SQLite ALTER TABLE RENAME ドキュメント解説

2024-04-02

SQLite ALTER TABLE RENAME ドキュメント解説

この解説では、以下の内容を分かりやすく説明します。

  • ALTER TABLE RENAME コマンドの基本的な構文
  • テーブルとカラムの名前変更の例
  • 外部キー制約との関係
  • 使用上の注意点

ALTER TABLE RENAME コマンドの構文

ALTER TABLE table_name RENAME TO new_name;
  • table_name: 変更したいテーブルの名前
  • new_name: 新しい名前

テーブルとカラムの名前変更の例

テーブルの名前変更

ALTER TABLE users RENAME TO customers;

users テーブルの名前を customers に変更します。

カラムの名前変更

ALTER TABLE orders RENAME COLUMN email TO contact_email;

orders テーブルの email カラムの名前を contact_email に変更します。

外部キー制約との関係

テーブルやカラムの名前を変更すると、外部キー制約が影響を受ける場合があります。

  • 子テーブルのカラム名が変更された場合、親テーブルの外部キー制約で参照されるカラム名も変更する必要があります。
  • 親テーブルの名前が変更された場合、子テーブルの外部キー制約で参照されるテーブル名も変更する必要があります。

使用上の注意点

  • ALTER TABLE RENAME コマンドは、データベース接続中のすべてのユーザーに影響を与えます。変更前に接続中のユーザーに通知するなど、注意が必要です。
  • 同一の名前を持つテーブルやカラムが既に存在する場合、エラーが発生します。
  • トランザクション内で ALTER TABLE RENAME コマンドを実行する場合は、コミットする前にエラーが発生していないことを確認する必要があります。

補足

  • 上記の解説は、SQLite 3.35.0 以降のバージョンを対象としています。
  • より詳細な情報は、SQLite の公式ドキュメントを参照してください。
  • 分からない点があれば、お気軽にご質問ください。


SQLite ALTER TABLE RENAME サンプルコード

-- テーブル 'users' を 'customers' に変更
ALTER TABLE users RENAME TO customers;

-- テーブル 'products' を 'inventory' に変更
ALTER TABLE products RENAME TO inventory;

カラムの名前変更

-- テーブル 'orders' の 'email' カラムを 'contact_email' に変更
ALTER TABLE orders RENAME COLUMN email TO contact_email;

-- テーブル 'users' の 'address' カラムを 'shipping_address' に変更
ALTER TABLE users RENAME COLUMN address TO shipping_address;

外部キー制約の変更

-- テーブル 'orders' の 'customer_id' カラムがテーブル 'customers' の 'id' カラムを参照する外部キー制約を持つ場合

-- テーブル 'customers' を 'clients' に変更
ALTER TABLE customers RENAME TO clients;

-- テーブル 'orders' の外部キー制約を更新
ALTER TABLE orders
  ADD CONSTRAINT fk_customer_id
  FOREIGN KEY (customer_id)
  REFERENCES clients (id);

-- テーブル 'products' の 'category_id' カラムがテーブル 'categories' の 'id' カラムを参照する外部キー制約を持つ場合

-- テーブル 'categories' を 'product_categories' に変更
ALTER TABLE categories RENAME TO product_categories;

-- テーブル 'products' の外部キー制約を更新
ALTER TABLE products
  ADD CONSTRAINT fk_category_id
  FOREIGN KEY (category_id)
  REFERENCES product_categories (id);

その他の例

-- テーブル 'users' の 'age' カラムを 'age_in_years' に変更し、データ型を INTEGER から SMALLINT に変更
ALTER TABLE users
  RENAME COLUMN age TO age_in_years,
  ALTER COLUMN age_in_years SET DATA TYPE SMALLINT;

-- テーブル 'products' に 'description' カラムを追加
ALTER TABLE products ADD COLUMN description TEXT;

-- テーブル 'orders' から 'created_at' カラムを削除
ALTER TABLE orders DROP COLUMN created_at;

補足

  • 上記のサンプルコードは、SQLite 3.35.0 以降のバージョンを対象としています。
  • より詳細


SQLite ALTER TABLE RENAME 以外の方法

CREATE TABLE と INSERT INTO を使用

-- テーブル 'users' を 'customers' に変更

-- 新しいテーブル 'customers' を作成
CREATE TABLE customers (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  name TEXT,
  email TEXT,
  ...
);

-- テーブル 'users' のデータを 'customers' にコピー
INSERT INTO customers (id, name, email)
SELECT id, name, email
FROM users;

-- テーブル 'users' を削除
DROP TABLE users;

-- テーブル 'products' を 'inventory' に変更

-- 新しいテーブル 'inventory' を作成
CREATE TABLE inventory (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  name TEXT,
  price REAL,
  ...
);

-- テーブル 'products' のデータを 'inventory' にコピー
INSERT INTO inventory (id, name, price)
SELECT id, name, price
FROM products;

-- テーブル 'products' を削除
DROP TABLE products;

RENAME コマンドを使用

-- テーブル 'users' を 'customers' に変更

-- ファイル 'users.db' を 'customers.db' に名前変更

-- テーブル 'products' を 'inventory' に変更

-- ファイル 'products.db' を 'inventory.db' に名前変更

SQLite GUI ツールを使用

  • SQLite Studio
  • DB Browser for SQLite

これらのツールは、テーブルやカラムの名前を変更するためのグラフィカルなインターフェースを提供します。

それぞれの方法のメリットとデメリット

方法メリットデメリット
ALTER TABLE RENAMEシンプルで簡単外部キー制約を手動で更新する必要がある
CREATE TABLE と INSERT INTO外部キー制約を自動的に更新できるデータ量が多い場合、時間がかかる
RENAME コマンドファイル操作のみで完了データベース接続が不要
SQLite GUI ツール操作が簡単インストールが必要
  • データ量が少なく、外部キー制約がない場合は、ALTER TABLE RENAME が最も簡単です。
  • データ量が多い場合や、外部キー制約がある場合は、CREATE TABLE と INSERT INTO を使用する方が安全です。
  • ファイル操作に慣れている場合は、RENAME コマンドを使用するのも良いでしょう。
  • 初心者の場合は、SQLite GUI ツールを使用するのがおすすめです。

補足

  • 上記の方法は、SQLite 3.35.0 以降のバージョンを対象としています。
  • より詳細な情報は、SQLite の公式ドキュメントを参照してください。
  • 分からない点があれば、お気軽にご質問ください。



【完全ガイド】SQLiteにおけるUNIQUE制約:設定方法、種類、注意点、サンプルコード

SQLiteのUNIQUE制約は、テーブル内の特定の列の値が一意であることを保証する強力なツールです。これは、データの整合性と信頼性を維持するために不可欠な機能です。UNIQUE制約の仕組みUNIQUE制約は、テーブル作成時に列に設定できます。UNIQUE制約が設定された列に、重複する値を挿入しようとすると、エラーが発生します。



SQLiteでパワーアップする言語処理:非標準SELECT構文による高度なタスクの実行

本解説では、言語に関連する非標準SELECT構文について、分かりやすく説明します。LIKE演算子は、文字列パターンとの一致に基づいてレコードを検索するために使用されます。標準的な構文は以下の通りです。例えば、以下のクエリは、名前列がAで始まり、Bで終わるレコードをすべて返します。


SQLite DETACH と ATTACH の比較:データベース接続を操作する方法

database_name は、接続を解除したいデータベースの名前です。使用していないデータベース接続を解除することで、メモリとシステムリソースを解放できます。複数のデータベースを扱う場合、接続を管理しやすくなります。エラーが発生した場合、DETACH を使用して問題のある接続を解除し、再接続を試みることができます。


SQLite データベースにおけるリテラル値の重要性

Language は、SQLite で使用される SQL の方言を指定するものです。デフォルトは "ANSI" ですが、"SQLite" や "MSSQL" など他の方言も選択できます。Language の設定は、リテラル値の解釈に影響を与える場合があります。例えば、数値リテラルの場合、デフォルトの "ANSI" では小数点表記は "." を使用しますが、"MSSQL" では "," を使用します。


条件式をマスターしよう:SQLite IS NOT演算子と代替方法

この解説では、IS NOT演算子について詳しく説明します。IS NOT演算子は、ある値が特定の値に等しくないことを確認するために使用されます。IS NOT演算子は、以下の構文で使用します。expression: 比較対象となる式operator: 比較演算子(=、<>、<、>、<=、>=など)



条件式をマスターしよう:SQLite IS NOT演算子と代替方法

この解説では、IS NOT演算子について詳しく説明します。IS NOT演算子は、ある値が特定の値に等しくないことを確認するために使用されます。IS NOT演算子は、以下の構文で使用します。expression: 比較対象となる式operator: 比較演算子(=、<>、<、>、<=、>=など)


文字列処理をもっと楽に!SQLite REGEXPによるデータ操作

SQLiteのREGEXPは、文字列が特定のパターンに一致するかどうかを判定するために使用されます。例えば、以下のクエリは、"users"テーブルの"name"列が英数字とアンダースコアのみで構成されているかどうかを調べます。上記の例では、^と$はそれぞれ文字列の開始と終了を表す特殊文字、_は任意の文字1文字を表し、a-zA-Z0-9は英数字を表す文字クラスです。


SQLite Correlated Subqueries のパフォーマンスを向上させる方法

そこで、この解説では、Correlated Subqueriesの仕組みを分かりやすく説明し、具体的な例を用いてその使用方法を紹介します。Correlated Subqueriesとは?Correlated Subqueriesは、主クエリ内の各行の値に基づいてフィルタリングや値の取得を行うサブクエリです。つまり、サブクエリは主クエリの各行に対して動的に実行されます。


ROWIDとLanguageの関係

ROWIDの使用方法ROWIDは、主キーが定義されていない場合に自動的に割り当てられます。主キーが定義されている場合でも、rowid キーワードを使用してアクセスできます。PRIMARY KEY と ROWID は、同じ値を指します。ROWIDは、レコードの物理的な位置を表すため、更新や削除の影響を受けやすいという欠点があります。


SQLite MATCH プログラミングとは?

目次MATCH プログラミングとは?MATCH プログラミングの種類MATCH プログラミングの使用例MATCH プログラミングの制限事項まとめMATCH プログラミングとは?SQLite MATCH プログラミングは、SQL SELECT 文で使用される機能です。WHERE 句に MATCH プログラミングを記述することで、検索条件に合致するレコードを抽出できます。