【保存版】Qt GUIプログラミング:テーブルヘッダー行を自由自在に設定!QTextTableFormat::setHeaderRowCount() 関数チュートリアル

2024-06-18

Qt GUI における QTextTableFormat::setHeaderRowCount() 関数:詳細解説

QTextTableFormat::setHeaderRowCount() 関数は、Qt GUI ライブラリでテーブルヘッダーの行数を設定するために使用されます。この関数は、テーブルヘッダーの行数を指定することで、テーブル全体の構造と表示を制御します。

文法

int QTextTableFormat::setHeaderRowCount(int count);

引数

  • count: ヘッダーの行数

戻り値

この関数は、設定されたヘッダー行数を整数値で返します。失敗した場合は -1 を返します。

詳細

  • ヘッダー行は、テーブルの先頭に表示される行で、列名やその他の重要な情報を格納するために使用されます。
  • ヘッダー行の数は、setHeaderRowCount() 関数を使用して設定できます。
  • ヘッダー行の数は、1 以上にする必要があります。
  • ヘッダー行の数は、テーブル内の行数の制限ではありません。ヘッダー行に加えて、データ行を任意の数だけ追加できます。
  • ヘッダー行は、テーブルがページに分割される場合でも繰り返されます。
  • ヘッダー行の書式は、QTextFormat クラスを使用して設定できます。

QTextTableFormat format;
format.setHeaderRowCount(2);

QTextDocument doc;
QTextFrame *frame = doc.rootFrame();
QTextTable *table = frame->addTable(rows, cols);
table->setFormat(format);

この例では、setHeaderRowCount() 関数を使用して、2 行のヘッダー行を持つテーブルを作成します。

補足

  • QTextTableFormat クラスには、テーブルの書式を設定するための他の多くの関数があります。詳細については、Qt ドキュメントを参照してください。


    関連するサンプルコード:QTextTableFormat::setHeaderRowCount() 関数

    例 1:ヘッダー行の数を設定し、テーブルの内容を設定

    #include <QApplication>
    #include <QTextTableFormat>
    #include <QTextDocument>
    #include <QTextFrame>
    #include <QTextTable>
    
    int main(int argc, char *argv[]) {
        QApplication app(argc, argv);
    
        // ヘッダー行の数を 2 に設定
        QTextTableFormat format;
        format.setHeaderRowCount(2);
    
        // テーブルを作成
        QTextDocument doc;
        QTextFrame *frame = doc.rootFrame();
        QTextTable *table = frame->addTable(5, 4); // 行数 5、列数 4 のテーブルを作成
    
        // ヘッダー行にデータを設定
        table->cellAt(0, 0)->setPlainText("名前");
        table->cellAt(0, 1)->setPlainText("年齢");
        table->cellAt(0, 2)->setPlainText("性別");
        table->cellAt(0, 3)->setPlainText("住所");
    
        table->cellAt(1, 0)->setPlainText("Alice");
        table->cellAt(1, 1)->setPlainText("30");
        table->cellAt(1, 2)->setPlainText("女性");
        table->cellAt(1, 3)->setPlainText("123 Main St");
    
        table->cellAt(2, 0)->setPlainText("Bob");
        table->cellAt(2, 1)->setPlainText("25");
        table->cellAt(2, 2)->setPlainText("男性");
        table->cellAt(2, 3)->setPlainText("456 Elm St");
    
        table->cellAt(3, 0)->setPlainText("Charlie");
        table->cellAt(3, 1)->setPlainText("22");
        table->cellAt(3, 2)->setPlainText("男性");
        table->cellAt(3, 3)->setPlainText("789 Oak St");
    
        table->cellAt(4, 0)->setPlainText("David");
        table->cellAt(4, 1)->setPlainText("33");
        table->cellAt(4, 2)->setPlainText("男性");
        table->cellAt(4, 3)->setPlainText("1000 Maple St");
    
        // テーブルの書式を設定
        table->setFormat(format);
    
        // テーブルを表示
        QTextEdit textEdit;
        textEdit.setDocument(&doc);
        textEdit.show();
    
        return app.exec();
    }
    

    例 2:ヘッダー行の書式を設定

    #include <QApplication>
    #include <QTextTableFormat>
    #include <QTextDocument>
    #include <QTextFrame>
    #include <QTextTable>
    #include <QFont>
    
    int main(int argc, char *argv[]) {
        QApplication app(argc, argv);
    
        // ヘッダー行の数を 2 に設定
        QTextTableFormat format;
        format.setHeaderRowCount(2);
    
        // ヘッダー行の書式を設定
        QFont font("Arial", 12, QFont::Bold);
        format.setHeaderRowFormat(0, font);
        format.setHeaderRowFormat(1, font);
    
        // テーブルを作成
        QTextDocument doc;
        QTextFrame *frame = doc.rootFrame();
        QTextTable *table = frame->addTable(5, 4);
    
        // ヘッダー行にデータを設定
        table->cellAt(0, 0)->setPlainText("名前");
        table->cellAt(0, 1)->setPlainText("年齢");
        table->cellAt(0, 2)->setPlainText("性別");
        table->cellAt(0, 3)->setPlainText("住所");
    
        table->cellAt(1, 0)->setPlainText("Alice");
        table->cellAt(1, 1)->setPlainText("30");
        table->cellAt(1, 2)->setPlainText("女性");
        table->cellAt(1, 3)->setPlainText("123 Main St");
    
        table->cellAt(2, 0)->setPlainText("Bob");
        table->cellAt(2, 1)->
    


    以下に、QTextTableFormat::setHeaderRowCount() の代替方法をいくつか紹介します。

    QTextTable::insertRows() 関数は、テーブルに新しい行を挿入するために使用できます。この関数は、ヘッダー行を含む任意の行を挿入することができます。

    // ヘッダー行を 2 行挿入
    table->insertRows(0, 2);
    
    // ヘッダー行にデータを設定
    table->cellAt(0, 0)->setPlainText("名前");
    table->cellAt(0, 1)->setPlainText("年齢");
    table->cellAt(0, 2)->setPlainText("性別");
    table->cellAt(0, 3)->setPlainText("住所");
    
    table->cellAt(1, 0)->setPlainText("その他情報");
    table->cellAt(1, 1)->setPlainText("電話番号");
    table->cellAt(1, 2)->setPlainText("メールアドレス");
    table->cellAt(1, 3)->setPlainText("Webサイト");
    
    // ヘッダー行を含めて 7 行に設定
    table->setRowCount(7);
    
    // ヘッダー行にデータを設定
    table->cellAt(0, 0)->setPlainText("名前");
    table->cellAt(0, 1)->setPlainText("年齢");
    table->cellAt(0, 2)->setPlainText("性別");
    table->cellAt(0, 3)->setPlainText("住所");
    
    table->cellAt(1, 0)->setPlainText("その他情報");
    table->cellAt(1, 1)->setPlainText("電話番号");
    table->cellAt(1, 2)->setPlainText("メールアドレス");
    table->cellAt(1, 3)->setPlainText("Webサイト");
    
    // データ行を追加
    table->cellAt(2, 0)->setPlainText("Alice");
    table->cellAt(2, 1)->setPlainText("30");
    table->cellAt(2, 2)->setPlainText("女性");
    table->cellAt(2, 3)->setPlainText("123 Main St");
    
    // ...
    

    コードを直接操作する

    QTextTable クラスは、内部的に行のリストを保持しています。このリストを直接操作することで、ヘッダー行の数を設定することができます。

    // ヘッダー行を 2 行追加
    QVector<QTextTableRow> rows = table->rows();
    rows.insert(0, QTextTableRow());
    rows.insert(0, QTextTableRow());
    
    // ヘッダー行にデータを設定
    rows[0].addCell(new QTextTableCell("名前"));
    rows[0].addCell(new QTextTableCell("年齢"));
    rows[0].addCell(new QTextTableCell("性別"));
    rows[0].addCell(new QTextTableCell("住所"));
    
    rows[1].addCell(new QTextTableCell("その他情報"));
    rows[1].addCell(new QTextTableCell("電話番号"));
    rows[1].addCell(new QTextTableCell("メールアドレス"));
    rows[1].addCell(new QTextTableCell("Webサイト"));
    
    table->setRows(rows);
    

    注意事項

    • 上記の代替方法は、QTextTableFormat::setHeaderRowCount() 関数よりも柔軟性がありますが、コードが複雑になる場合があります。
    • コードを直接操作する場合は、QTextTable クラスの内部構造に関する知識が必要になります。