Qt WidgetsにおけるQTableView::setSpan()の徹底解説

2024-04-02

Qt WidgetsにおけるQTableView::setSpan()の解説

QTableView::setSpan()は、Qt Widgets モジュールにおける重要な関数の一つです。これは、テーブルビュー内の複数のセルを結合して、あたかも一つの大きなセルのように表示するために使用されます。この機能は、表内の関連するデータをまとめて表示したり、見やすくするために使用できます。

この解説で学ぶこと

  • QTableView::setSpan() の役割と機能
  • 関数の使用方法
  • コード例
  • 関連情報

関数詳細

QTableView::setSpan() は、以下の引数を受け取ります。

  • row: 結合したいセルの先頭行
  • column: 結合したいセルの先頭列
  • rowSpan: 結合したいセルの行数
  • columnSpan: 結合したいセルの列数

この関数は、指定された範囲のセルを一つのセルとして扱い、そのセル内に表示されるデータは、左上のセルに設定されます。

コード例

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // テーブルモデルの作成
  QStandardItemModel model;
  model.setHorizontalHeaderLabels(QStringList() << "名前" << "年齢" << "性別");
  model.setItem(0, 0, new QStandardItem("田中 太郎"));
  model.setItem(0, 1, new QStandardItem(20));
  model.setItem(0, 2, new QStandardItem("男性"));
  model.setItem(1, 0, new QStandardItem("佐藤 花子"));
  model.setItem(1, 1, new QStandardItem(25));
  model.setItem(1, 2, new QStandardItem("女性"));

  // テーブルビューの作成
  QTableView tableView;
  tableView.setModel(&model);

  // 2行1列目のセルを2行2列に結合
  tableView.setSpan(1, 0, 2, 2);

  tableView.show();

  return app.exec();
}

このコードでは、2行1列目のセルを2行2列に結合しています。実行すると、以下の画像のようなテーブルビューが表示されます。

[画像: 結合されたセルを持つテーブルビュー]

補足

  • QTableView::setSpan() は、モデルに対してではなく、ビューに対して呼び出す関数です。
  • 結合されたセルは、編集や選択することができません。
  • 結合されたセル内のデータは、左上のセルに設定されたデータのみが表示されます。

QTableView::setSpan() は、テーブルビュー内の複数のセルを結合して、見やすく表示するための便利な関数です。この関数を活用することで、表内の関連データをまとめて表示したり、レイアウトを調整したりすることができます。



Qt WidgetsにおけるQTableView::setSpan()のサンプルコード

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // テーブルモデルの作成
  QStandardItemModel model;
  model.setHorizontalHeaderLabels(QStringList() << "名前" << "年齢" << "性別");
  model.setItem(0, 0, new QStandardItem("田中 太郎"));
  model.setItem(0, 1, new QStandardItem(20));
  model.setItem(0, 2, new QStandardItem("男性"));
  model.setItem(1, 0, new QStandardItem("佐藤 花子"));
  model.setItem(1, 1, new QStandardItem(25));
  model.setItem(1, 2, new QStandardItem("女性"));

  // テーブルビューの作成
  QTableView tableView;
  tableView.setModel(&model);

  // 2行1列目のセルを2行2列に結合
  tableView.setSpan(1, 0, 2, 2);

  // 3行1列目のセルを1行3列に結合
  tableView.setSpan(2, 0, 1, 3);

  tableView.show();

  return app.exec();
}

結合されたセルの背景色を変更する

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // テーブルモデルの作成
  QStandardItemModel model;
  model.setHorizontalHeaderLabels(QStringList() << "名前" << "年齢" << "性別");
  model.setItem(0, 0, new QStandardItem("田中 太郎"));
  model.setItem(0, 1, new QStandardItem(20));
  model.setItem(0, 2, new QStandardItem("男性"));
  model.setItem(1, 0, new QStandardItem("佐藤 花子"));
  model.setItem(1, 1, new QStandardItem(25));
  model.setItem(1, 2, new QStandardItem("女性"));

  // テーブルビューの作成
  QTableView tableView;
  tableView.setModel(&model);

  // 2行1列目のセルを2行2列に結合
  tableView.setSpan(1, 0, 2, 2);

  // 結合されたセルの背景色を設定
  QBrush brush;
  brush.setColor(Qt::red);
  tableView.setSpan(1, 0, 2, 2, brush);

  tableView.show();

  return app.exec();
}

結合されたセルのテキストを中央揃えにする

#include <QtWidgets>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // テーブルモデルの作成
  QStandardItemModel model;
  model.setHorizontalHeaderLabels(QStringList() << "名前" << "年齢" << "性別");
  model.setItem(0, 0, new QStandardItem("田中 太郎"));
  model.setItem(0, 1, new QStandardItem(20));
  model.setItem(0, 2, new QStandardItem("男性"));
  model.setItem(1, 0, new QStandardItem("佐藤 花子"));
  model.setItem(1, 1, new QStandardItem(25));
  model.setItem(1, 2, new QStandardItem("女性"));

  // テーブルビューの作成
  QTableView tableView;
  tableView.setModel(&model);

  // 2行1列目のセルを2行2列に結合
  tableView.setSpan(1, 0, 2, 2);

  // 結合されたセルのテキスト配置を設定
  QTextAl


Qt WidgetsにおけるQTableView::setSpan()の代替方法

  • 結合されたセルは、編集や選択することができません。
  • 結合されたセル内のデータは、左上のセルに設定されたデータのみが表示されます。

これらの制限を克服するために、以下の代替方法を使用することができます。

QGraphicsViewとQGraphicsItemを使う

  • QGraphicsView は、グラフィックスアイテムを表示するためのクラスです。
  • QGraphicsItem は、グラフィックスビューに表示されるオブジェクトを表すクラスです。

これらのクラスを使用して、テーブルビューのようなレイアウトを作成し、セルの結合を実現することができます。

カスタムウィジェットを使う

  • カスタムウィジェットは、独自のウィジェットを作成するためのクラスです。

このクラスを使用して、テーブルビューのようなレイアウトを作成し、セルの結合を実現することができます。

  • QTableWidget は、Qt Widgets モジュールにおけるもう一つのテーブルビュークラスです。
  • QTableWidget は、QTableView よりも多くの機能を備えています。

QTableWidget には、setSpan() と同様の機能を持つ setSpan() という関数があります。この関数は、QTableViewsetSpan() よりも多くの機能を備えています。

それぞれの方法の比較

方法メリットデメリット
QGraphicsViewとQGraphicsItemを使う自由度の高いレイアウトを作成できる複雑なコードが必要
カスタムウィジェットを使う柔軟な設計が可能開発コストが高い
QTableWidgetを使う比較的簡単なコードで実装できるQTableView よりも機能が少ない
  • QGraphicsViewとQGraphicsItemを使う
#include <QtWidgets>
#include <QtGraphics>

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // テーブルモデルの作成
  QStandardItemModel model;
  model.setHorizontalHeaderLabels(QStringList() << "名前" << "年齢" << "性別");
  model.setItem(0, 0, new QStandardItem("田中 太郎"));
  model.setItem(0, 1, new QStandardItem(20));
  model.setItem(0, 2, new QStandardItem("男性"));
  model.setItem(1, 0, new QStandardItem("佐藤 花子"));
  model.setItem(1, 1, new QStandardItem(25));
  model.setItem(1, 2, new QStandardItem("女性"));

  // グラフィックスビューの作成
  QGraphicsView view;

  // シーンの作成
  QGraphicsScene scene;

  // テーブルアイテムの作成
  QGraphicsRectItem *item1 = new QGraphicsRectItem();
  item1->setRect(0, 0, 100, 50);
  item1->setText("田中 太郎");

  QGraphicsRectItem *item2 = new QGraphicsRectItem();
  item2->setRect(100, 0, 100, 50);
  item2->setText("20");

  QGraphicsRectItem *item3 = new QGraphicsRectItem();
  item3->setRect(200, 0, 100, 50);
  item3->setText("男性");

  // シーンに追加
  scene.addItem(item1);
  scene.addItem(item2);
  scene.addItem(item3);

  // ビューにシーンを設定
  view.setScene(&scene);

  view.show();

  return app.exec();
}
  • カスタムウィジェットを使う
#include <QtWidgets>

class CustomWidget : public QWidget {
  Q_OBJECT

public:
  CustomWidget(QWidget *parent = nullptr) : QWidget(parent) {
    // レイアウトの設定
    QHBoxLayout *layout = new QHBoxLayout(this);

    // ラベルの作成
    QLabel *label1 = new QLabel("田中 太郎");
    QLabel *label2 = new QLabel("20");
    QLabel *label3 = new QLabel("男性");

    // レイアウトに追加
    layout->addWidget(label1);
    layout->addWidget(label2);
    layout->addWidget(label3);
  }
};

int main(int argc, char *argv[]) {
  QApplication app(argc, argv);

  // カスタムウィジェットの作成



Qt GUI で QTextLayout::drawCursor() を使う

この関数の使い方を理解することで、以下のようなことができます。テキストエディタでカーソル位置をリアルタイムで表示するリッチテキストエディタで選択範囲をハイライトする入力候補を表示するQTextLayout::drawCursor() の基本的な使い方は以下の通りです。



画像の歪み、回転、透視変換... 全部できる! QTransform::quadToQuad() のサンプルコード集

quad1: 変換前の四角形の頂点座標を格納する QPolygonF 型のオブジェクトquad2: 変換後の四角形の頂点座標を格納する QPolygonF 型のオブジェクトtransform: 変換行列を格納する QTransform 型のオブジェクト


Qt GUI でカスタム元に戻す/やり直す操作を作成する

redoText() 関数は、以下のプロトタイプを持っています。この関数は、スタックの先頭のやり直し操作のテキストを QString オブジェクトとして返します。スタックにやり直し操作がない場合は、空の文字列が返されます。以下のコードは、QUndoStack クラスと redoText() 関数の使用方法を示しています。


逆変換でQt GUIの2Dグラフィックスを自在に操る:QTransform::adjoint()徹底解説

概要:QTransformクラスは、2D座標系の変換を表すためのクラスです。adjoint()は、QTransformオブジェクトの逆行列の転置行列を計算します。逆行列の転置行列は、逆変換を行うために使用されます。逆変換は、元の座標系に戻すための操作です。


QVector3D::operator QVariant() 関数のサンプルコード

QVector3D::operator QVariant() 関数は、3Dベクトルを表す QVector3D 型を、Qt の汎用データ型である QVariant 型に変換します。これは、3Dベクトルデータを他の Qt オブジェクトとやり取りしたり、シリアル化したり、保存したりする際に役立ちます。



Qt GUI アプリケーション開発でアイコンサイズを自在に操る!QIcon::availableSizes() 関数徹底解説

概要:QIcon クラスは、Qt GUI アプリケーションで使用されるアイコンを表します。availableSizes() 関数は、QIcon オブジェクトに対して呼び出すことができます。この関数は、QSize 型のオブジェクトのリストを返します。


Qt GUIチュートリアル:QPainterPath::moveTo()で線や曲線を描画

本解説では、以下の内容を分かりやすく説明します。QPainterPath::moveTo()の概要関数の使い方具体的なコード例補足情報QPainterPath::moveTo()は、ペイントパスにおける現在の位置を (x, y) 座標に移動します。この関数は、線や曲線などの描画を開始する前に呼び出す必要があります。


QPainter::beginNativePainting() の代替案: QCustomQWidget、QOpenGLWidget、Qt Quick の比較

この解説では、以下の内容を詳細に説明します:QPainter::beginNativePainting()の役割: ネイティブウィジェットレンダリングシステムとの連携具体的な使用方法: 引数、描画処理、終了処理描画処理の例: OpenGLによる3D描画


Qt GUIにおけるQGuiApplication::modalWindow()の徹底解説

この関数は、GUIアプリケーション開発において以下のような重要な役割を果たします。モーダルウィンドウの制御と管理:最も最近表示されたモーダルウィンドウへのポインタを取得することで、開発者はそのウィンドウを制御したり、操作したりすることができます。


Qt Widgetsにおけるフレームの幅を取得する:QFrame::frameWidth()徹底解説

機能: フレームの幅を取得する戻り値: フレームの幅を表す整数値(ピクセル単位)使用例: フレームの幅に基づいてウィジェットのレイアウトを調整する フレームの幅を動的に変更して、視覚的な効果を与えるフレームの幅に基づいてウィジェットのレイアウトを調整する