SQLite DEFAULT句の完全ガイド: データベースのデフォルト値をマスターしよう

2024-04-02

SQLiteの言語におけるDEFAULT句のプログラミング解説

SQLiteのDEFAULT句は、テーブルのカラムにデフォルト値を設定するために使用されます。これは、レコードが挿入される際に、明示的に値が指定されない場合に自動的に割り当てられる値です。

DEFAULT句の構文

CREATE TABLE テーブル名 (
  カラム名 型 DEFAULT デフォルト値,
  ...
);
  • カラム名: デフォルト値を設定したいカラムの名前
  • : カラムのデータ型
  • デフォルト値: デフォルトとして設定したい値

DEFAULT句の使用例

  • 数値型カラムにデフォルト値を設定する
CREATE TABLE users (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  age INTEGER DEFAULT 18,
  name TEXT
);

上記の場合、ageカラムに値が指定されない場合は、デフォルトで18が割り当てられます。

CREATE TABLE products (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  name TEXT DEFAULT 'Unknown',
  price REAL
);

上記の場合、nameカラムに値が指定されない場合は、デフォルトで"Unknown"が割り当てられます。

  • NULLをデフォルト値として設定する
CREATE TABLE addresses (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  street_address TEXT,
  city TEXT DEFAULT NULL,
  postal_code TEXT
);

上記の場合、cityカラムに値が指定されない場合は、デフォルトでNULLが割り当てられます。

DEFAULT句の利点

  • コードの簡潔化: デフォルト値をINSERTステートメントで毎回指定する必要がなくなり、コードが簡潔になります。
  • データの一貫性: デフォルト値を設定することで、データの整合性を保ちやすくなります。
  • 欠損値の防止: デフォルト値を設定することで、NULL値によるデータの欠損を防ぐことができます。

DEFAULT句の注意点

  • デフォルト値は、カラムのデータ型と互換性のある値である必要があります。
  • 主キーカラムにデフォルト値を設定することはできません。
  • UNIQUE制約を持つカラムにデフォルト値を設定することはできません。

まとめ

DEFAULT句は、SQLiteの言語における便利な機能です。デフォルト値を設定することで、コードを簡潔化し、データの一貫性を保ち、欠損値を防ぐことができます。

補足

  • 上記の解説は、SQLiteバージョン3.35.0に基づいています。
  • DEFAULT句は、SQLite以外のデータベースでも使用できます。


SQLiteのDEFAULT句を使ったサンプルコード

CREATE TABLE users (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  age INTEGER DEFAULT 18,
  name TEXT
);

-- デフォルト値が適用される
INSERT INTO users (name) VALUES ('John Doe');

-- 明示的に値を指定することもできる
INSERT INTO users (name, age) VALUES ('Jane Doe', 25);

SELECT * FROM users;

-- 出力:
-- id | age | name
-- -- | -- | --
-- 1 | 18 | John Doe
-- 2 | 25 | Jane Doe

文字列型カラムにデフォルト値を設定する

CREATE TABLE products (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  name TEXT DEFAULT 'Unknown',
  price REAL
);

-- デフォルト値が適用される
INSERT INTO products (price) VALUES (100.0);

-- 明示的に値を指定することもできる
INSERT INTO products (name, price) VALUES ('Apple', 200.0);

SELECT * FROM products;

-- 出力:
-- id | name | price
-- -- | -- | --
-- 1 | Unknown | 100.0
-- 2 | Apple | 200.0

NULLをデフォルト値として設定する

CREATE TABLE addresses (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  street_address TEXT,
  city TEXT DEFAULT NULL,
  postal_code TEXT
);

-- デフォルト値が適用される
INSERT INTO addresses (street_address) VALUES ('123 Main Street');

-- 明示的に値を指定することもできる
INSERT INTO addresses (street_address, city, postal_code) VALUES ('456 Elm Street', 'San Francisco', '94105');

SELECT * FROM addresses;

-- 出力:
-- id | street_address | city | postal_code
-- -- | -- | -- | --
-- 1 | 123 Main Street | NULL | NULL
-- 2 | 456 Elm Street | San Francisco | 94105

CURRENT_TIMESTAMP をデフォルト値として設定する

CREATE TABLE events (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  created_at TIMESTAMP DEFAULT CURRENT_TIMESTAMP
);

-- デフォルト値が適用される
INSERT INTO events (name) VALUES ('New Event');

SELECT * FROM events;

-- 出力:
-- id | created_at | name
-- -- | -- | --
-- 1 | 2024-03-25 20:25:00 | New Event

他のカラムの値を参照するデフォルト値を設定する

CREATE TABLE orders (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  customer_id INTEGER,
  total_price REAL DEFAULT (customer_id * 10)
);

-- デフォルト値が適用される
INSERT INTO orders (customer_id) VALUES (1);

SELECT * FROM orders;

-- 出力:
-- id | customer_id | total_price
-- -- | -- | --
-- 1 | 1 | 10

これらのサンプルコードは、DEFAULT句のさまざまな使用方法を示しています。



DEFAULT句の代替方法

INSERTステートメントで値を明示的に指定する

INSERT INTO users (name, age) VALUES ('John Doe', 18);

CHECK制約を使用してデフォルト値を強制する

CREATE TABLE users (
  id INTEGER PRIMARY KEY,
  age INTEGER CHECK (age >= 18),
  name TEXT
);

-- 18歳未満の年齢を指定しようとするとエラーが発生する
INSERT INTO users (name, age) VALUES ('Jane Doe', 17);

TRIGGERを使用してデフォルト値を設定する

CREATE TRIGGER before_insert_users
BEFORE INSERT ON users
FOR EACH ROW
BEGIN
  IF NEW.age IS NULL THEN
    SET NEW.age = 18;
  END IF;
END;

-- デフォルト値が設定される
INSERT INTO users (name) VALUES ('John Doe');

ビューを使用してデフォルト値を仮想的に設定する

CREATE VIEW users_with_default_age AS
SELECT id, name, COALESCE(age, 18) AS age
FROM users;

-- デフォルト値が表示される
SELECT * FROM users_with_default_age;

これらの方法は、それぞれ異なる利点と欠点があります。

DEFAULT句 は、最もシンプルで直感的な方法ですが、CHECK制約やTRIGGERほど柔軟ではありません。

CHECK制約 は、デフォルト値を強制するのに役立ちますが、複雑なデフォルト値を設定するには不向きです。

TRIGGER は、複雑なデフォルト値を設定したり、その他の処理を実行したりするのに役立ちますが、コードが複雑になる可能性があります。

ビュー は、仮想的なデフォルト値を設定するのに役立ちますが、実際のデータ値を変更するものではありません。

最適な方法は、具体的な要件によって異なります。




【比較徹底】SQLiteのデータ操作方法:トリガー vs ビュー vs ストアドプロシージャ vs UDF

"INSTEAD OF" トリガーは、元の操作を完全に置き換えるために使用されます。つまり、元の操作は実行されず、代わりにトリガー内のコードが実行されます。これは、データ検証、データ変換、監査など、さまざまな目的に役立ちます。説明:trigger_name: トリガーの名前



SQLiteでパワーアップする言語処理:非標準SELECT構文による高度なタスクの実行

本解説では、言語に関連する非標準SELECT構文について、分かりやすく説明します。LIKE演算子は、文字列パターンとの一致に基づいてレコードを検索するために使用されます。標準的な構文は以下の通りです。例えば、以下のクエリは、名前列がAで始まり、Bで終わるレコードをすべて返します。


SQLite VACUUM INTO の代替方法:状況に応じた最適な方法

VACUUM INTO の主な利点は次のとおりです。データベースファイルのサイズを縮小します。 削除されたデータが占めていたスペースを解放します。データベースのパフォーマンスを向上させます。 データが連続して格納されるため、クエリの実行速度が向上します。


データの扱いに悩むあなたへ!SQLiteの「NULLS FIRST」が解決する問題

SQLiteの「NULLS FIRST」は、ORDER BY句で列をソートする際、NULL値をどのように扱うかを指定するオプションです。従来の動作と比較従来のSQLiteでは、NULL値はソート順序の最後に表示されていました。しかし、「NULLS FIRST」を指定すると、NULL値はソート順序の最初に表示されます。


Materialization Hints 以外の SQLite のパフォーマンス向上方法

Materialization Hints は、次の 2 つの方法で提供できます。クエリ内の /*+HINT コメント: クエリ内の任意の場所に、/*+HINT コメントを使用してヒントを指定できます。sqlite3_db_config() 関数: sqlite3_db_config() 関数を使用して、データベース接続全体に適用されるヒントを設定できます。



SQLite ALTER TABLE RENAME ドキュメント解説

この解説では、以下の内容を分かりやすく説明します。ALTER TABLE RENAME コマンドの基本的な構文テーブルとカラムの名前変更の例外部キー制約との関係使用上の注意点ALTER TABLE RENAME コマンドの構文table_name: 変更したいテーブルの名前


SQLite VACUUM INTO の代替方法:状況に応じた最適な方法

VACUUM INTO の主な利点は次のとおりです。データベースファイルのサイズを縮小します。 削除されたデータが占めていたスペースを解放します。データベースのパフォーマンスを向上させます。 データが連続して格納されるため、クエリの実行速度が向上します。


Materialization Hints 以外の SQLite のパフォーマンス向上方法

Materialization Hints は、次の 2 つの方法で提供できます。クエリ内の /*+HINT コメント: クエリ内の任意の場所に、/*+HINT コメントを使用してヒントを指定できます。sqlite3_db_config() 関数: sqlite3_db_config() 関数を使用して、データベース接続全体に適用されるヒントを設定できます。


条件式をマスターしよう:SQLite IS NOT演算子と代替方法

この解説では、IS NOT演算子について詳しく説明します。IS NOT演算子は、ある値が特定の値に等しくないことを確認するために使用されます。IS NOT演算子は、以下の構文で使用します。expression: 比較対象となる式operator: 比較演算子(=、<>、<、>、<=、>=など)


文字列処理をもっと楽に!SQLite REGEXPによるデータ操作

SQLiteのREGEXPは、文字列が特定のパターンに一致するかどうかを判定するために使用されます。例えば、以下のクエリは、"users"テーブルの"name"列が英数字とアンダースコアのみで構成されているかどうかを調べます。上記の例では、^と$はそれぞれ文字列の開始と終了を表す特殊文字、_は任意の文字1文字を表し、a-zA-Z0-9は英数字を表す文字クラスです。