QTableWidget::cellPressed() シグナルの詳細解説

2024-04-02

Qt Widgets: QTableWidget::cellPressed() プログラミング解説

QTableWidget::cellPressed() は、Qt Widgets モジュールにおける QTableWidget クラスのシグナルです。このシグナルは、テーブル内のセルが押された時に発生します。このシグナルを受け取ることで、押されたセルの行と列を取得し、それに応じた処理を実行することができます。

シグナルの詳細

QTableWidget::cellPressed() は、以下の引数を持ちます。

  • row: 押されたセルの行番号
  • column: 押されたセルの列番号

これらの引数を使用して、押されたセルを特定することができます。

シグナルの接続

QTableWidget::cellPressed() シグナルは、QObject::connect() 関数を使用して、スロットと呼ばれる関数を接続することができます。スロットは、シグナルが送信された時に呼び出される関数です。

以下の例は、QTableWidget::cellPressed() シグナルをスロットに接続する方法を示しています。

// スロット
void onCellPressed(int row, int column) {
  // 押されたセルの行と列番号を出力
  qDebug() << "Row: " << row << "Column: " << column;
}

// シグナルとスロットの接続
QTableWidget *tableWidget = new QTableWidget;
connect(tableWidget, &QTableWidget::cellPressed, this, &onCellPressed);

この例では、onCellPressed() というスロットが QTableWidget::cellPressed() シグナルに接続されています。onCellPressed() スロットは、シグナルが送信されると、押されたセルの行と列番号を出力します。

シグナルの使用例

QTableWidget::cellPressed() シグナルは、様々な用途に使用することができます。以下は、いくつかの使用例です。

  • セルが押された時に、そのセルの内容を編集する
  • セルが押された時に、そのセルに関連する情報を表示する
  • セルが押された時に、別のウィジェットを開く
  • QTableWidget::cellPressed() シグナルは、マウスの左ボタンが押された時にのみ発生します。
  • シグナルハンドラ内で、tableWidget->item(row, column) を使用して、押されたセルのアイテムを取得することができます。

補足

  • 上記の例は、Qt 5 のコードに基づいています。
  • Qt のバージョンによって、シグナルやスロットの接続方法が異なる場合があります。

注意

  • シグナルハンドラ内では、テーブルモデルを直接変更しないよう注意してください。
  • テーブルモデルを変更する場合は、QAbstractTableModel::setData() などの API を使用してください。


QTableWidget::cellPressed() サンプルコード

セル内容の編集

void onCellPressed(int row, int column) {
  // セルが編集可能か確認
  if (!tableWidget->item(row, column)->isEditable()) {
    return;
  }

  // 編集ダイアログを表示
  QDialog dialog;
  QLineEdit lineEdit;
  lineEdit.setText(tableWidget->item(row, column)->text());
  QVBoxLayout layout(&dialog);
  layout.addWidget(&lineEdit);
  QPushButton button("OK");
  layout.addWidget(&button);
  dialog.exec();

  // 入力内容をセルに反映
  if (dialog.result() == QDialog::Accepted) {
    tableWidget->item(row, column)->setText(lineEdit.text());
  }
}

セル情報表示

void onCellPressed(int row, int column) {
  // セルの内容を取得
  QString text = tableWidget->item(row, column)->text();

  // 情報表示ウィジェットを作成
  QDialog dialog;
  QLabel label(text);
  QVBoxLayout layout(&dialog);
  layout.addWidget(&label);
  QPushButton button("閉じる");
  layout.addWidget(&button);
  dialog.exec();
}

別ウィジェットを開く

void onCellPressed(int row, int column) {
  // セルの内容に基づいて、開くウィジェットを決定
  QString text = tableWidget->item(row, column)->text();
  QWidget *widget;
  if (text == "A") {
    widget = new QWidgetA;
  } else if (text == "B") {
    widget = new QWidgetB;
  } else {
    return;
  }

  // ウィジェットを表示
  widget->show();
}
  • 上記のサンプルコードは、基本的な動作のみを示しています。
  • 実際のアプリケーションでは、より複雑な処理を行う必要がある場合があります。
  • 詳細については、Qt のドキュメントやチュートリアルを参照してください。


QTableWidget::cellPressed() 以外の方法

QTableWidgetItem::flags() 関数を使用して、セルのクリック動作を設定することができます。以下のフラグを設定することで、セルのクリック時に編集や選択を許可することができます。

  • Qt::ItemIsEditable: セルを編集可能にする
  • Qt::ItemIsSelectable: セルを選択可能にする

以下の例は、QTableWidgetItem::flags() 関数を使用して、セルのクリック時に編集を許可する方法を示しています。

// セルを編集可能にする
tableWidget->item(row, column)->setFlags(Qt::ItemIsEditable | tableWidget->item(row, column)->flags());

QMouseEvent

QTableWidget::mousePressEvent() イベントハンドラを使用して、マウスのクリックイベントを処理することができます。このイベントハンドラ内で、QMouseEvent オブジェクトを使用して、クリックされたセルの行と列を取得することができます。

以下の例は、QTableWidget::mousePressEvent() イベントハンドラを使用して、クリックされたセルの行と列を出力する方法を示しています。

void QTableWidget::mousePressEvent(QMouseEvent *event) {
  // クリックされたセルの行と列を取得
  int row = event->row();
  int column = event->column();

  // 処理を行う
  ...
}

QAbstractItemView::selectionChanged() シグナルを使用して、テーブル内のセルの選択状態が変化した時に処理を行うことができます。このシグナルは、QTableWidget だけでなく、QListViewQTreeView などの他のビューでも使用することができます。

以下の例は、QAbstractItemView::selectionChanged() シグナルを使用して、選択されたセルの行と列を出力する方法を示しています。

void onSelectionChanged(const QItemSelection &selected, const QItemSelection &deselected) {
  // 選択されたセルの行と列を取得
  for (int i = 0; i < selected.count(); ++i) {
    int row = selected.indexes().at(i).row();
    int column = selected.indexes().at(i).column();

    // 処理を行う
    ...
  }
}

どの方法を使用するべきかは、アプリケーションの要件によって異なります。

  • セルの編集や選択のみを許可する場合は、QTableWidgetItem::flags() 関数を使用するのが最も簡単です。
  • より複雑な処理を行う場合は、QTableWidget::mousePressEvent() イベントハンドラまたは QAbstractItemView::selectionChanged() シグナルを使用する必要があります。



画像の歪み、回転、透視変換... 全部できる! QTransform::quadToQuad() のサンプルコード集

quad1: 変換前の四角形の頂点座標を格納する QPolygonF 型のオブジェクトtransform: 変換行列を格納する QTransform 型のオブジェクトquadToQuad() は、変換が可能な場合は true を返し、不可能な場合は false を返します。



Qt GUI の QTextFrame::operator==() を徹底解説

QTextFrame::operator==() は、Qt GUI フレームワークにおける QTextFrame クラスのメンバー関数であり、2 つの QTextFrame オブジェクトを比較し、内容が等しいかどうかを判断します。詳細QTextFrame は、テキストフレームと呼ばれる、テキストレイアウトの論理的な単位を表すクラスです。フレームには、テキストブロックや子フレームなど、さまざまなテキストレイアウト要素が含まれます。


QTextLayout::clearFormats() 関数の詳細解説

QTextLayout は、Qt GUIにおけるテキストレンダリングの基盤となるクラスです。テキストレイアウトは、テキストを画面に表示するための様々な属性を保持します。これらの属性には、フォント、色、サイズ、配置などが含まれます。QTextLayout::clearFormats() は、テキストレイアウトに設定されたすべてのフォーマット設定をクリアします。つまり、テキストはデフォルトのフォント、色、サイズで表示されるようになります。


逆変換でQt GUIの2Dグラフィックスを自在に操る:QTransform::adjoint()徹底解説

概要:QTransformクラスは、2D座標系の変換を表すためのクラスです。adjoint()は、QTransformオブジェクトの逆行列の転置行列を計算します。逆行列の転置行列は、逆変換を行うために使用されます。逆変換は、元の座標系に戻すための操作です。


Qt GUI アプリケーション開発:QWindow::flags で実現する多様なウィンドウ

QWindow::flags は、QWindow クラスのメンバー関数で、ウィンドウに適用するフラグのセットを取得または設定するために使用されます。これらのフラグは、ウィンドウの装飾、サイズ変更、スタック順序など、さまざまな属性を制御します。



QTextFragment::QTextFragment() のサンプルコード

QTextFragment::QTextFragment() は、Qt GUI フレームワークの QTextDocument クラスで使用される QTextFragment クラスのコンストラクタです。このコンストラクタは、テキストとフォーマットを含む新しいテキストフラグメントを作成します。


Qt WidgetsでQGraphicsItem::setCacheMode()を使いこなす

QGraphicsItem::setCacheMode()は、Qt Widgetsのグラフィックアイテムの描画パフォーマンスを向上させるための重要な機能です。これは、アイテムのレンダリング結果をキャッシュすることで、再描画の頻度を減らすことができます。


Qt GUIにおけるスクロール処理:QScrollPrepareEventを徹底解説

QScrollPrepareEvent::~QScrollPrepareEvent() は、QScrollPrepareEvent クラスのデストラクタです。デストラクタは、オブジェクトがスコープを外れた際に自動的に呼び出されます。このデストラクタは、イベントオブジェクトが不要になった際にメモリを解放するために使用されます。


QGraphicsSceneContextMenuEvent::scenePos() 関数の詳細解説

QGraphicsSceneContextMenuEventクラスは、QGraphicsSceneクラス上で発生する右クリックイベント情報を格納するために使用されます。**scenePos()**関数は、このイベント情報から、マウスの右クリックが押されたシーン上の座標を取得します。


Qt GUIにおけるポインティングデバイスイベント処理のサンプルコード

QPointerEvent::pointerType() の役割QPointerEvent::pointerType() は、QPointerEvent クラスのメンバー関数です。QPointerEvent は、ポインティングデバイスからのイベントを表すクラスです。QPointerEvent::pointerType() は、このイベントを生成したポインティングデバイスの種類を QPointingDevice::PointerType 型の値として返します。