Qt GUI における QVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost() の解説

2024-04-02

Qt GUI における QVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost() の解説

QVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost() は、Vulkan 物理デバイスが失われたときに呼び出される仮想関数です。これは、主に以下の状況で発生します。

  • グラフィックスカードが取り外された
  • グラフィックスドライバーがクラッシュした
  • システムが休止状態またはスリープ状態から復帰した

この関数は、アプリケーションが物理デバイスの喪失を処理し、必要に応じてレンダリングを再初期化する必要がある場合に呼び出されます。

QVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost() の実装

この関数はデフォルトで何も実行しません。アプリケーションはこの関数をオーバーライドして、物理デバイスの喪失に対する独自の処理を実装することができます。

典型的な実装としては、以下の処理を行うことができます。

  1. 現在のレンダリング状態を保存する
  2. Vulkan デバイスとスワップチェーンを破棄する
  3. 新しい物理デバイスとスワップチェーンを作成する
  4. 保存したレンダリング状態を復元する

以下のコードは、QVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost() の例です。

void MyVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost()
{
  // 現在のレンダリング状態を保存する

  // Vulkan デバイスとスワップチェーンを破棄する

  // 新しい物理デバイスとスワップチェーンを作成する

  // 保存したレンダリング状態を復元する

  // ウィンドウを再描画する
  update();
}

補足

  • 上記のコード例は、単純な例です。実際のアプリケーションでは、より複雑な処理が必要になる場合があります。
  • Vulkan API は複雑なため、Vulkan を使用するには、Vulkan に関する深い理解が必要です。


QVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost() のサンプルコード

シンプルな例

void MyVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost()
{
  // 現在のレンダリング状態を保存する

  // Vulkan デバイスとスワップチェーンを破棄する

  // 新しい物理デバイスとスワップチェーンを作成する

  // 保存したレンダリング状態を復元する

  // ウィンドウを再描画する
  update();
}

より複雑な例

void MyVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost()
{
  // 現在のレンダリング状態を保存する

  // 使用中のすべての Vulkan リソースを解放する

  // Vulkan デバイスとスワップチェーンを破棄する

  // 新しい物理デバイスとスワップチェーンを作成する

  // 使用中のすべての Vulkan リソースを再作成する

  // 保存したレンダリング状態を復元する

  // ウィンドウを再描画する
  update();
}

エラー処理

void MyVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost()
{
  // 現在のレンダリング状態を保存する

  // Vulkan デバイスとスワップチェーンを破棄する

  // 新しい物理デバイスとスワップチェーンを作成する

  // 保存したレンダリング状態を復元する

  // ウィンドウを再描画する
  update();

  // エラーが発生した場合は、ユーザーに通知する
  if (vkCreateDevice(physicalDevice, &createInfo, &device) != VK_SUCCESS) {
    // エラー処理
  }
}

デバッグ

void MyVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost()
{
  // 現在のレンダリング状態を保存する

  // Vulkan デバイスとスワップチェーンを破棄する

  // 新しい物理デバイスとスワップチェーンを作成する

  // 保存したレンダリング状態を復元する

  // ウィンドウを再描画する
  update();

  // デバッグ情報を出力する
  qDebug() << "Physical device lost";
}

マルチスレッド

void MyVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost()
{
  // 現在のレンダリング状態を保存する

  // Vulkan デバイスとスワップチェーンを破棄する

  // 新しい物理デバイスとスワップチェーンを作成する

  // 保存したレンダリング状態を復元する

  // ウィンドウを再描画する
  update();

  // 他のスレッドに物理デバイスの喪失を通知する
  emit physicalDeviceLost();
}

補足

  • 上記のサンプルコードは、あくまでも参考です。実際のアプリケーションでは、必要に応じてコードを変更する必要があります。


QVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost() の代替方法

この関数はデフォルトで何も実行しません。アプリケーションはこの関数をオーバーライドして、物理デバイスの喪失に対する独自の処理を実装することができます。

QVulkanWindowRenderer::physicalDeviceLost() の代替方法として、以下の方法があります。

  • Vulkan イベントを使用する

Vulkan イベントを使用して、物理デバイスの喪失を検出することができます。Vulkan イベントは、特定の操作が完了したことを通知するために使用できる同期オブジェクトです。

物理デバイスの喪失を検出するには、以下の手順を実行します。

  1. Vulkan イベントを作成します。
  2. vkQueueSubmit() コマンドを使用して、イベントをコマンドキューに送信します。
  3. vkWaitForEvents() コマンドを使用して、イベントが完了するまで待機します。

イベントが完了したら、物理デバイスが失われたことを意味します。アプリケーションは、必要に応じてレンダリングを再初期化する必要があります。

  • Vulkan スレッドを使用する

Vulkan スレッドを使用して、物理デバイスの喪失を監視することができます。Vulkan スレッドは、Vulkan API を呼び出すために使用できる専用のスレッドです。

物理デバイスの喪失を監視するには、以下の手順を実行します。

  1. Vulkan スレッドを作成します。
  2. Vulkan スレッドで vkDeviceWaitIdle() コマンドを呼び出して、デバイスがアイドル状態になるまで待機します。
  3. vkDeviceGetPhysicalDeviceFeatures() コマンドを使用して、物理デバイスの機能を取得します。

デバイスの機能が変更された場合は、物理デバイスが失われたことを意味します。アプリケーションは、必要に応じてレンダリングを再初期化する必要があります。

その他の方法

  • Qt の QVulkanWindow::onDeviceLost() シグナルを使用する

Qt の QVulkanWindow::onDeviceLost() シグナルは、Vulkan デバイスが失われたときに呼び出されます。このシグナルを使用して、物理デバイスの喪失を処理することができます。

  • 独自の物理デバイス監視システムを実装する

独自の物理デバイス監視システムを実装することができます。このシステムは、Vulkan API またはオペレーティングシステムの API を使用して、物理デバイスの喪失を検出することができます。

どの方法を選択するべきかは、アプリケーションの要件によって異なります。

  • 単純なアプリケーションの場合、Vulkan イベントを使用するのが最も簡単な方法です。
  • 複雑なアプリケーションの場合、Vulkan スレッドを使用するのが最良の方法です。
  • Qt アプリケーションの場合は、Qt の QVulkanWindow::onDeviceLost() シグナルを使用するのが最良の方法です。
  • 高度な制御が必要な場合は、独自の物理デバイス監視システムを実装することができます。

補足

  • 上記の情報は予告なく変更される可能性があります。

上記の情報は予告なく変更される可能性があります。




Qt GUIにおけるタブオブジェクトの比較:Tab::operator==()のサンプルコード

Qt GUIの QTextOption::Tab クラスには、operator==() メソッドが実装されています。このメソッドは、2つのタブオブジェクトを比較し、内容が等しいかどうかを判断するために使用されます。メソッドの役割operator==() メソッドは、2つのタブオブジェクトの内容を比較し、以下の条件すべてが満たされる場合に true を返します。



Qt GUIプログラミングの秘訣!QWindow::setFlag()でウィンドウを思い通りにカスタマイズ

この解説では、QWindow::setFlag()関数について、以下の内容を詳細に説明します。QWindow::setFlag()関数の役割: ウィンドウの動作やスタイルを制御するためのフラグを設定する関数設定可能なフラグの種類: ウィンドウタイプ、フレームスタイル、装飾、表示オプションなど、多様なフラグ


QWindow::show() 関数徹底解説:Qt GUI でウィンドウを表示する方法

QWindow::show() の概要QWindow クラスのメンバー関数ウィンドウを画面に表示するウィンドウが表示される前に、ウィンドウのサイズと位置を設定する必要があるウィンドウは一度に一つしか表示できないshow() 関数は、ウィンドウがすでに表示されている場合は何もしない


【Qt GUI】QWGLContext::nativeContext() 関数で OpenGL コンテキストを低レベル操作

QWGLContext::nativeContext()は、Qt GUIにおけるOpenGLコンテキストオブジェクトのネイティブコンテキストハンドルを取得するための関数です。OpenGLコンテキストは、OpenGLアプリケーションがグラフィックレンダリングを行うための環境を提供します。ネイティブコンテキストハンドルは、OpenGLコンテキストを直接操作するために必要な低レベルなAPIへのアクセスを提供します。


マウスホイールイベントを制覇せよ! Qt GUI プログラミングにおける QWheelEvent::isUpdateEvent() の活用術

QWheelEvent::isUpdateEvent() は、Qt GUI におけるマウスホイールイベントの処理に役立つメソッドです。このメソッドは、イベントが単なるマウスホイールの動きによる更新イベントなのか、それともその他の操作によるイベントなのかを判断するために使用されます。



QInputDeviceクラスを使いこなして、Qt GUIアプリケーションをレベルアップ

入力デバイスの検出と列挙入力イベントの受信と処理デバイス固有の機能へのアクセス入力デバイスのシミュレーションQInputDeviceクラスを使用するには、まず以下のヘッダーファイルをインクルードする必要があります。次に、QInputDeviceクラスのインスタンスを作成します。


QBoxLayout::hasHeightForWidth()を使わずにウィジェットの高さを設定する方法

QBoxLayout::hasHeightForWidth() は、Qt WidgetsのQBoxLayoutクラスのメソッドです。このメソッドは、レイアウトがウィジェットの幅に基づいてウィジェットの高さを計算できるかどうかを判断します。使い方


QRegion::intersects() 関数とは?

QRegion クラスは、2D 平面上の領域を表すクラスです。この領域は、矩形、多角形、またはその他の形状で構成することができます。intersects() 関数は、2 つの QRegion オブジェクトを受け取り、それらが交差しているかどうかを判定します。


Vulkanレンダリングを成功させるためのQt GUI:QVulkanWindow::graphicsQueueFamilyIndex()の役割

概要:機能: Vulkanレンダリング用のグラフィックスキューファミリーのインデックスを取得引数: なし戻り値: グラフィックスキューファミリーのインデックス関連クラス: QVulkanWindow詳細:Vulkanでは、異なる種類の処理を行うための複数のキューファミリーが存在します。QVulkanWindow::graphicsQueueFamilyIndex()関数は、その中でもグラフィックスレンダリングに特化したグラフィックスキューファミリーのインデックスを取得します。


Qt GUIにおけるQStandardItem::isAutoTristate()メソッドの解説とサンプルコード

QStandardItem::isAutoTristate() は、Qt GUIにおける QStandardItem クラスのメソッドで、アイテムが自動的に3状態チェックボックスとして表示されるかどうかを判断します。3状態チェックボックスとは、オン、オフ、部分的にオンの3つの状態を取ることができるチェックボックスです。