテーブルビューなどの複雑なユーザーインターフェースを構築するための強力なツールです。

QStandardItem::type() は、アイテムに関連付けられたデータ型を知る必要がある場合に便利です。例えば、アイテムに数値データが含まれているかどうかを確認したい場合、次のように QStandardItem::type() を使用できます。

if (item->type() == QStandardItem::Type::Int) {
  // アイテムには数値データが含まれています
} else {
  // アイテムには数値データが含まれていません
}

QStandardItem::type() は、次のデータ型を返すことができます。

  • QStandardItem::Type::String:アイテムには文字列データが含まれています。
  • QStandardItem::Type::Bool:アイテムにはブール値が含まれています。
  • QStandardItem::Type::Pixmap:アイテムにはピクセルマップが含まれています。
  • QStandardItem::Type::KeySequence:アイテムにはキーシーケンスが含まれています.


Qt GUIにおけるQStandardItem::type()のサンプルコード

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // アイテムを作成
  QStandardItem *item = new QStandardItem("123");

  // アイテムのデータ型を確認
  if (item->type() == QStandardItem::Type::Int) {
    // アイテムには数値データが含まれています
    qDebug() << "アイテムには数値データが含まれています";
  } else {
    // アイテムには数値データが含まれていません
    qDebug() << "アイテムには数値データが含まれていません";
  }

  return 0;
}

サンプルコード2:アイテムのデータ型に基づいて処理を行う

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // アイテムを作成
  QStandardItem *item1 = new QStandardItem("123");
  QStandardItem *item2 = new QStandardItem("abc");

  // アイテムのデータ型に基づいて処理を行う
  switch (item1->type()) {
  case QStandardItem::Type::Int:
    // アイテム1には数値データが含まれています
    qDebug() << "アイテム1には数値データが含まれています";
    break;
  case QStandardItem::Type::String:
    // アイテム1には文字列データが含まれています
    qDebug() << "アイテム1には文字列データが含まれています";
    break;
  default:
    // アイテム1には不明なデータ型が含まれています
    qDebug() << "アイテム1には不明なデータ型が含まれています";
    break;
  }

  switch (item2->type()) {
  case QStandardItem::Type::Int:
    // アイテム2には数値データが含まれています
    qDebug() << "アイテム2には数値データが含まれています";
    break;
  case QStandardItem::Type::String:
    // アイテム2には文字列データが含まれています
    qDebug() << "アイテム2には文字列データが含まれています";
    break;
  default:
    // アイテム2には不明なデータ型が含まれています
    qDebug() << "アイテム2には不明なデータ型が含まれています";
    break;
  }

  return 0;
}

サンプルコード3:カスタムデータ型を使用する

#include <QtWidgets>

// カスタムデータ型を定義
struct MyData {
  int value;
  QString text;
};

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // アイテムを作成
  QStandardItem *item = new QStandardItem();

  // カスタムデータ型をアイテムに設定
  MyData data;
  data.value = 123;
  data.text = "abc";
  item->setData(QVariant::fromValue(data), QStandardItem::Role::UserRole);

  // アイテムからカスタムデータ型を取得
  MyData data2 = item->data(QStandardItem::Role::UserRole).value<MyData>();

  // カスタムデータ型を使用して処理を行う
  qDebug() << data2.value << data2.text;

  return 0;
}


Qt GUIにおけるQStandardItem::type()の代替方法

QStandardItem::data() を使用

QStandardItem::data() 関数は、アイテムに関連付けられたデータを返します。データ型は、 QVariant::type() メソッドを使用して取得できます。

QVariant data = item->data();
if (data.type() == QVariant::Type::Int) {
  // アイテムには数値データが含まれています
} else if (data.type() == QVariant::Type::String) {
  // アイテムには文字列データが含まれています
} else {
  // アイテムには不明なデータ型が含まれています
}

QStandardItem::setData() を使用

QStandardItem::setData() 関数は、アイテムに関連付けられたデータを設定します。データ型は、 QVariant::type() メソッドを使用して指定できます。

QVariant data = 123;
item->setData(data, QStandardItem::Role::UserRole);

カスタムデータ型を使用

独自のデータ型を定義して、アイテムに関連付けることができます。

struct MyData {
  int value;
  QString text;
};

// アイテムにカスタムデータ型を設定
MyData data;
data.value = 123;
data.text = "abc";
item->setData(QVariant::fromValue(data), QStandardItem::Role::UserRole);

// アイテムからカスタムデータ型を取得
MyData data2 = item->data(QStandardItem::Role::UserRole).value<MyData>();